ノート:AKB48

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローカルルール[編集]

このルールを編集する場合は、事前にノート:AKB48で合意を得る必要があります。

『じゃんけん大会』について[編集]

メンバー表の表記について[編集]

冠3番組について[編集]

楽曲・アルバムについて[編集]


Archive過去ログ

個人メンバーの画像の掲載についてですが。[編集]

渡辺麻友北原里英松井玲奈など、画像が貼られていたため、要約欄に肖像権侵害(本当は、肖像権侵害のおそれ と書くべきでした)で差し戻ししたのですが、うち、松井玲奈についてMegevandBesancon様が、Wikipedia:画像利用の方針/「肖像権について」節の改訂案をご覧になられて、芸能人でありますし、フランスのパリで開催されたJapan Expo 2009撮られたものなので、OKなのでは?という理由で差し戻しをされていました。要は、上述の海外のイベントで撮影されたメンバーの画像にせよ、掲載についていかがなものとお考えですか?もしかして、AKB関連の画像掲載の方針変わりました?日本国内(イベントなど)で撮られたものも含め、是非ご意見いただければ幸いです。なお、ノートの過去ログは熟読しております。--おたふくえりす byともみ会話) 2014年5月28日 (水) 20:44 (UTC)

コメント差し戻しというか、肖像権については問題ないのではとコメントしたものです。AKB関連のローカルルールについては知りませんでした。もしよろしければリンクなどでどのあたりを参考にしたら良いのかご教示頂けないでしょうか。それに抵触しているのであれば、私からはローカルルールについてコメントすることはございませんので、お分かりの方々で処理してください。ただ、おたふくえりすさんが要約欄に残されたコメントでは肖像権に関する理由でしたので、今回のようにさせて頂きました。
さて、渡辺麻友は差し戻ししていませんが、これも、例の肖像権のところの「(2)被写人物の承諾を得なくても肖像権を侵害しない例外的な場合」に該当するんじゃないかと思うのですが、、、、。ただ、講演とは違って、渡辺麻友の場合はえらくプライベートな写真なので、少し判断に苦しむところですが、やはり「(2)被写人物の承諾を得なくても肖像権を侵害しない例外的な場合」に該当するのかなと思います。私からは以上です。--MEGEVAND (会話) 2014年5月28日 (水) 21:03 (UTC)
大事なことを忘れている、あるいは無視しているのかもしれませんが、Wikipedia:画像利用の方針/「肖像権について」節の改訂案というのは、あくまでも改訂であって決定事項ではなく、「ここに書いてあるから問題無い」ということにはならないのではないでしょうか。また、肖像権も大事ですが、使用されている写真素材自体の著作権は解決されているのでしょうか。以上のことを鑑みて、現時点ではメンバーの写真を載せることは避けるべきだと思いますがいかがでしょうか。--Nobutan会話) 2014年5月29日 (木) 13:55 (UTC)
改定案ではなく、決定事項としてはどのページを参照すれば良いでしょうか。お手数ですがご教示下さい。お願いします。あと、写真を貼り付けることについて特にこだわっているわけではなく、本当にダメなのかなぁという疑問があるだけですので、然るべき判断があるなら、それに従います。あと、著作権、写真のですよね。これはコモンズにアップされてるので、問題があればそもそもコモンズから消されるのかなと思うのですが、間違っていればすみません。--MEGEVAND (会話) 2014年5月29日 (木) 16:51 (UTC)
肖像権を見ましたが、著作権に関しては写真の投稿者に帰属するものですし、それはコモンズにアップされているので、問題は発生しないと、やはりそう思います。肖像権は松井玲奈に関する権利ですが、この方は一般人ではありませんし、普段の生活を隠し撮りしたという、ゴシップに掲載されるような性質のものでもないので、問題ないと思いますが、如何でしょうか。--MEGEVAND (会話) 2014年5月29日 (木) 17:56 (UTC)
報告コメント依頼を出しました。--MEGEVAND (会話) 2014年5月29日 (木) 18:10 (UTC)
著作権は制作者に帰属します。投稿者がかならずしも制作者ではありませんので、著作権が投稿者に帰属するというのは違います。ただ、松井玲奈のページに掲載された写真について言えばコモンズに投稿した本人の作品とクレジットされています。私はコモンズの情報がどこまで正しいのかわかりませんが、これが間違いないのならば著作権は問題ないのでしょう。肖像権については、「Wikipedia:画像利用の方針#肖像権について」に書かれていることが現時点で有効な内容でしょう。しかし、改訂案の内容も含めて、Wikipediaでどんなに肖像権の免責条件について規定したところで、それは問題になりにくいであろうということを言ってるだけで法的には何の効力もなく、最終的には被写体である本人がどう判断するかです。公人だからいいんだということもよく聞きますが、現実には問題が起こる度に司法に判断が委ねられているのが現状だと思います。今は自分の写真が使われていることを知らないか、黙認状態なのかもしれませんが、将来に渡ってそれが続く保証はなく、まかり間違えば何らかの補償を求められる可能性だってあります。そのようなリスクを背負ってでもどうしても掲載しなければならない理由があるのでしょうか。本人の写真を見せたいだけなら、写真付きの公式プロフィールにリンクが張られています。--Nobutan会話) 2014年5月30日 (金) 14:42 (UTC)
