ハンドレ・ポラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンドレ・ポラード
Handré Pollard
Handre Pollard 2015 RWC USA.jpg
ラグビーワールドカップ2015でのコンバージョンキック
生年月日 (1994-03-11) 1994年3月11日(27歳)
出身地 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ
西ケープ州サマセットウエスト
身長 1.88 m
体重 95 kg (209 lb; 14 st 13 lb)
ラグビーユニオンでの経歴
ポジション フライハーフ(スタンドオフ)
在籍チーム モンペリエ
ユース経歴
2007–2011 ウェスタン・プロバンス
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
2013 UP Tuks 8 (52)
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2013–2017 ブルー・ブルズ 11 (88)
2015–2016 NTTドコモレッドハリケーンズ 8 (27)
2017 ブルー・ブルズXV 1 (6)
更新日:  2019年10月21日
スーパーラグビー
チーム 出場 (得点)
2014-2019 ブルズ 60 631
代表
チーム 出場 (得点)
2012–2014  南アフリカ共和国U-20 14 (141)
2012  南アフリカ共和国U-18 3 (37)
2014–  南アフリカ共和国 48 (457)
2015 スプリングボクス[注釈 1] 1 (7)

ハンドレ・ポラード(Handré Pollard、1994年3月11日 - )は南アフリカ共和国西ケープ州出身のラグビー選手。フランス・トップ14モンペリエ所属。南アフリカ代表[2]。基本的なポジションはフライハーフだが、センターとしてもプレーする。

経歴[編集]

国内[編集]

ユース世代はケープタウンのウェスタン・プロバンスというチームでプレーし、U-13世代以降の代表を経験。2012年7月にプレトリアブルー・ブルズ英語版に参加[3]、平行してプレトリア大学のラグビー部「UP Tuks」でもプレー、注目を集める。

ブルー・ブルズとは2017年[4]、さらに2019年まで [5]契約を延長。2014年からはブルー・ブルズが主体となって結成されたスーパーラグビーブルズでもプレーする。

2015年6月、ブルー・ブルズは、ポラードが2015年11月から2016年1月までの3か月契約で日本トップリーグNTTドコモレッドハリケーンズに加わることを発表[6][7]。2016年のスーパーラグビーのシーズンに合わせた短期契約ではあったが日本でもプレーした。

国際大会[編集]

2014年のIRBジュニア世界選手権終了時に、代表に招集[8] 。フライハーフのパトリック・ランビーヨハン・グーセン英語版が負傷し、モルネ・スタイン英語版が所属クラブのスタッド・フランセ側の理由で離脱した[9]という事情もあり、スコットランドとのテストマッチの先発メンバーとして起用されるために招集されたものであった[10]。2014年6月28日にポートエリザベスでデビューし、13得点(5回のコンバージョンとペナルティ)を挙げ、55-6の勝利に貢献した。

同年のザ・ラグビーチャンピオンシップのメンバーにも招集され[11]ロフタス・ヴァースフェルドでのアルゼンチンとの開幕戦を含め、6試合中5試合で先発出場を果たす。しかし、2016年2月、膝靭帯損傷により長期の戦線離脱[12] [13]

ポラードは、2019年のラグビーワールドカップに臨む南アフリカ代表に選出[14] 。大会を通じて2回のコンバージョンと6回のペナルティを記録し[15]、チームの3大会ぶり3度目の優勝に貢献した。

代表での成績[編集]

ポラードのテスト試合記録は以下の通り[16]

代表戦でのトライ[編集]

トライ 対戦チーム 都市 会場 大会 日付 結果
1  ニュージーランド ヨハネスブルグ、南アフリカ エリスパーク 2014ラグビー選手権 2014年10月4日 ◯27-25
2  ニュージーランド ヨハネスブルグ、南アフリカ エリスパーク 2014ラグビー選手権 2014年10月4日 ◯27-25
3  ウェールズ カーディフ、ウェールズ ミレニアムスタジアム 2017年12月2日 ●22-24
4  スコットランド エディンバラ、スコットランド マレーフィールド 2018年11月17日 ◯26-20
5  アルゼンチン サルタ、アルゼンチン エスタディオ・パドレ・エルネスト・マルテレーナ 2019ラグビー選手権 2019年8月10日 ◯13-46
6  アルゼンチン サルタ、アルゼンチン エスタディオ・パドレ・エルネスト・マルテレーナ 2019ラグビー選手権 2019年8月10日 ◯13-46

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年はケープタウンでワールドXV英語版との対戦があり、テストマッチとして行われていない[1]

出典[編集]

  1. ^ South African Rugby Annual 2016. South African Rugby Union. (2016). pp. 124–125. ISBN 978-0-620-69290-8 
  2. ^ HANDRÉ POLLARD”. South African Rugby Union. 2019年11月4日閲覧。
  3. ^ Nel (2012年7月2日). “Pollard signs with Bulls”. SuperSport. SuperSport. 2013年4月9日閲覧。
  4. ^ Young stars extend Bulls stay”. Sport24 (2013年6月20日). 2013年6月21日閲覧。
  5. ^ “Established Springboks to continue careers with Blue Bulls” (プレスリリース), Bulls, (2015年8月31日), オリジナルの2015年11月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151117031849/http://thebulls.co.za/news/2015/08/31/nuwe-spelers 2015年8月31日閲覧。 
  6. ^ “Pollard in three month Japan move” (プレスリリース), Bulls, (2015年6月23日), http://thebulls.co.za/news/2015/06/23/pollard-japan/ 2015年6月23日閲覧。 
  7. ^ “2015年度 新加入選手(追加)のお知らせ” (Japanese) (プレスリリース), NTT Docomo Red Hurricanes, (2015年7月1日), http://docomo-rugby.jp/news/2015/0701_01.html 2015年7月1日閲覧。 
  8. ^ “Pollard and Strauss to join Boks in PE” (プレスリリース), South African Rugby Union, (2014年6月21日), http://www.sarugby.net/component/supersportcontent/20721?view=news 2014年6月21日閲覧。 
  9. ^ Pollard and Strauss to join Springboks”. SuperSport (2014年6月21日). 2014年6月30日閲覧。
  10. ^ Handre Pollard starts for Springboks against Scotland”. ESPN Scrum (2014年6月26日). 2014年6月30日閲覧。
  11. ^ De Villiers back to lead Boks in Rugby Champs”. South Africa Rugby Union (2014年8月2日). 2014年8月2日閲覧。
  12. ^ http://www.skysports.com/rugby-union/news/15177/10161338/pollard-out-for-nine-months-after-freak-accident-in-training
  13. ^ http://www.sport24.co.za/Rugby/SuperRugby/pollard-in-amputation-fright-20160714
  14. ^ South Africa World Cup squad: Siya Kolisi wins fitness battle, Eben Etzebeth backed, Aphiwe Dyantyi dropped”. Independent (2019年8月26日). 2019年11月3日閲覧。
  15. ^ England 12-32 South Africa: Springboks win World Cup for record-equalling third time”. BBC (2019年11月2日). 2019年11月3日閲覧。
  16. ^ Player analysis – Handré Pollard”. ESPN Scrum. 2019年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]