ハインリヒ15世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハインリヒ15世(Heinrich XV, 1312年8月28日 - 1333年6月18日)は下バイエルン公。下バイエルン公兼ハンガリーオットー3世の子。

父が死去した時は幼年であり、上バイエルン公ルートヴィヒ4世に庇護されていた。従弟のハインリヒ14世オットー4世兄弟との対立の末、下バイエルン公を分割、デッケンドルフを中心とした所領を治める事になった。1327年ハンガリー王の地位を狙ったが失敗。1333年に死去。

オーストリア公フリードリヒ1世(フリードリヒ美王)の娘アンナと結婚していたが、子は無かった。

先代:
オットー3世
下バイエルン公
1312年 - 1333年
ハインリヒ14世オットー4世と共同統治
次代:
ハインリヒ14世
オットー4世