ノート:性教育

    産経新聞は東京都の対応を非難したのか、学校の性教育のあり方を非難したのか、どっちなのかわかりづらい。[編集]

    産経新聞は東京都の対応を非難したのか、学校の性教育のあり方を非難したのか、どっちなのかわかりづらい。

    ちょっと直しました。難民 2004年8月17日 (火) 15:57 (UTC)返信[返信]

    外部リンクについては、こちらの著作権についての解説を参考に。Wikipedia:著作権。外部リンクするのなら、記事の本文中ではなく、外部リンクとして表記してください。Mishika 2005年6月13日 (月) 02:45 (UTC)返信[返信]

    外部リンクとして明記しておりますが? 2005年5月22日 (日) 05:01の版 また、記事の本文中ではなく、小見出しの最後にまとめて紹介しています。そもそも『記事の本文中に外部リンクを設けてはいけない』規定があるなら、当該規定を示して頂きたく思います。Famsis 2005年6月13日 (月) 10:12 (UTC)返信[返信]

    荒らしが出たので覗いてみましたが、その前からおかしくなってたんですね……。いろいろ意見はあるでしょうが、性教育罪悪論の人(多分、フェミニズム嫌いの人なのでしょうが)は余りに極端なことを書いていくので困りますね。 -- NiKe 2006年5月23日 (火) 07:46 (UTC)返信[返信]

    今の記事も偏ってるように見受けられるので保護解除依頼を出したいのですがどうでしょうか。 -- Ashley 2006年6月10日 (土) 13:39 (UTC)返信[返信]

    履歴を見る限り、保護解除されればすぐに編集合戦が始まる危険があるように感じます。むしろ一時削除にしたほうがよいかと思いますが、いかがでしょうか。--nyanya 2006年6月10日 (土) 16:07 (UTC)返信[返信]
    荒らしが出たと言うだけで一時削除は駄目でしょ…。荒らしに振り回されて、このまま永遠に保護するわけにもいかないですし。-- Ashley 2006年6月11日 (日) 03:10 (UTC)返信[返信]
    一時削除はともかく、当面は保護を継続した方がいいように思います。何でもかんでも男性差別と結びつけたい人(達)がいて方々で編集合戦を起こしているようで、その人(達)の活動が沈静化するまで待った方が無難。せっかくだから、保護されてる間に「どの点が偏っていて、どのように改善すべきか」をノートで提案してみるのもいいんじゃないでしょうか。ちょっと首をかしげたくなるような記述もちらほらありますが、緊急性は高くないと思うのでのんびりやればいいと思います--cpro 2006年6月12日 (月) 04:25 (UTC)返信[返信]

    編集合戦[編集]

    他国版のウィキペディアを見ればわかりますが、利用者の増加に伴い編集合戦が起きるのは仕方ないことです。何度もリバートするユーザーは投稿ブロックできますし、荒らし有利になる事の方が問題かと。

    >「どの点が偏っていて、どのように改善すべきか」

    中絶件数と性教育の効果を比べている点が無茶苦茶。中絶をしているのは主に20~30代で、本格的な性教育がはじまったのはつい最近。 性教育関連の事件もそうです。日本中心、おまけに保守的な立場で描かれています。外部リンクも相当偏ったサイトですし。--Ashley 2006年6月13日 (火) 15:16 (UTC)返信[返信]

    対案がないということはその部分を削除すべしというお考えでしょうか?できれば「問題があるので削除」と一律にやってしまわず、今ある記述を百科事典的になるように修正してやる方向でお願いできないでしょうか。その方が建設的で軋轢も生まないです。
    避妊の正しい知識を身につけることで予定外の妊娠を防ぐというのは性教育の目的のひとつなわけで、中絶件数とからめた記述は有用だと思います。主に20~30代が件数の大半を占めることと、未成年の件数が急増していることは矛盾しません。例えば、「このように未成年の中絶件数は10年間で大幅に増加しており、性教育の遅れによるものであるとの指摘がある」とか書きようはあるんじゃないでしょうか(もちろん、どの方面からの指摘かをはっきりする必要はありますが)。本格的な性教育が始まった時期を示すことで効果が出ているのかいないのか、それともデータに反映されるのはもう少し後なのか、など更に判断材料が増えて望ましいと思います。
    日本POVは仰るとおりだと思います。enから移入するのも有りですかね。保守的かどうかは判断しかねます。
    外部リンクは、偏っていることは特に問題ないと思います(何らかの主張をすればどちらかに偏るのは当然)し、過激な部分を殊更に取り上げる傾向があるものの実態の一部を知ることのできる有用なリンクだと思います。広告まみれで一瞬アダルトサイトかと思うような作りは勘弁して欲しいですが。逆の立場のリンクを加えるなどしてバランスを取った方が望ましいとは思います。--cpro 2006年6月14日 (水) 01:26 (UTC)返信[返信]

