ハロラン芙美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハロラン芙美子(Halloran ふみこ、1944年1月11日 - )は、日本ノンフィクション作家。旧本名・森史子。

長崎県大村市生まれ。1962年、福岡県立修猷館高等学校卒、1966年、京都大学文学部史学科卒、1970年、コロンビア大学大学院修士課程修了、1973年まで同大学東アジア研究所勤務、1976年まで日本国際交流センター勤務、1978年、米国人ジャーナリストのリチャード・ハロラン(元ワシントン・ポスト東京支局長、元ニューヨーク・タイムズ東京支局長)と結婚。1977年から1979年まで、ジャパン・エコノミック・インスティテュート勤務。1980年、『ワシントンの町から』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。1990年よりハワイ州ホノルルに住む。

著書[編集]

  • 『ワシントンの町から』文藝春秋 1979
  • 『星明かりのアメリカ』文藝春秋 1982
  • 『アメリカのニューエリートたち』文藝春秋, 1985
  • 『エグゼクティブ・オフィスの朝 会社人間のアメリカ』日本経済新聞社 1985
  • 『ティーンエージブルース ルポルタージュ・米国の教育改革』日本経済新聞社, 1988
  • 『黒い壁』(小説)文藝春秋, 1990
  • 『異文化探検 アメリカからの風アジアからの波』日本経済新聞社, 1992
  • 『ホノルルからの手紙 世界をハワイから見る』中公新書 1995
  • 『アメリカ精神の源 神のもとにあるこの国』中公新書, 1998