バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンジョーとカズーイの大冒険 : ガレージ大作戦
ジャンル アクションゲーム
対応機種 Xbox 360
開発元 レア
発売元 マイクロソフト
人数

1人

オンライン対戦時:2-8人
メディア DVD-ROM
発売日 2008年12月11日
対象年齢 日本の旗CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国の旗ESRB:E10+(Everyone 10+)
欧州連合の旗PEGI:7+
コンテンツ
アイコン
Mild Blood,Cartoon Violence,Comic Mischief
テンプレートを表示

バンジョーとカズーイの大冒険 : ガレージ大作戦』(バンジョーとカズーイのだいぼうけん : ガレージだいさくせん)は、レアが開発、マイクロソフトから発売されるXbox 360コンピュータゲームである。また、初回限定版には初代バンジョーとカズーイの大冒険のダウンロードコードとオリジナルポスターが同梱される。

概要[編集]

本作では、バンジョーたちを操作して冒険する点こそ変わらないが、そのメインとなるのが「プレイヤーの作るマシン」になっている。冒険中に手に入れたさまざまなパーツをブロック単位で組み合わせて、乗り物を自分で作り冒険していくという特徴がある(発想としてはパネキットに近い)。使用するマシンは、プレイ中にある程度パーツを分解・再構築も可能で、それも含めてクリア方法は自由度が高い。 その代わりに過去作にあったアクションは「時代おくれな感がぬぐえない」という理由でほとんど使用できず、バンジョーの足でマップを歩き回るのは困難である。

窓口的なマップである「ドタンバたうん」を中心に、様々なフィールド(ゲームワールド)へ移動し、競技や依頼をこなしてジグソーを集め、最終的にクルクルやまへ戻ることが最終目標となる。

なお、日本では8年ぶりのシリーズ新作である。日本国外では『バンジョーパイロット』から3年ぶりの新作となる。

ストーリー[編集]

バンジョーとカズーイの大冒険2』の冒険が終わり、クマのバンジョーとトリのカズーイは地元「クルクルやま」で平和な時を過ごしていた。宿敵の魔女グランチルダがバンジョーたちに倒され、元々骨だけしか残っていなかった体がバラバラになっていたためである。しかし、8年の月日が過ぎたある日、瓦礫の底からようやく復活を果たし、バンジョーとカズーイに再び戦いを挑んできた。

ところが、グランチルダは頭蓋骨しか残っておらず、バンジョーやカズーイも長い平和の中ですっかり太ってしまい、両者ともまともに戦いなどできる状態ではなかったのである。にらみ合う両者だが、そこに1人の珍妙な乱入者が現れた。その者は“ロード オブ ゲーム”と名乗り、この世のゲームすべてを作ったと自称しており、不毛な戦いを続けてきた両者に対して決着をつけさせようとする。

両者は“ロード オブ ゲーム”の力で戦える状態に戻ったものの、異世界「ドタンバたうん」に連れて行かれ、今回の戦いに敗れれば地元の「クルクルやま」には帰れなくなるのだという。果たしてバンジョーとカズーイは元の世界に戻れるのだろうか・・・?

主な登場キャラクター[編集]