    性教育はエイズの蔓延するアフリカで効果をあげているし、エイズが増加しているのは先進国の中では日本だけ。

    性教育のせいで中絶が増加したって?避妊すれば妊娠確率はゼロなのだから、逆に性教育をしないことで中途半端に性の情報に触れ、誤った知識を得た子どもたちが、中絶する羽目になっているのでは?そもそもセックスをさせないというのは禁欲教育であって、性についての知識を与える性教育とは関係ない。--Funbolt 2006年6月20日 (火) 17:31 (UTC)返信[返信]

    性教育はエイズの蔓延するアフリカで効果をあげていませんよ。私もアグネスチャンさんもアフリカ南部諸国を訪問しましたが余計にひどくなっています。禁欲教育が進んでいるウガンダやその周りの国々はエイズは減っています。エイズが減ったのは性教育ではなくて禁欲教育であることを私はアフリカ諸国を訪問して始めてわかりました。エイズが増加しているのは先進国の中では日本だけなのは当たり前です。エイズが増えているのではなくてエイズが増えて当然だと考えないといけません。性教育が始まったとき高校生の女子の性体験者は1990年には、わずか5%だったのが2005年の調査ではなんと55,8%となり11倍以上に女子高校生の性経験者が増えて来たことが上げられます。女子高校生の性の価値観や性のモラルは性教育によりアメリカの半分以下、中国や韓国の3分の1にも低下してきています。フェミニストやジェンダーフリーの性教育は触れ合いや快楽の性でコンドームやピルを使えばフリーセックスしてもかまわないと言う考え方ですから。性の価値観や性のモラルは当然落ちます。ところがエイズもSTD性感染症もコンドームでは防げないことが確認されたので、大変です。このことは「コンドームでも防げない性感染症」を参考にすればいいと思います。私は今年5月にヨーロッパ諸国の先進国を多く訪問しましたが今の日本のような露骨な性教育をしている国はありません。スウェーデンも家庭では性教育は盛んですが公教育ではすでに取りやめられていました。マンガ本やテレビ番組も日本よりはるかに健全でした。今の日本は性教育について誤解している。このまま間違った性教育を続けると日本の子供達は性教育により滅亡してしまいます。それはもう5年後2010年に迫っています。コンドームやピルを信用してセックスを全員がするようになるとエイズや特にコンドームが効かないSTD性感染症があっという間に蔓延してしまい高校生の段階で子供が半数近く作れない体になり結婚しても全カップルが子供が作れなくなる。そうなると少子化どころではなくなる。日本は壊滅です。性教育は今大きな曲がり角に来ている。 http://japan-lifeissues.net/writers/vit/vit_01aidsinafrica-ja.html アフリカのエイズ事情のソース。性教育なんかは全く役に立っていない。(バロン)--以上の署名のないコメントは、58.94.10.62会話/Whois)さんが 2006年7月13日 (木) 06:08 (UTC) に投稿したものです(利用者:ぜのによる付記)。 ※リンク先には、性教育とエイズの因果関係について一切言及されていません。返信[返信]

    過激な性教育については、都議会議員が止めさせたのではなく、東京都教育庁の判断で「不適切」となったものです。 また、処分撤回に関与しているのは養護学校の保護者 ではなく 一部の保護者 です。 以上の署名の無いコメントは、221.254.106.180会話/whois)氏が[2006年8月6日 (日) 12:35 (UTC)]に投稿したものです。返信[返信]

    産経新聞とやはり“一部の都議”が論ったために問題化したものである事は明白です。--202.208.159.185 2008年1月25日 (金) 03:36 (UTC)返信[返信]

    ・>現在、一流大学の生徒が極端に性知識に疎い事実には、こうした背景がある。
    これは一体どこの情報を下にかかれたものなのでしょうか。 客観的な資料も示さず思い込みで書かれたものではありませんか。--以上の署名のないコメントは、133.1.90.161会話/Whois)さんが 2007年2月2日 (金) 11:15 (UTC) に投稿したものです。返信[返信]

    成年未成年者性行為を行うことを、婉曲に「性教育」と呼ぶこともある。[編集]

