ピアソーラーと偉大なる建築家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pier Solar and the Great Architects
ジャンル ロープレ
対応機種 メガドライブ, ドリームキャスト, Ouya, PlayStation 3, PlayStation 4, PlayStation Vita, Xbox One, Wii U, Microsoft Windows, OS X, GNU/Linux, Android
開発元 WaterMelon
発売元 WaterMelon
デザイナー Tulio Adriano[1]
Gwénaël Godde
音楽 Zable Fahr
Tulio Adriano
Tiido Priimägi
人数 一人用
発売日 MD
  • INT 2010年12月20日
PS3, PS4, Windows, OS X , Linux, Ouya
  • アメリカ合衆国 2014年9月30日
  • ヨーロッパ 2014年11月12日
Wii U
  • アメリカ合衆国 2014年11月6日
  • ヨーロッパ 2014年11月27日
Xbox One
  • INT 2014年11月21日
Dreamcast
  • INT 2015年8月25日
テンプレートを表示

ピアソーラーと偉大なる建築家』(Pier Solar and the Great Architects)は、2010年にWaterMelonが発売したメガドライブロールプレイングゲーム

概要[編集]

2004年に同人ゲームとして開発がスタートし、開発に6年がかりの超大作となった。メガドライブ史上最大となる64メガの大容量を誇り、メガドライブ末期の「メガロープレプロジェクト」で発売されたロープレ史上最大である『ストーリー・オブ・トア』の24メガ、メガドラ史上最大の超大容量を誇った『スパII』の40メガはおろか、競合機スーパーファミコン最大である『テイルズオブファンタジア』の48メガをも上回る。もともとメガCD用に制作されており、オプションでメガCDのサウンド機能を利用できる。

海外のゲームには珍しく、「メガロープレ」当時の王道JRPG風のゲームデザインである。エンカウント率が高いなど、現代の目で見ると難易度が高い。

2011年と2015年に再リリースされている。2015年に発売された再リリース版には日本語が収録されている。

他機種版[編集]

SEGAの最新ハードであるドリームキャストをはじめとする他機種への移植、日本語版製作などの資金を募るKickstarterプロジェクトが成功し、2014年以降に各機種に移植された。グラフィックは16-bit版とHD版が収録されている。

2015年の再リリース版で、バグなどの修正の他、難易度の調整機能、つよくてニューゲーム機能が実装されるなど、大幅にバージョンアップされた。

外部リンク[編集]


参照[編集]

  1. ^ Agnello, Anthony John (2013年11月19日). “Back from the dead: 9 modern games for obsolete consoles”. The A.V. Club. 2013年12月4日閲覧。