  • 繰り返し述べますが、私は然るべき判断として除去するのが良いであれば従います。意見は意見としてして表明しましたが、特に写真を残すことにはこだわっておりません。--MEGEVAND (会話) 2014年5月30日 (金) 17:30 (UTC)
上述の記事の最初の画像追加編集とは別の方のアップロードかもしれませんが、前田敦子に関しては、ニュースサイトに掲載された写真と一致しているようなので除去しました[1]。コモンズに上がっているからという理由のみで安易に載せてしまうのは少なからず問題があるようです。現在各記事に残っている画像も精査が必要となるでしょう。そもそも(渡辺麻友の写メ会画像は別として)、プレスしか撮れないようなアングルでの写真や、一般客による撮影が禁止されるライブでの画像などはその時点で記事への掲載は控えるべきだと思います。権利関係がどうなっているのか詳しくわかりませんが、写メ会画像も運営側が転載禁止などを唱っているのであればNGでしょう。--据え膳会話) 2014年6月1日 (日) 16:00 (UTC)
除去された画像ファイルについて明らかな著作権侵害としてコモンズで即時削除の依頼を行いました[2]。今後は著作権上問題のある画像については、日本語版ウィキペディアで使用を控えるだけでなく、コモンズからの削除についても対応いただければと思います。--Kusunose会話) 2014年6月4日 (水) 13:33 (UTC)
Kusunoseさんご対処ありがとうございました。不勉強でそこまで考え至りませんでした。--据え膳会話) 2014年6月5日 (木) 12:17 (UTC)
本件が提起された以降も、AKB48グループのメンバーの記事に画像を追加する編集が行われています。上でも述べましたが、「Wikipedia:画像利用の方針#肖像権について」も「Wikipedia:画像利用の方針/「肖像権について」節の改訂案」もこれに従えば肖像権の問題が解決されるというものではなく、あくまでも肖像権のトラブルを起こしにくくするためのガイドラインのようなものだと思います。芸能人の場合は商業的な側面もあり、肖像写真のWeb等での利用を厳しく制限しているケースもあります。AKB48グループの場合、現在はそこまで厳しいことは言っていないかもしれませんが、今後トラブルになる可能性はあります。肖像写真を見せたいのであれば、外部リンクで公式プロフィールのページに誘導することで閲覧は可能ですし、トラブルのタネを抱えながらあえて各記事に肖像写真を掲載する必然性は無いと考えます。と言うことで、おたふくえりすさんが提起された問題ではありますが、私の方から改めてAKB48グループのメンバーの各記事から肖像写真を除去することを提案したいと思います。--Nobutan会話) 2014年6月5日 (木) 13:40 (UTC)
そういうことでしたら、特に反対はしませんし、反対の理由がありません。議論がすこし拡散しますが、他の芸能人で写真のあるページがあるのですが、同じようなことで除去するべきなのでしょうか?私は自ら積極的に除去しようとは思いませんが、Nobutanさんのように「トラブルのタネを抱えながらあえて各記事に肖像写真を掲載する必然性は無いと考えます」と危惧される方がおられるのであれば、他のページも考えるべきではなのでしょうか。--MEGEVAND (会話) 2014年6月7日 (土) 08:18 (UTC)
他のページにも広げるなら、それぞれの記事やプロジェクトなど、または画像の方針というかたちで合意を得てください。ここでの合意はここでの合意でしかありません。また、掲載しようとしている人がいるなら、会話ページなどでこのノートに誘導してあげてくださいね。--Ks aka 98会話) 2014年6月7日 (土) 10:44 (UTC)
  • 私は広げるつもりはないのですが(そう上でも述べています)、ただ疑問として思ったので、上記のようなコメントとなりました。「トラブルのタネを抱えながらあえて各記事に肖像写真を掲載する必然性は無いと考えます」というNobutanさんの危惧に対して、Wikipediaとしてはどういう対応をするのかなという疑問です。トラブルが発生した時は発生した時で対応(版ごと削除)したらいいじゃないかという姿勢でしょうか。それとも問題は全くないという考え方でしょうか。そのあたりが曖昧(あえて曖昧にする方がいいのかもしれませんが)なので、なにかどっちつかずのでモヤモヤとします。曖昧で良いというのであれば、それで良いです。--MEGEVAND (会話) 2014年6月7日 (土) 16:06 (UTC)
  • AKB48のことを、AKB48の編集をしている方々で決める分には、とやかく言いません(今のところは、ですが)。日本語版ウィキペディアでどうするかは、決まっていません。ひとつひとつ、調べたり考えたりしながら合意を探る、です。それがいいか、それでは困るか、といったことも含めて、個々の参加者が考える、という状態。いちおうややこしい論点ですし、いろんなレイヤーが錯綜するので、ちゃんと決めるのは難しい上に、いろんな思い込みで議論がこじれます。Wikipedia:画像利用の方針/肖像権からのリンクにいろいろありますし、最近ではWikipedia:井戸端/subj/人物画像の掲載についてがありました。決めるのなら、それなりに肖像権やパブリシティ権のことを理解した上で、適切な場所で提起してください。--Ks aka 98会話) 2014年6月7日 (土) 17:39 (UTC)
  • 議論して考えることに意義がある、ということですね。ご説明ありがとうございました。--MEGEVAND (会話) 2014年6月8日 (日) 09:41 (UTC)

