ピエール・エ・マリー・キュリー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール・エ・マリー・キュリー
PMCurie2.jpg
駅プラットホーム
Pierre et Marie Curie
所在地 フランスの旗 フランス イル・ド・フランス地域圏 イヴリー=シュル=セーヌ ( 地図 )
所属事業者 パリ交通公団 (RATP)
所属路線 メトロ7号線
駅構造 地下駅
ホーム 相対式2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,404,039人(2013年)人/日(降車客含まず)
開業年月日 1946年5月1日
テンプレートを表示

ピエール・エ・マリー・キュリー駅(ピエール・エ・マリー・キュリーえき、: Pierre et Marie Curie)は、フランスパリの南縁にあたるイヴリー=シュル=セーヌ)にある、メトロ地下鉄7号線(メリー・ディヴリー方面支線)の駅。駅名はノーベル物理学賞を受賞したキュリー夫妻にちなむ。

概要[編集]

駅入口
right壁面に埋め込まれた駅名標

1946年5月1日、メトロ7号線がそれまでの終端駅ポルト・ディヴリー駅からメリー・ディヴリー駅まで延伸した際、その区間上に開設された。相対式ホーム2面2線の構造を持つ。

駅名はノーベル物理学賞を受賞したピエール・キュリーマリ・キュリー(キュリー夫人)の夫妻にちなむ。当初はピエール・キュリー駅として開業したが、2007年1月31日(書類上は2007年3月8日)に現行の駅名に改称された[1]。書類上の改称日であり3月8日はちょうど国際女性デーに該当する。パリメトロには他にも女性の名前にちなむ駅名があり、バルベス=ロシュシュアール駅ルイーズ・ミシェル駅が該当する。

利用状況[編集]

2011年の年間乗車人員は141万6,989人[2]、2012年は144万4,456人[3]。2013年の年間乗車人員は140万4,039人で、これはパリメトロで283番目の多さである[4]

利用可能な鉄道路線[編集]

歴史[編集]

  • 1946年5月1日 - 7号線ポルト・ディヴリー〜メリー・ディヴリー間の延伸に伴い開業。
  • 2007年1月31日 - 現行のピエール・エ・マリー・キュリー駅に改称(書類上は国際女性デーにあたる3月8日)。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

パリ交通公団 (RATP) の路線バス125系統が運行されている。

隣の駅[編集]

Metro-M.svg パリメトロ
7 7号線(メリー・ディヴリー方面支線)
ポルト・ディヴリー駅Porte d'Ivry) - ピエール・エ・マリー・キュリー駅 - メリー・ディヴリー駅Mairie d'Ivry

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Jean 1983, p. 491.
  2. ^ Trafic annuel entrant par station (2011) (年間乗車人員 2011年)”. 2013年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月5日閲覧。 (フランス語)
  3. ^ Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls) Trafic des entrants par station pour l'ensemble de l'année 2012(2012年各駅乗車人員)”. 2014年7月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月11日閲覧。 (フランス語)
  4. ^ Trafic annuel entrant par station (2013) (年間乗車人員 2013年)”. 2014年10月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月31日閲覧。 (フランス語)

参考文献[編集]

  • Jean, Robert (1983). Notre Métro. Paris