バラムツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バラムツ
Oilfish.jpg
Ruvettus pretiosus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 魚上綱 Pisciformes
: 硬骨魚綱 Osteichthyes
: スズキ目 Perciformes
亜目 : サバ亜目 Scombroidei
: クロタチカマス科 Gempylidae
: バラムツ属 Ruvettus
: バラムツ R. pretiosus
学名
Ruvettus pretiosus
Cocco, 1833
英名
Oilfish

バラムツ(薔薇鯥、学名:Ruvettus pretiosus)は、スズキ目サバ亜目クロタチカマス科のバラムツ属 Ruvettusに属する

特徴[編集]

数百メートルの深度に生息する深海魚であるが、夜間には浅場に浮上することが多いため、刺し網や延縄などにかかることが多い。

顔立ちはいかつく、ムツのように目と歯が大きいが、スズキ目の深海魚という共通点以外にはムツとは近縁ではない。口には鋭くて細かい歯が多く並んでいる。和名の由来は、体を覆うバラの棘のような棘状の硬い鱗から採られており、素手で触れると裂傷を負ってしまうほどである。

大東諸島では、同じクロタチカマス科の魚であるアブラソコムツと区別せずに、インガンダルマ(「犬が(お尻から油が)垂れる」または「犬が(下痢で)ダレる」と言う意味。「胃が垂れる」は誤りで、前触れもなくいきなり尻から垂れる)またはダルマ(「(人間の)(お尻から油が)垂れる」と言う意味)という別名で呼ばれる。大型であり、成魚は全長2メートル以上になることもある。

引きがよく、体が大きいので、スポーツフィッシングの対象にもなっている。

有害性[編集]

深海魚にしばしば見られる形質であるが、体内の油脂成分のほとんどが、人体で消化されないワックスエステル(いわゆる「」)でできている。そのため、大量に摂取すると皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を起こしたり、消化吸収されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出す、あるいは下痢や腹痛を起こす場合がある。多量に摂食した場合は昏睡状態に陥る重篤な症例も報告されている。油脂が肛門から出る時、便意などは一切生じず、そのまま垂れ流す状態になるという。そのため、1970年から食品衛生法第2章第6条第2号に該当する食品として厚生労働省から販売禁止指定されており[1]、市場には流通しない。韓国では「白マグロ」として食用にされていたが、マグロと称して販売していたことに加えて食中毒患者が続出したことなどが問題視され、食品医薬品安全処が2007年6月に流通禁止の行政予告を行なったものの、規制改革委員会が「過度な規制」として撤回を勧告した[2]。2010年に改めて食用禁止とする告示改正を進める動きがあったが[2]、その後もマグロに偽装しての流通が続いている[3]中国でも、本種をサケやタラに偽装して提供する業者があり、上記のように食べた人の肛門から大量の油が漏れたケースが報じられている[4]。しかし、しっかりとした歯応えや大トロのような濃厚な脂分など、味はとてもよいとされるため[5]、自分で釣って食べる者もいる。

同じ仲間の魚にアブラソコムツがあり、こちらも同法により販売禁止に指定されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク [編集]