ということで、議論した方がいいと思うのですが、Nobutanさんに質問です。今回の場合、著作権上の問題があれば速やかにコモンズへ削除願いを出せば良いと思いますが、パブリシティ権上([3]を参考にしてコメントしています)では、問題があるのでしょうか。商用目的でウィキペディアが運営されているわけでもありませんし、挙げたページに述べられているように「顧客吸引力」に傷ををつけたり、それを利用して不当に(許可を得ず)利益を得ているのではありません(繰り返しますが、そもそもWikipediaは商用目的で運営されていない)。問題となるとすれば、写真の「流用」でしょうか。Wikipediaにあがることでコモンズから写真をダウンロードして商用目的に使う人間の加担をしてしまうということでしょうか。ですが、それは流用する人間の問題であり罪になるのではないでしょうか。

そもそもAKB側や本人に許可を得るとすれば、商用目的で「顧客吸引力」を利用したいから許可を得るのではないでしょうか。一般人としてはプライバシーの部分は守られてしかるべき権利があり保護されるべきとは思いますが、今回のケースに関してそこまで「問題」となるのでしょうか。

とはいえ、もし肖像権の侵害を理由に告発されるとすれば、Ks aka 98さんにお尋ねしたいのですが、この場合誰が責任をとることになるのでしょうか。誰しも、権利侵害を理由に告発されることを望みません。告発されることを恐れながらも、それでも話合いで決めるのであれば、話合いの結果出てきた決定の方が大事なのでしょうか。それとも、結論ははっきりと分かっている(掲載を避けるべきであると分かっている)のに、それでも話合いを通して決めるべきなのでしょうか。後者ならば、話合いをする必要がそもそも無いと思うのは私だけでしょうか。私の疑問ともうしますか、スッキリとしない部分、お分かり頂けるでしょうか。--MEGEVAND (会話) 2014年6月8日 (日) 10:17 (UTC)

