ハンス・ダルファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンス・ダルファー
Dulfer 264102704.jpg
基本情報
別名 ダルファー
生誕 1940年5月28日
出身地 オランダの旗 オランダアムステルダム
ジャンル ジャズフュージョン
担当楽器 サクソフォーン
活動期間 1957年 -
共同作業者 キャンディ・ダルファー
公式サイト http://www.hansdulfer.nl/

ハンス・ダルファーHans Dulfer1940年5月28日 - )はオランダテナーサックス奏者。ジャズを基本としながらもファンク色の色濃い作品を数多く発表している。

娘のキャンディ・ダルファーも著名なサックス奏者として知られている。なお、単に『ダルファー』というと父親のハンスのことを指すことが多い(ハンスが日本で発表したアルバムはすべて『ダルファー』名義である)。

略歴[編集]

オランダ・アムステルダム生まれ。10代半ばでテナーサックスを始め、17歳でデビュー。

元々ジャズの抱えていた(クラシック音楽に対する)反骨精神と斬新さを追い求めた結果として、ファンクやパンク・ロックの色合いの強い音楽性が出来上がっていったと言われている。その音楽性と激しいライブパフォーマンスによって、母国オランダをはじめとしてヨーロッパ各国で人気を博している。ライブで用いるストレートテナー(ベルの曲がりがないテナーサックス、通常はほとんど見かけない)や、あごの上にテナーサックスを載せるパフォーマンスでも知られる。

日本では1990年代半ばに、"Hyper Beat!"トヨタ・RAV4のCMソングに、あるいは"Mickey Mouth"(いわゆるミッキーマウス (="Mickey Mouse") とはスペルが異なる)をはじめとするアルバム "Big Boy" の各曲がテレビの『セリエAダイジェスト』(フジテレビ)のテーマ曲及びBGMに用いられ、広く知られるようになる。ちなみに、娘のキャンディは同時期にホンダ・シビックのCMソングを手がけており、親娘で同時期に別々の日本車のCMソングを手がけていたと言うことになる。

アニメーターの湯浅政明は、自身の初監督作品『マインド・ゲーム』の制作中に、作品にふさわしい音楽としてダルファーの音楽を聴きながら制作を行っていたという[1]。ただし、『マインド・ゲーム』の音楽にダルファーの楽曲は用いられていない。

現在は母国オランダを拠点にライブ活動を続けている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]