パンドラの塔 君のもとへ帰るまで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
Pandora’s Tower
ジャンル アクションロールプレイングゲーム
対応機種 Wii
開発元 任天堂ガンバリオン[1]
発売元 任天堂
アメリカ合衆国の旗XSEED Games
人数 1人
メディア Wii専用光ディスク
発売日 日本の旗2011年5月26日
オーストラリアの旗2012年4月12日
欧州連合の旗2012年4月13日[2]
アメリカ合衆国の旗2013年4月16日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
PEGI:12
ESRBT(13歳以上)
コンテンツ
アイコン
暴力
デバイス Wiiリモコン&ヌンチャク、
クラシックコントローラー(PRO)対応
テンプレートを表示

パンドラの塔 君のもとへ帰るまで』(パンドラのとう きみのもとへかえるまで 英語版:Pandora’s Tower[2])は、任天堂から2011年に発売されたWiiアクションロールプレイングゲームである。

概要[編集]

獣の呪いにかかったセレスを救うため、エンデが「十三訃塔(じゅうさんふとう)」の奥にいる「主(あるじ)」の肉を持ち帰るのが目的となる。

任天堂が発売、ガンバリオンが開発のゲーム作品で、同社の組み合わせのゲームは『ジャンプスーパースターズ』シリーズに続き3作目となる。ガンバリオンとしては初のメディアミックスではないオリジナルの新規作品である。任天堂のパッケージタイトルとしては、CEROのレーティングで対象年齢が「C(15歳以上対象)」とされた3作目のタイトルである(1・2作目は『零〜月蝕の仮面〜』と『DISASTER DAY OF CRISIS』)。

初公開は2011年1月28日に行われた任天堂の第3四半期決算説明会で、同日にティザーサイトが開設[3]、同年4月6日に発売日が発表されるとともに正式にウェブサイトが開設された[4]。なお、初公開から発売に決定に際し、タイトルロゴの背景色が白から黒へ変化している。

北米市場においては、マーベラスAQLの子会社・XSEED Gamesを通じて発売された。

物語[編集]

統合暦511年。エリュシオン王国と『アテナイ』を含む同盟国の戦いが一応の終結をみてから二年後のこと。エリシュオン王国の王都・ラダマンチェスでの『収穫祭』で歌をささげていた巫女・セレスの背中に突然『獣の呪い』の痣が現れ、直後に会場一帯が巨大な何かに襲われる事件がおきた。観客としてその場にいたエンデはセレスを助け、グライアイに導かれて軍の追跡を振り切り、グライアイに誘われるままに軍の隔離施設『十三訃塔』にたどり着いた。

グライアイが言うには塔の主(あるじ)の肉を食べると呪いは解けるという。エンデはセレスを救うべくグライアイから渡された『オレイカルコスの鎖』を手に『十三訃塔』へ赴く。

システム[編集]

エンデが用いるオレイカルコスの鎖は塔内の仕掛けに引っかけて移動手段に用いる、獣に巻いて拘束、引きちぎってダメージを与える、肉などのアイテムを獲得する、といった様々な用途がある。これとは別に大剣・小双剣・鎌などの第2武器で獣を攻撃する。

画面左下の丸いゲージはセレスの呪いの状態を現しており、このゲージが無くなるまでに下僕の肉を持ち帰る必要がある。下僕の肉はこのタイマーを一定量まで回復する効果があり、鮮度がいいほど回復量が上がる。ゲージは残量に応じてセレスの獣化が進行し、獣化の度合いにより見た目、セリフが大きく変化する。 タイマーに注意しながら探索を進め、主を倒して肉を持ち帰り、セレスを救うのがこのゲームの主な目的である。

丸いゲージの上にはセレスとの親密度を現わすゲージがあり、会話やプレゼントをするなどのコミュニケーションをとって絆を深めることができるなど、恋愛ゲームの要素を兼ね備えている。なお、絆の深さはエンディングの分岐に関係する。

拠点となる監視塔では、セーブ、倉庫へのアイテム保管、セレスとの会話、ベッドで休む(体力回復・時間経過)、グライアイと物品売買や合成、武器の強化を行なえる。また、監視塔内ではセレスの獣化は進行しない。

登場人物[編集]

エンデ(英語版:Aeron)
千葉進歩(英語版:Ryan Philpott
主人公。軍事大国アテナイ出身の青年。アテナイ国民の特徴である金色の髪を有し、瞳は紅い。口数が少ない。
エリュシオンとの独立戦争に兵士として参加していたが、戦火の中で負傷し、エリュシオンの片田舎を彷徨い力尽きたところをセレスに救われ、以来セレスの家に匿われていた。
セレス(英語版:Elena)
声:能登麻美子(英語版:Charlotte Sanderson
ヒロイン。アテナイと対立する国家・エリュシオン王国の出身。国で信仰される「エオス教」の収穫祭で歌を捧げる巫女に選ばれるが、醜い獣の姿に変わる呪いにかかってしまう。
獣の肉を食べることで獣の呪いの進行を戻すことができるが、下僕の肉の効果は一時的なもので、完全に呪いを解くには主の肉が必要であるという[注 1]
家族構成は両親と自身の他に弟二人。幼少時から歌う事が好きで、職人並みの腕前を持つ母の影響で裁縫も得意。料理はそれほど上手ではないが、劇中エンデとの親密度次第で変化していく。
グライアイ(英語版:Mavda)
声:谷育子(英語版:Ann Beach
セレスとエンデを十三訃塔に導く謎の老婆。ドヴェルグ族の行商人。異形の者が入った巨大な壷を背負っているが、これはグライアイの夫である。グライアイは夫の事を「爺さん」と呼んでいる。セレスとエンデを十三訃塔へ誘ったのには自らの思惑があるようだが・・・