パブリシティ権で告発されたなら、責任を負うかどうかを問われるのは「告発された人(法人含む)」です。告発する相手を決めるのは、告発する人です。法に適っていようがいまいが、告発はできますし、告発されることはあります。実際に責任を負わされるとしたら、(二次使用も含めて)使用した人です。ウィキペディア内ではファイルを表示させる編集を行った人。
議論が必要なのは、まず「法的に掲載を避けなければならない」のか、そうでないか、です。それを、話し合う。そのためには、記事での写真の使用に関心を持つ人たちが、それぞれに法律の勉強をするところからはじめなければなりません。肖像権についてだけではなく、ウィキペディアのライセンスが何を認め、その他についてはどういう立場にあるのか、とか。掲載しようとするならば、大丈夫だという理屈を、掲載を避けるなら、単なる不安ではなく、避けなければならない理屈を。掲載/非掲載について、特に意見を持たないのなら、それぞれの編集者に委ねればよいことです。
ぼく個人としては、おおよそ結論は出てます(想像されているのとは逆で、基本的には避けなくていいんじゃないか、と)が、自分だけでは心もとないしクレームは来るだろうからどうしたもんだかとかいうところもあるので、話し合いで決めればいいと、のんびり構えてます。自分が撮影者とか記事の執筆にあたって写真を掲載したいという当事者になる場合は、何か主張するかもしれませんが。--Ks aka 98会話) 2014年6月8日 (日) 11:02 (UTC)
  • コメントありがとうございました。--MEGEVAND (会話) 2014年6月8日 (日) 11:13 (UTC)
私宛に質問・コメントをいただいていますが、この週末は時間が無くて回答出来ずにいます。すみません。明日以降、時間ができたら改めて自分の考えを回答したいと思っています。--Nobutan会話) 2014年6月8日 (日) 17:02 (UTC)
先週からほとんどWikipediaの編集に携われない状況でしたので、遅くなって済みません。まず、この肖像写真の件については、対象を増やしてしまうと収拾がつかなくなるので、私自身はAKB48グループ外へ議論を広げるつもりはありません。コモンズへの削除依頼というのは私も思い至りませんでしたので、著作権違反の疑いがあるものについては、今後はそのような対応を取ることも考えます。ただ、コモンズに登録された写真が登録者本人の著作物とされているものでも自己申告でしかありません。誰でも撮影可能な風景や建物などの写真と異なり、AKB48グループメンバーの写真は公的な場面でも基本的には報道などの許可された人以外は撮影が禁止されているので、著作権違反あるいは禁止されている方法で撮影された可能性が高いと考えます。使われている写真は日本以外で撮影されたものが多いので日本の撮影事情とは異なるかもしれませんが。著作権表示が本物かどうか、撮影された国では誰でも撮影がOKなのかNGなのか、ということを個々の編集者がいちいち判別することもできません。そうであれば、一律に禁止した方がいいというのが私の意見です。それから、本件のような問題について議論をする場合に、法律の勉強から始める必要があるとは思いません。最初から法律の知識があるに越したことはありませんが、知識が無くても議論の中で理解し軌道修正していけばいいと思っています。私も法律について興味を持っていますが、専門家ではありませんし、関連の法律や判例について最新の情報をウォッチしているわけではありません。もしそれではダメなのだとしたらもうこの議論自体が無意味になってしまいます。--Nobutan会話) 2014年6月14日 (土) 14:25 (UTC)
『一律に禁止』してしまうのも何かと問題が生じますのでどうかなと思いますが、要は記事に載せようとする段階で個々の編集者が常識に則って判断すべきことであろうと思います。著作権のことを考えれば、たとえコモンズに上がっている写真であっても、誰が撮ったのかわからないような写真はこと存命人物の肖像に関しては掲載は控えるべきでしょう。編集者自身が撮影した写真で、かつ本人および所属事務所などに許諾を得たような写真でないと問題はオールクリアとはならないでしょう。そうなると必然的に存命の日本の芸能人の肖像写真を記事に載せることは実質ほぼ不可能になると思います。たとえばローカルルールなど設けてAKBだけ写真掲載を禁止するというのも諸手を挙げて賛成はできません。--据え膳会話) 2014年6月14日 (土) 16:28 (UTC)

病気したりで、長いことコメント出せなくて申し訳ありません。鉄道関連も編集されてる某氏が、AKB48(派生グループ含む)のメンバー画像がアップされますと、Wikipedia日本版では禁止ととらえ、頻繁に差し戻しされていましたが、2014年に入ってから、典拠がない記述などを差し戻ししているのみで、メンバーの画像がアップされていても、スルーしているような状態です。フランスのパリで開催された「Japan Expo 2009」撮影・画像アップされたお方は、フランスかイギリスのお方のようで、ウィキメディア・コモンズの管理者もされてまして、すでに日本含め4ヶ国以上のWikipediaに画像アップされているからかも?Nobutan様、私は英語フランス語わからないので、モデルリリース(肖像権使用同意書)で同意を得ているのかも確認不可能です。わからなければ、肖像権保有するAKSに問い合わせるという手もありますけど。

