ハインリヒ・デリー (数学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハインリヒ・デリードイツ語 : Heinrich Dörrie, 英語 : Heinrich Dorrie または - Doerrie、1873年12月2日 - 1955年)は、ドイツハノーファー出身のドイツ人数学教育者であり、多くの教科書を著したことでも知られる。

デリーは1895年にハノーファーのライプニッツ高校 (Leibnizschule) を卒業後、教師となるために、ゲッティンゲン大学ライプツィヒ大学にて、数学物理地理学英語フランス語を学んだ。1898年にゲッティンゲン大学のダーヴィット・ヒルベルトの下で博士号を取得し (博士論文は Das quadratische Reciprocitätsgesetz im quadratischen Zahlkörper mit der Classenzahl 1 , 類数 1 の二次体における平方剰余の相互法則 )、1902年から1903年までは、フルダのロイヤル・スクール (Königliches Gymnasium zu Fulda) で試用教師 (Problehrer) として、その後はビーデンコプフ (Biedenkopf) の高等専門学校 (Realprogymnasium) で正規の教師 (Oberlehrer) として過ごした。1908年から1942年の間、ヴィースバーデン (Wiesbaden) の高等専門学校 (Oberrealschule) で教師をした[1][2]

デリーがよく知られるのは彼の著書『数学100の勝利』 (Triumph der Mathematik. Hundert berühmte Probleme aus zwei Jahrtausenden mathematischer Kultur , 数学の勝利; 2000 年の数学文化における有名問題 100 題 ) の著者としてだろう。『数学100の勝利』では、初等数学における歴史的な問題 100 題とその完全な解答が紹介されている。

著書[編集]

参考文献[編集]

  • Joseph Ehrenfried Hofmann: Heinrich Dörrie 80 Jahre alt (ハインリッヒ・デリー 80 歳 ), Der mathematische und naturwissenschaftliche Unterricht (MNU) 6, 1953/54, S. 241

参照[編集]

  1. ^ Festschrift zur Gedenkfeier des 100jährigen Bestehens der Anstalt seit ihrer Neugestaltung (研究所再建 100 週年記念文集PDF, 5,4 MB), Königliches Gymnasium zu Fulda, 1905, S. 57
  2. ^ ビーデンコプフ高等専門学校 (Progymnasiums Biedenkopf) の1905-1906年の年次報告書より、ビオ・サバールの法則について (online, Jahrbuch-Rezension)。