用語[編集]

十三訃塔
王都から離れた、王ですら立ち入りを制限される軍の隔離区域である荒野『オケアノス』にある大渓谷『オケアノスの爪痕』に巨大な鎖で吊るされた建造物。大小12の塔が中央の塔を取り囲むように複雑に入り組んだ構造になっており、それぞれの塔の内部は同じ建造物とは思えないほど個性に満ちた様相を呈している。爪痕の底は異世界につながっているらしい。元は神殿だった建物を50年ほど前にエリュシオン軍が軍事施設として改装し『下僕』や『主』と呼ばれる生物兵器の実験を行っていた。それ以外にもここでは『0号』と呼ばれる戦争を平和に導く為の統合神たる主の実験が行われていた。その0号の御使いとして懇願したのが一組の貧夫婦(このうち、夫はエンデの先祖)だったが、結果として0号は誕生するも実験は失敗し、不完全な0号は暴走して大災害を残し、十三訃塔に爪痕を残す事となった。
獣の呪い
物語の舞台であるグラエキア大陸でまことしやかに噂されている呪い。背中に紋章のような痣が突然現れ、時が経つにつれて獣になっていき、最終的には人に戻れなくなってしまう。獣の肉を食べることにより一時的に人の姿に戻れるが、完全に治すには十三訃塔の全ての主の肉を食べる必要があるらしい。過去にも呪いにかかった者がいたが、呪いが解けた者は誰一人としておらず、軍に殺された者もいたという。
実は、呪いの正体は50年前実験が失敗し肉体を失った0号そのもので、様々な人間に取り付く事によって取り付いた人間に十三訃塔にいる主の肉を食べさせる事によってその人間の肉体を触媒にして体を取り戻し、さらに自分と自分の亡き夫の因子を継いだ人間と一つになる事で完全なる存在になろうとしていた。
エオス教
エリュシオン王国で奉じられている多神教。その教義は『自然を大事にすること』『命を尊ぶ事』であり、肉食を禁じている。自然界の6つの理を、それを生み出す陽と陰、つまり男女に分けて神格化している。十三訃塔の構造もこの教義に基づいている。
エリュシオン王国
セレスの故郷の国。エンデの故郷である『アテナイ』を含む『同盟国』と50年近く戦争をしている。軍が強い力を持っている。
ドヴェルグ族
かつて存在した『ドヴェルグ国』の末裔。国が滅んだ後はグラエキア大陸を放浪しながら行商を行って生活している。戦乱が絶えないグラエキア大陸で唯一自由に国交が出来る存在。一族に伝わる『オレイカルコスの鎖』を媒体とし、命や絆に干渉する術を使う。かつては十三訃塔の500年前や50年前の実験に関わっていた。
オレイカルコスの鎖
ドヴェルグ族に伝わる不思議な鎖。鎖の両端は陽と陰、つまり男女を表し、鎖は人の絆を意味すると言う。グライアイの持つそれはゲーム開始当初は力を殆ど失っており、塔の主を倒すごとに力を取り戻していく。

エンディング[編集]

本作はゲーム中に上げたセレスとの親密度に応じてエンディングがS,A〜Dの5段階に変化する、マルチエンディング方式をとっている。
また、エンディングに応じてラスボスの強さが大きく変化する。上位のエンディングほど手数が多く強い。

注釈[編集]

  1. ^ なおセレスはエオス教徒であるため後述の戒律により生まれてから肉食をしたことがない。そのため(ただでさえグロテスクな見た目を持つ)獣の肉を口にすることは彼女にとってそれだけで大きな精神的苦痛となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゲーム関連情報 パンドラの塔 君のもとへ帰るまで”. ガンバリオン (2011年4月6日). 2011年5月14日閲覧。
  2. ^ a b Nintendo announces packed 2011 line-up of upcoming games”. 任天堂 オブ ヨーロッパ (2011年8月17日). 2011年8月22日閲覧。
  3. ^ 2011年1月28日(金)第3四半期決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡 講演内容全文(6ページ)”. 任天堂 (2011年1月28日). 2011年5月16日閲覧。
  4. ^ 任天堂、『パンドラの塔』を5月26日に発売! トレーラーも配信”. 電撃オンライン (2011年4月6日). 2011年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]