提起から1ヶ月近く経ちますので、現状維持および画像削除か、そろそろ結論出したいと思います。期間は1週間にしたいと思います。--おたふくえりす byともみ会話) 2014年6月18日 (水) 19:38 (UTC)

現状維持上記にあるとおり、メンバーの画像は除去せず、現状維持にします。--おたふくえりす byともみ会話) 2014年6月18日 (水) 19:38 (UTC)

終了1週間のところ、2日オーバーしましたが、反対および賛成意見が見られなかったので、現状維持として終了とします。--おたふくえりす byともみ会話) 2014年6月27日 (金) 10:33 (UTC)

チーム8メンバー一覧で「代表」に変更してはいけませんか?[編集]

現在、メンバー節のチーム8の一覧表には「○○県選出」書かれていますが、これを「○○県代表」に戻してはいけませんか?当初は代表と書かれていたのに、なぜか都道府県代表との表記はないとの理由で「選出」に変更されました。この編集がなされた当時の状況はあまり覚えていませんが、少なくともメディアでは「代表」と呼ばれていたはずです。選出とは呼ばれていません。この頃から「選出」という表記には違和感がありました。現在、チーム8の公式サイトでもはっきり「代表」と記載されています。使われていない「選出」という表記よりも「代表」に戻したほうが良いと思うのですがいかがでしょうか?--Sun250ba会話) 2014年9月14日 (日) 09:38 (UTC)

コメント当時の私の編集に対しての問題提起とのことでしたので、コメントします。チーム8結成当時、まだ「代表」という表記が公式サイトおよびブログには一切なかったと記憶しております。実際、公式ブログ内で「代表」のキーワードで検索するとチーム8に関しての初出は「チーム8の岐阜代表 奥洞千㮈卒業と岐阜県オーディションに関して」(2014年6月18日)です。また、チーム8の公式サイトのコンセプトページでは現在でも代表の文字はなく、「選出された」としか書いてありません。もともと、各都道府県でオーディションはしても47人全てをメンバーにするということは言っていなかったため代表と言わなかったのかもしれません。そのような経緯があって当時は「代表」とするのは適切ではないと考え、あのような形で編集しました。しかし、最近のブログやGoogle+等での記述を見ると、「代表」という表記もあるようですので、特に当時の考えにこだわるつもりはありません。--Nobutan会話) 2014年9月14日 (日) 11:57 (UTC)
コメントありがとうございます。とりあえず1週間ほど待って他の方からの意見がなかったり、「代表」とする事への反対意見がなければ変更します。--Sun250ba会話) 2014年9月14日 (日) 12:22 (UTC)

チェック 変更しました。--Sun250ba会話) 2014年9月21日 (日) 13:01 (UTC)

佐伯美香に関して[編集]

かつてチームBのメンバーとして活動しバイトAKBとして復帰した佐伯美香に関して、バイトAKBよりも正規メンバーとしての活動期間のほうが長い上にそちらを優先させるべきと判断し、暫定的にAKB48の元メンバーに関しては元正規メンバーの欄移動させました。テンプレートに関して元メンバーのどの部分に入れるべきでしょうか?意見をお願いします。--リバイバル1998会話) 2015年2月28日 (土) 15:33 (UTC)

私は佐伯美香は元正規メンバーとバイトAKBと両方に記載したほうがいいと考えています。新聞などでは佐伯美香がバイトAKBとして出てきたときにはAKBに復帰したと書かれていましたが、私はバイトAKBというのは、AKBという名を冠してはいるものの、活動内容から考えるとサポートするための別のユニットの位置づけというイメージを持っているので、メンバーとして復帰したというより別のユニットが一緒に活動していたという感覚です。このためAKB48正規メンバーとしての経歴とバイトAKBとしての経歴は分けて考えたいです。佐伯美香がバイトAKBとして活動を開始した時に元正規メンバーから消えていたことには気づいていなかったのですが、元正規メンバーとしてはリバイバル1998さんが書いたような最新の位置ではなく、元々卒業時に書かれていた位置が適当だと思います。一方、バイトAKBというユニットの一員として活動していたという事実としてバイトAKBの欄にも残しておきたいです。--Nobutan会話) 2015年2月28日 (土) 17:09 (UTC)
ご意見ありがとうございます。当初の位置ですと、かつて正規メンバーとして活動が全く反映されていない形になってしまっていたために暫定的にこの表記にしました。両方記載という意見が多いようであれば、そのような形にすることも検討すべきかと思います。--リバイバル1998会話) 2015年3月1日 (日) 09:54 (UTC)