  • バンジョー
本作の主人公であるクマ。かつてヒーローと呼ばれたこともあったクマだが、長年のブランクが祟った為か、見る影も無いほどに太ってしまった。体型こそ元に戻してもらったが、今回は移動などの最低限のアクションしかできない。好きな言葉は「足どり軽やかに、トリを背負って進め」。
  • カズーイ
バンジョーの相棒であるトリ。かつて多彩なアクションでバンジョーを支援してきたが、それら全てを没収され飛ぶことすら不可能になる。今回は、魔法のレンチを使用して物を動かしたり、乗り物を分解・接合することができる。
  • グランチルダ
大混乱を巻き起こそうと再び戻ってきた魔女。過去の戦いで頭がい骨の身になっていたが、ログによって頭部が培養カプセルのようになった体を用意され、頭がい骨を頭部に放り込んでサイボーグのような状態で復活を果たす。ワールドの先々でバンジョーたちの邪魔を行い、勝てばマシンに使われている特別なパーツを貰える。
  • ロード オブ ゲーム(通称ログ)
全てのゲームの創造者だと語るキャラ。カズーイ曰く「テレビ頭」で、ドットで顔が書かれたディスプレイを頭部に、首から下はガウンをぶら下げたような風貌(具体的にはポン (ゲーム)をイメージした顔に近い)。2匹のマウスが頭に乗っかっている。バンジョーとグランチルダのケンカを止めるために、ゲームで2人を競わせることにした張本人。「ポーズ」と称して時間を止めたり、二人の勝負のために必要な用意をしたりとゲームマスター的な役割を担う。ゲームの創造者と自称する通り、コンピュータゲームに関するメタ的な発言をするところもある。人気のゲームジャンルを「シューティング・FPS」としていることは、視野が世界全土に向いていることの表れ。
  • マンボ・ジャンボ
かつての偉大なまじない師。今回はガレージの経営者としてバンジョーが乗り物を組み立てるのを喜んで手伝ってくれる。ウンバとの関係は相変わらず険悪だが、とあるワールドでは夫婦を演じている。
  • キャプテンブラバー
かつて船の船長をしていたカバ。船が座礁して以来引退したようだが、現在も昔を懐かしんでキャプテンの帽子をかぶっている。
  • ジンジョー
バンジョーと協力関係にある精霊のような生き物。ゲームワールドではいつもゲームをしたがる。ドタンバたうんでは、無実にも関わらずパイクレットに捕まって牢屋に入れられている。彼らを助けた後檻の中にミンジョーを入れておくことになる。
  • キング・ジンガリン
ジンジョーたちの王様。ドタンバたうんでビンゴゲームをしている。ゲームワールドでジンジョーたちから貰えるコインを使って行・列を完成させると景品がもらえる。
  • ミスターフィット
陸上スポーツにかけては記録を持つほどの腕前を持つ。今回はいつもあちこち走り回っているので見つけるのが大変。役に立つ情報を教えてくれるが、立ち止まっている時に会話をするしかない。
  • ボトルズ
過去のシリーズでバンジョーたちをリードしてきたモグラ。過去の作品で死亡したこともあるが甦っており、本作ではドタンバたうんで観光案内所を仕切っている。情報の質はピンからキリまで。
  • ボギー
過去にバンジョーとレースの対決などをした、気のいい白クマ。魚を捕らずにテレビばかり見ていた結果妻に家を追い出され、ドタンバたうんでジムを経営して生計を立てている。
  • ジョリードジャー
かつてはジョリーロジャーと呼ばれ、市長&パブのマスターという二足のわらじを履いていた人物。今回はチョイ悪へのイメージ変更という理由で改名し、闇市場で仕入れたジグソーピースを売っている。
  • クランゴ
かつてのグランチルダの部下。8年前、バンジョーの冒険のさなかに「行動の自由は勇気の証」だと気がつき、グランチルダの下を去った。今はドタンバたうんでゲームセンターを経営している。
  • フンバ・ウンバ
マンボにライバル意識を持つ人間の呪い師。ドタンバたうんでパーツと設計図を売る店を経営している。相変わらずマンボに対して口が悪い。過去作と比べて、大きくキャラの造形が変わっており、可愛らしくなっている。
  • トロフィートーマス
「出るゲーム間違えたんじゃないの?」とカズーイに言われるほど爽やかなチーター。ゲーム好きでチャレンジには彼のレコードが設定されている他、彼自身も勝負を挑んでくる。が、負けると言い訳したりルールを変えたりと案外器が小さい。
  • パイクレット
ドタンバたうんの警察署長。ゲームワールドを問わず嫌なヤツだがオンプを渡せば細かいことは見逃してくれる。
  • ピドルズ
グランチルダといつも一緒にいるネコ。ログの計らいでグランチルダの相方として用意され、何度か戦うことになる。トイレのしつけが出来ていないらしい。
  • グランボッツ
金属の球のようなボディに顔などのアクセサリが付いたロボット。グランチルダの部下として用意される本作のザコ敵。バンジョーたちに突進したり、マシンのパーツをはぎとったりと妨害行為を行う。