    これは不適切ですか?დინამო თბილისი 2007年8月25日 (土) 06:14 (UTC)返信[返信]

    ソースはありますか?--Seseragi 2007年8月25日 (土) 06:16 (UTC)返信[返信]
    「私は今日、女子中学生を性教育した」等、匿名掲示板でよく使います。დინამო თბილისი 2007年8月25日 (土) 06:19 (UTC)返信[返信]
    それはソースとはいいません。--Seseragi 2007年8月25日 (土) 06:23 (UTC)返信[返信]
    ではそこは生物学的側面が拾いましょう。--Ks 2009年3月6日 (金) 01:54 (UTC)返信[返信]

    昔の性教育[編集]

    江戸時代は現代と比べ性に関して非常に大らかであった。現代でも行われる農村の「子孫繁栄を祈る村祭り」を見れば明らかである。西洋の価値観が入った明治時代から数えて、なんと昭和60年代までの約120年の長きに渡り、性に関してはタブー視する傾向になった。ただし、「貞操概念」は日本社会にも昔からあった。平成に入り再び性教育に対し大らかになりつつあるが、未だに保守的な価値観の人物はこの風潮を警戒している。江戸時代は大名や上流旗本のなどの階級の間で新婚の夫婦、あるいは結婚直前の若い男女に対して、「床学問」を指南した家来や侍女がいた。最も男性の場合は結婚前にお忍びで遊郭に行き、遊女との「予行演習」を済ませていた人物もかなりいた。以上の署名の無いコメントは、218.46.5.95会話/whois)さんが[2008年6月10日 (火) 11:48 (UTC)]に投稿したものです(IP:219.66.98.56会話 / 投稿記録 / 記録 / Whoisによる付記)。返信[返信]

    性教育と日教組[編集]

    現職中学教員ですが、学生時代の友人(以後『彼』と表記)は日教組の主張に染まり、『性教育の充実(=性の開放?)』を訴えるようになりました。実際彼は採用後、女子小学生と『結婚を前提としたつきあい』をしていると公言していました。(彼とは音信不通になったため、その後は不明。)これは彼が本来持っていた性的嗜好なのか、日教組の洗脳の結果であるのかは判断する材料が少ないため判りません。 しかし動画サイトでは日教組教員の『過激な性教育』の実践を見ることができますし、『性教育』と『日教組』の関係について分析する必要があるのではないかと思います。ひょっとしたらコレはジェンダーフリーとか夫婦別姓制にも関わってくるのではないでしょうか?--Bakaking 2010年11月21日 (日) 18:06 (UTC)返信[返信]

    「性教育の効果」の最近の統計[編集]

    「性教育の効果」の欄で、「20歳未満については平成5年度は2万9776件であったものが平成14年度では4万4987件」とありますが、http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=50467 によると

    20歳未満については20,650件、前年度比4.1%減で、やや頭打ちの感を否めません。それでも2001年に過去最大(13.0)であった20歳未満の中絶実施率を追ってみると、その後12.8、 11.9、 10.5、 9.4、 8.7、 7.8、 7.6、 7.3、そして10年度が7.0となり着実に減少の一途をたどっています。

    という記載があります。 厚生労働省の統計では、ちょっと数字が違っていた。

    http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei_houkoku/11/dl/kekka6.pdf

    衛生行政報告例 表7 人工妊娠中絶件数及び実施率の年次推移 20歳未満 平成23年度 20 903 平成22年度 20 357  平成22年度は、東日本大震災の影響により、福島県の相双保健福祉事務所管轄内の市町村が含まれていない。

    これを参考にして、次のように書き換えても良いでしょうか?

    「20歳未満については平成5年度は2万9776件であったものが、平成13年度では4万6511件に増加した。しかし、その後は減少し平成23年度では2万0903件となっている」

    --Take tk会話) 2013年3月24日 (日) 14:01 (UTC)返信[返信]

    外部リンク修正[編集]

    編集者の皆さんこんにちは、

    性教育」上の2個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

    編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

    ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年10月4日 (水) 18:06 (UTC)返信[返信]

    今後の編集について[編集]

    現在この記事には、「性感染症」、「性犯罪」、七生養護学校事件などのページに記述するほうがふさわしい内容が多く含まれているようです。また経口避妊薬の話題にかなり分量を割いているので、もっと他の適切なページに記述するようにするか、ページの分割なども考慮に入れたほうが良いと思われます。これから内容を確認した上で、「性教育」とはほとんど関係ない記述に関してはたとえ出典が付いていても除去しようと思っています。この編集方針に問題があるようでしたらコメントよろしくお願いします。--ねこざめ会話) 2021年3月9日 (火) 15:33 (UTC)返信[返信]

