バニョレージョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バニョレージョ
Bagnoregio
バニョレージョの風景
チヴィタ・ディ・バーニョレージョ
行政
イタリアの旗 イタリア
ラツィオ州の旗 ラツィオ
Blank.png ヴィテルボ
CAP(郵便番号) 01022
市外局番 0761
ISTATコード 056003
識別コード A577
分離集落 Civita di Bagnoregio, Castel Cellesi, Vetriolo
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 3,664 [1](2015-01-01)
人口密度 50.5 人/km2
文化
住民の呼称 bagnoresi
守護聖人 聖ボナヴェントゥラ
祝祭日 7月14日
地理
座標 北緯42度37分48秒 東経12度5分21秒 / 北緯42.63000度 東経12.08917度 / 42.63000; 12.08917座標: 北緯42度37分48秒 東経12度5分21秒 / 北緯42.63000度 東経12.08917度 / 42.63000; 12.08917
標高 484 (117 - 625) [2] m
面積 72.62 [3] km2
バニョレージョの位置(イタリア内)
バニョレージョ
バニョレージョの位置
ヴィテルボ県におけるコムーネの領域
ヴィテルボ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

バニョレージョBagnoregio)は、イタリア共和国ラツィオ州ヴィテルボ県にある人口約3700人の基礎自治体コムーネ)。

崩壊により絶壁となった岩山の上に残る中世都市チヴィタ・ディ・バーニョレージョの特異な景観で知られる。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ヴィテルボ県のコムーネ。県都ヴィテルボから北へ23kmの距離にある[4]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

歴史[編集]

古代には Novempagi や Balneum Regium と呼ばれた。中世には Bagnorea の名で呼ばれた。

6世紀から9世紀にかけてのイタリアが異民族の侵入に晒された時代、この都市は東ゴート族ランゴバルド人によってしばしば奪われた。カール大帝はこの都市をパトリモニウム・ペトリ (Patrimonium Sancti Petriの一部に含むべきであると言い、大帝の跡を継いだルートヴィヒ1世822年にこの都市を教皇領に編入した。

チヴィタ・ディ・バーニョレージョは、13世紀の神学者ボナヴェントゥラフランシスコ会総長を務め、のちに列聖された)の出生地として知られる。

人口[編集]

居住地区別人口[編集]

国立統計研究所(ISTAT)によれば、2001年国勢調査時点での居住地区(Località abitata)別の人口は以下の通り[2]

地区名 標高 人口 備考
BAGNOREGIO 117/625 3,639
BAGNOREGIO * 484 2,423
CASTEL CELLESI 380 215
CIVITA 443 15
VETRIOLO 459 498
Capraccia 525 20
Poggio Fabbrica 562 16
Ponzano 511 16
Salci 571 36
Case Sparse - 400
  • ISTATは人口統計上、家屋密度の高い centro abitato (居住の中心地区)、密度の低い nucleo abitato (居住の核となる地区)、まとまった居住地区を形成していない case sparse (散在家屋)の区分を用いている。上の表で地名がすべて大文字で示されているものが centro abitato である。「*」印が付されているのは、コムーネの役場・役所 la casa comunale の置かれている地区である。

人口推移[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]