ゲームワールド(ステージ)[編集]

ドタンバたうんから、クルクルやま以外のゲームワールドにアクセスするには、ゲームグローブを適切な台座にセットしなければならない。の向こうへ行くには、扉に表示された数のジグソ-ピースを持っている必要がある。クルクルやま以外の各ゲームワールドにはいくつかの章があり、それぞれの章にチャレンジが用意されている。

  • ナッティーのうじょう
ココナッツ農場がある緑豊かな熱帯の島。世界で一番硬いココナッツで有名であり、チャレンジなどでもココナッツの収穫などが多い。
  • LOGBOX720
ゲーム機の内部を細かく再現した、ログ自慢のゲームワールド。冷却用の液体「グラバー」を流すパイプやや電子機器のチップなどが至る所に設置され、移動には少し手間がかかる。
  • バンジョーランド
過去のバンジョーシリーズに出てきたステージが再現されたアミューズメントパーク。あちこちに解説用のスタンドが立っている。
  • ジゴッセウム
古代ローマのコロシアムの様な外見をしており、各種競技に使用するボールなどの模様やサイコロ、ドミノ牌などのスポーツに限らない対戦ゲームのオブジェクトが配置されている。
  • ドキドキエコぷらねっと
宇宙空間に浮かぶガラスに包まれた植物の惑星。極めて狭い中に植物が生い茂っており、チャレンジはどれも難易度が高い。
  • クルクルやま
バンジョーとグランチルダの地元。クルクルやまで繰り広げられるグランチルダとの最終決戦に勝つことができれば、また元通りののんびりとした暮らしを取り戻すことができる。

アイテム[編集]

  • ジグソー
ゲームワールドに入るのに必要になる。ゲームワールドでのチャレンジをクリアすると貰えるほか、ドタンバたうんでネジネジボルトを回す、ジョリードジャーから買う、トロフィートーマスにトロフィーと交換してもらうことでも増える。
  • オンプ
ドタンバたうんで買い物をするのに必要。ドタンバたうんやゲームワールドに落ちているほか、ゲームワールドでのチャレンジをクリアする、ドタンバたうんでミッションをクリアすることでも増える。
  • T.T.トロフィー
ゲームワールドでのチャレンジをいい記録でクリアすると貰える。トロフィートーマスがトロフィー4個とジグソー1個を交換してくれる。
  • ジンジョーコイン
ゲームワールドでジンジョーチャレンジをクリアすると貰える。ドタンバたうんでキング・ジンガリンのビンゴをやるのに必要になる。
  • マンボの木箱
ドタンバたうんのあちこちに落ちている。マンボのところに持っていくとパーツが増える。
  • ゲームグローブ
ゲームワールドにアクセスするのに必要。ジグソーが一定数集まるとログから貰える。

パーツの種類[編集]

  • 座席
マシンに絶対必要な操縦席。
  • 車輪
地上を走行するために必要なタイヤ。
  • 動力
動力が必要なパーツをこれで動かすことができる。
  • 燃料
燃料の容量。パーツの機能によって燃料を消費していく。
  • 荷台
荷物を運ぶことができる。
  • 弾薬
  • ボディー
  • ガジェット
  • 防具
  • オプション
  • 武器
  • アクセサリー

トリビア[編集]

本作は元々はニンテンドーゲームキューブで日本では『バンジョーとカズーイの大冒険3』というタイトルで発売の予定をしていたらしい[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2000年8月24日任天堂新製品発表会のゲームキューブのデモムービーで映していた。現在では動画サイトで確認をできる。

外部リンク[編集]