パット・カラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パット・カラン
基本情報
本名 パット・カラン
(Pat Curran)
通称 パディー・マイク (Paddy Mike)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1987年8月31日(26歳)
出身地 イリノイ州アイランドレイク
所属 チーム・カラン
身長 175cm
体重 66kg
リーチ 185cm
階級 ライト級
フェザー級
スタイル ボクシングレスリングブラジリアン柔術
テンプレートを表示

パット・カランPat Curran、男性、1987年8月31日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家イリノイ州アイランドレイク出身。チーム・カラン所属。現Bellator MMAフェザー級王者。パット・カーランとも。

切れ味鋭い打撃と、叔父のジェフ・カラン仕込みのグラウンド技術を併せ持つオールラウンダー[1]

総合格闘家のジェフ・カランは従兄弟[2][3]

来歴[編集]

高校時代はレスリング部に所属。卒業後ジェフ・カランの勧めで総合格闘技を始めた。

2008年2月23日、プロ総合格闘技デビュー戦となったXtreme Fighting Organization 22でトニー・ハービーと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。

その後もXtreme Fighting Organizationを中心にキャリアを重ねた。

Bellator MMA[編集]

2010年4月15日、Bellator FCシーズン2のライト級トーナメント1回戦でマイク・リッチと対戦し、右フックでKO勝ち[4]。5月6日、準決勝でロジャー・ウエルタと対戦し、3-0の判定勝ち[5]。6月10日、決勝でトビー・イマダと対戦し、2-1の判定勝ちで優勝を果たすとともに当時のライト級王者エディ・アルバレスへの挑戦権を獲得した[6]

2011年4月2日、Bellator 39で王者エディ・アルバレスと対戦し、判定負け。王座奪還に失敗した。

2011年6月25日、フェザー級転向初戦となったBellator 46のフェザー級トーナメント初戦でルイス・パロミーノと対戦しペルー人のパロミーノにペルヴィアン・ネクタイを極めて一本勝ち[7]。その後も準決勝、決勝と勝ち上がりトーナメント優勝を果たした。

2012年3月9日、Bellator 60でフェザー級王者ジョー・ウォーレンとタイトルを賭けて対戦し、3Rに右アッパーの連打でKO勝ち。第3代Bellator FCフェザー級王者となった。

2013年1月17日、Bellator 85のフェザー級タイトルマッチでパトリシオ・フレイレと対戦し、2-1の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2013年4月4日、Bellator 95のフェザー級タイトルマッチでシャウブラット・シャムカラエフと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2013年11月2日、Bellator 106のフェザー級タイトルマッチでダニエル・ストラウスと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座陥落となった。

2014年3月14日、Bellator 112のフェザー級タイトルマッチでダニエル・ストラウスと再戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。第5代Bellator MMAフェザー級王者となった[8]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 6 6 8 0 0 0
5 0 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ダニエル・ストラウス 5R 4:46 リアネイキドチョーク Bellator 112
【Bellator MMAフェザー級タイトルマッチ】
2014年3月14日
× ダニエル・ストラウス 5分5R終了 判定0-3 Bellator 106
【Bellator MMAフェザー級タイトルマッチ】
2013年11月2日
シャウブラット・シャムカラエフ 1R 2:38 ギロチンチョーク Bellator 95
【Bellator MMAフェザー級タイトルマッチ】
2013年4月4日
パトリシオ・フレイレ 5分5R終了 判定2-1 Bellator 85
【Bellator MMAフェザー級タイトルマッチ】
2013年1月17日
ジョー・ウォーレン 3R 1:25 KO(スタンドパンチ連打) Bellator 60
【BFCフェザー級タイトルマッチ】
2012年3月9日
マルロン・サンドロ 2R 4:00 KO(右ハイキック) Bellator 48
【フェザー級トーナメント 決勝】
2011年8月20日
ロニー・マン 5分3R終了 判定3-0 Bellator 47
【フェザー級トーナメント 準決勝】
2011年7月23日
ルイス・パロミーノ 1R 3:49 ペルヴィアン・ネクタイ Bellator 46
【フェザー級トーナメント 1回戦】
2011年6月25日
× エディ・アルバレス 5分5R終了 判定 0-3 Bellator 39
【BFCライト級タイトルマッチ】
2011年4月2日
トビー・イマダ 5分3R終了 判定2-1 Bellator 21
【ライト級トーナメント 決勝】
2010年6月10日
ロジャー・ウエルタ 5分3R終了 判定3-0 Bellator 17
【ライト級トーナメント 準決勝】
2010年5月6日
マイク・リッチ 1R 3:01 KO(右フック) Bellator 14
【ライト級トーナメント 1回戦】
2010年4月15日
ロビー・オリヴィエ 5分3R終了 判定3-0 Trojan MMA: Trojan Warfare 2010年2月27日
× トラヴィス・ペルチンスキー 2R 4:38 チョークスリーパー Xtreme Fighting Organization 34 2009年12月5日
ジェイ・エリス 1R 0:58 フロントチョーク Xtreme Fighting Organization 32 2009年10月10日
ルーク・グワルトニー 1R 1:32 TKO(パンチ連打) Xtreme Fighting Organization 31 2009年8月15日
× チャールズ・テイラー 5分3R終了 判定1-2 Elite Fighting Challenge 4 2009年6月27日
マイク・ピケット 1R 1:56 チョークスリーパー Xtreme Fighting Organization 30 2009年5月2日
ダニエル・ストラウス 2R 1:31 KO(右ストレート→パウンド) Xtreme Fighting Organization 29 2009年4月17日
ラミロ・ヘルナンデス 5分3R終了 判定3-0 Adrenaline MMA 2 2008年12月11日
× ダレン・エルキンス 5分3R終了 判定0-3 C3: Domination 2008年11月22日
ジェイ・エリス 1R 0:51 チョークスリーパー Extreme Challenge 110 2008年11月7日
Amir Khillah 5分3R終了 判定2-1 Xtreme Fighting Organization 25 2008年8月9日
ラザール・ストジャディノヴィッチ 5分3R終了 判定3-0 Xtreme Fighting Organization 23 2008年4月25日
トニー・ハービー 1R 1:24 チョークスリーパー Xtreme Fighting Organization 22 2008年2月23日

獲得タイトル[編集]

  • Bellator FCシーズン2 ライト級トーナメント 優勝(2010年)
  • Bellator FCサマーシリーズ フェザー級トーナメント 優勝(2011年)
  • 第3代Bellator MMAフェザー級王座(2012年)
  • 第5代Bellator MMAフェザー級王座(2014年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ジョー・ウォーレン
第3代Bellator MMAフェザー級王者

2012年3月9日 - 2013年11月2日

次王者
ダニエル・ストラウス
前王者
ダニエル・ストラウス
第5代Bellator MMAフェザー級王者

2014年3月14日 - 現在

次王者
N/A