ヒュー・トレンチャード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒュー・トレンチャード
Sir Hugh Trenchard (cropped).jpg
渾名  the camel
生誕 1873年2月3日
トーントン
死没 1956年2月10日(満83歳没)
ロンドン
軍歴 イギリス陸軍(1893-1918)
イギリス空軍(1918-1930)
最終階級 空軍元帥
テンプレートを表示

ヒュー・トレンチャード(Hugh Montague Trenchard、1873年2月3日 - 1956年2月10日)はイギリスの軍人。最終階級は空軍元帥。イギリス空軍の父。

生涯[編集]

陸軍[編集]

1873年2月3日イギリスのトーントンで軍人の父ヘンリー・モンタギュー・トレンチャードと母ジョージナ・ルイザ・キャサリン・タワーの次男として生まれる。ウールウィッチ王立陸軍士官学校の試験に二度不合格となり、民兵で審査を受けることになるが、1891年、1982年ともに不合格となった。その間に見習い士官としてフォーファーとキンカーディンで砲兵の訓練を受けた。1893年3月トレンチャードはそれに合格することができた。同年ロイヤル・スコットランド連隊第二大隊の中尉としてインドに配属となる[1]。インドでは飲むことも話すこともしない動物のようだったため"the camel(ラクダ)"の愛称で呼ばれた[2]

1899年10月第二次ボーア戦争の勃発により、トレンチャードはケープの遠征隊への参加を数度希望したが、上司の大佐によって拒否された。しかし、1900年軍事長官エドモンド・エルスがインド総督ジョージ・カーゾンにトレンチャードの海外派遣を許可するように要求し、数週間後にトレンチャードは南アフリカ行きの命令を受けた[3]。南アフリカでロイヤルスコットランド連隊に復帰し、1900年7月第二大隊下の騎兵中隊の訓練を命じられた[4]。トレンチャードの中隊は9月ごろから戦闘に参加する。10月9日ボーア人追撃の際にトレンチャードはボーア人の銃弾を受けて負傷する[5]。クルーガーズドープの病院に運ばれたが、左肺に穴が空いた悲惨な状態だったが、手術から3日後に目を覚ました。その後、より設備の整ったヨハネスブルクに移動したが、足が麻痺していた。療養のためマライスバーグに移動したが、トレンチャードは下半身麻痺に苦しんだ。肺を通過した弾丸が背骨を損傷したためと医者は診断した[6]。 1900年12月トレンチャードは、サウサンプトンから病院船でイングランドに帰国した。1901年5月軍船に乗りイギリスを発つ。

1901年7月末プレトリアに到着。再び南アフリカへ戻った。サドルで長期間、巡回任務を行う第12マウント歩兵部隊の中隊に割り当てられた。トレンチャードはまだ傷が痛み、出血することもあった[7]。1902年8月少佐に昇進[8]。ボーア戦争後、トレンチャードは西アフリカフロンティアフォース(WAFF)に志願し、全連隊の遠征を率いることができる南部ナイジェリア連隊副司令官に任命された。1903年12月ナイジェリアに到着[9]。 1910年初トレンチャードは重病になり、数か月後に肝膿瘍で帰国した[10]

空軍[編集]

1912年トレンチャードは飛行訓練を受けた。1914年第一次世界大戦の開始で警戒飛行部隊(the emergent Royal Flying Corps)の指揮官に任命される。その頃はまだ陸軍の兵科の一つだった。1918年新設されたイギリス空軍の参謀長に任命される。同年ナイト爵に叙される。翌年男爵になる。トレンチャードは空軍士官候補生、将校のために訓練大学を設立する[11]

イギリス空軍参謀長の際、敵の銃後を破壊するための強力な爆撃機集団の必要性と敵住民の戦意と戦争継続の意思を低下させるための爆撃の必要性を主張した[12]。トレンチャードはアフリカ植民地の防衛をイギリス空軍が責任を持つことを提案し、東アフリカからインド、ビルマまでの植民地への懲罰作戦として一部実行した[13]

1927年イギリス空軍初代元帥となる。トレンチャードはまたRAF慈善基金の創設者となる。数年間ロンドン警視庁の長官を務める。ヘンドンで警察訓練大学を設立する。1936年子爵になる。1956年2月10日死去。ウェストミンスター寺院のレディチャペル東端のRAF礼拝堂に埋葬されている[14]

脚注[編集]

  1. ^ Boyle, Andrew (1962). Trenchard Man of Vision. St James's Place, London: Collins pp. 26–30
  2. ^ Lyall, Gavin. "Marshal of the Royal Air Force the Viscount Trenchard". In Field Marshal the Lord Carver. The War Lords: Military Commanders of the Twentieth Century. Leo Cooper Ltd. pp. 177、Orange, Vincent (May 2006). "Trenchard, Hugh Montague". Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. Retrieved 2007-12-19.
  3. ^ Boyle, Andrew (1962). Trenchard Man of Vision. St James's Place, London: Collins pp. 46–48
  4. ^ Buchan, John. The History of the Royal Scots Fusiliers. The Naval & Military Press  pp. 274
  5. ^ Boyle, Andrew (1962). Trenchard Man of Vision. St James's Place, London: Collins pp.15-16、53-58
  6. ^ Boyle, Andrew (1962). Trenchard Man of Vision. St James's Place, London: Collins pp. 17、58
  7. ^ Boyle, Andrew (1962). Trenchard Man of Vision. St James's Place, London: Collins pp. 64-66
  8. ^ Probert, Henry (1991). "Marshal of the Royal Air Force the Viscount Trenchard". High Commanders of the Royal Air Force. London: HMSO. pp. 100
  9. ^ Boyle, Andrew (1962). Trenchard Man of Vision. St James's Place, London: Collins pp. 71-76
  10. ^ Boyle, Andrew (1962). Trenchard Man of Vision. St James's Place, London: Collins pp. 91
  11. ^ ウェストミンスター寺院ホームページ(Hugh Trenchard”. Westminster Abbey website. The Dean and Chapter of Westminster (2013年). 2013年6月23日閲覧。
  12. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書12頁
  13. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書14頁
  14. ^ ウェストミンスター寺院ホームページ(Hugh Trenchard”. Westminster Abbey website. The Dean and Chapter of Westminster (2013年). 2013年6月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • ウェストミンスター寺院ホームページ(Hugh Trenchard”. Westminster Abbey website. The Dean and Chapter of Westminster (2013年). 2013年6月23日閲覧。