バカバカしいの!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バカバカしいの!』は、ガモウひろ椎野による日本ギャグ漫画作品。


概要[編集]

週刊少年ジャンプ』(集英社)2000年49号より2001年10号まで連載された。全12話、ジャンプ・コミックス全1巻。なお、連載前の読み切りが存在する。

主人公・椎野望摩(しいののぞま)が東武伊勢崎線越谷駅から電車で5分のところにある架空の王国椎野王国に行き王子となり、名後(ナゴー)と戦う物語。

椎野王国では人名の表示が「苗字-名前」の順番の日本と違い、「名前-苗字」の順番であり、それをもとに名前を使ったギャグが多く使われる。望摩は形容詞に「〜しいの」とつけた言葉を言うことで様々な姿に変身できる(例「りりしい」⇒「りり椎野」、バカバカしい⇒「バカバカ椎野」など)。