ハールク (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハールク
基本情報
建造所 イギリスの旗 イギリススワン・ハンター英語版[1]
運用者  イラン海軍
艦種 補給艦・ヘリコプター母艦[1]
艦歴
起工 1976年
進水 1977年
竣工 1978年
就役 1984年
要目
満載排水量 33,014 t[1]
全長 207.15m [1]
最大幅 25.5 m[1]
吃水 9.14 m[1]
ボイラー バブコック・アンド・ウィルコックス製×2基[2]
主機 Pametrada 蒸気タービン×2基[2]
推進 スクリュープロペラ×1軸[2]
出力 26,780 shp[1]
最大速力 21 kt[1]
乗員 250名[1]
兵装 オート・メラーラ 76 mm 砲×1基
・23mm連装機関砲×6基[1]
搭載機 シーキング×3基[1]
テンプレートを表示

ハールク(英語: IRIN Kharg, 431ペルシア語: خارک‎)とは、イラン・イスラム共和国海軍英語版(以下、イラン海軍)の補給艦である。

艦名はペルシャ湾に浮かぶイラン領の島、ハールク島(カーグ島)に由来する。

来歴[編集]

本艦は、パフラヴィー朝時代の帝政イラン海軍によってイギリスに発注され、同国海軍オル型給油艦を基に建造された。[1][2]

1978年に竣工したが、同年1月からのイラン革命による混乱の結果、イラン海軍への引き渡しは1984年までずれ込んだ。

2012年2月18日には、「ハールク」がスエズ運河を経由してシリアへの親善訪問へ向かったことが報じられた[3]

参考文献・サイト[編集]

関連項目[編集]