ハルトムート・ヤーライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハルトムート・ヤーライスドイツ語: Hartmut Jahreiß, 1946年 -)とは、ドイツ天文学者である。ハイデルベルク天文計算研究所 (Astronomisches Rechen-Institut) に所属し、太陽近傍の恒星の研究を専門としている。ヤーライスの最大の業績はヴィルヘルム・グリーゼとともに取り組んだ太陽系近傍の恒星のカタログ(グリーゼカタログ)の補遺で、これらは1978年と1991年に発表された[1][2]。1993年にグリーゼが死去した際には訃報も書いている[3]。グリーゼカタログの恒星は、ヤーライスの貢献から GJ (グリーゼ・ヤーライス、Gliese-Jahreiß)の略記号でも呼ばれている。

メインベルト小惑星の9861ヤーライスは、彼の功績を称えて命名された。

ヤーライスの姓に含まれるドイツ語特有の文字"ß"(エスツェット)は、しばしば"ss"の綴りで代用される。

参考文献[編集]

  1. ^ Gliese, W.; Jahreiß, H. (1979). "Nearby Star Data Published 1969-1978". Astronomy & Astrophysics, Supplement Service 38: 423–448. Bibcode:1979A&AS...38..423G. 
  2. ^ Gliese, W.; Jahreiß, H. (1991). Preliminary Version of the Third Catalogue of Nearby Stars. Astronomisches Rechen-Institut. Bibcode 1991adc..rept.....G. 
  3. ^ Hartmut Jahreiß. "Nachrufe : Wilhelm Gliese". Mitteilungen der Astronomischen Gesellschaft (in German) 77: 5–7. Bibcode:1994MitAG..77....5.  Unknown parameter | url= ignored (help)

外部リンク[編集]