    コメント 構成を修正いただき、ありがとうございました。主に最近加筆を行っておりました。構成を見直してくださったところですが、「経口避妊薬CT化問題」についても根幹は医師会の指摘するとおり正しい性教育の普及と深くかかわるところですが、ご自身の考える「関係のない」案件はこの構成変更後も削除を行っていく意向とのことでしょうか。--流山隆一会話) 2021年3月10日 (水) 12:32 (UTC)返信[返信]
    返信 流山隆一さん、初めまして。「経口避妊薬」の問題については「性教育」の記事に詳細に書くよりも、「経口避妊薬」の記事に加筆するか、あるいは独立した記事を立てるほうが良いと思います。今のところ除去を予定しているのは「性犯罪」の部分で、特に性教育によって予防ができるとかそういうのに関係ない性犯罪の事例です。まずはいきなり除去ではなくコメントアウトする形で対処してみます。あと、七生養護学校事件についてはこちらと七生養護学校事件の記事でほぼ同じ内容が書かれているので、こちらを縮小する形でまとめてみようかと思います。それと『男子の性教育』のところは、情報の孫引きがされており、こういうのはあまり良くないと思うのでなんらかの対応を考えています。他にもたくさんあるのですが、まずは少しずつ手を入れていきます。「性教育」は大事な問題なので、必要な情報がわかりやすく伝わるような記事を目指していきたいと思っています。よろしくお願いします。--ねこざめ会話) 2021年3月10日 (水) 16:46 (UTC)返信[返信]
    Symbol comment vote.svg 追記 当初はコメントアウトで対処する予定でしたが、ごちゃごちゃしてよくわからなくなるのでいくつかの記述を除去しました。除去した箇所については変更履歴を御覧ください。--ねこざめ会話) 2021年3月12日 (金) 16:53 (UTC)返信[返信]
    • 「緊急避妊薬の薬局販売未承認及び経口妊娠中絶薬未承認問題」については、2021年3月10日に流山隆一さんによって「経口避妊薬」の記事に転記されていますので、「性教育」の記事の該当箇所はおいおい縮小していく予定です。あと気になるのが、文章の転記は、本来は「Wikipedia:ページの分割と統合#項目一部転記」に書かれている手続きを経ないと、著作権の履歴不継承となって削除対象となります。ただし流山隆一さんご自身が書かれた文章に関しては問題ないはずですので、そのあたりのご確認をお願いします。--ねこざめ会話) 2021年3月18日 (木) 17:35 (UTC)返信[返信]
    報告経口避妊薬」から分割するという形で「緊急避妊薬」を新規立項しました。それに不随して「性教育」の記事の「緊急避妊薬の薬局販売未承認及び経口妊娠中絶薬未承認問題」節を「緊急避妊薬」に転記しようと思っています。--ねこざめ会話) 2021年5月17日 (月) 16:29 (UTC)返信[返信]
    報告 転記しました。こちらの記事でも「緊急避妊薬」に対しての記述が多少は必要だと思いますので、おいおい対応したいと思います。--ねこざめ会話) 2021年5月24日 (月) 16:19 (UTC)返信[返信]
    コメント ねこざめ様より複数回「詳細は個別事案に書き込むように」とのご連絡を頂戴しています。痴漢については確かに記述が大量だったので、最小限にとどめ、個別項目に大部分を転送しました。しかし、子宮頸がんなどの最小限の加筆事案についても同様のご指摘があり、多くの人が知るべきでありここで加筆することが不適切とも思われない内容について個別にコメントを頂戴しています。全体管理の労を取ってくださったことには感謝しておりますが、何をもって「適切な」記述とするのかについては各自意見が分かれるところではないでしょうか。--流山隆一会話) 2021年7月12日 (月) 22:02 (UTC)返信[返信]
    返信 「痴漢」については「痴漢」の記事、「人工妊娠中絶」については「人工妊娠中絶」の記事、「子宮頸がん」については「子宮頸癌」の記事に書くのが基本だと思います。いま「性教育」の記事において細かく節が分かれているのは、私が記事を見たときいろいろな情報が盛り込まれ過ぎていたので、整理のために便宜上分類しただけのもので、「全体」とか「個別」とかを意識してのものではありません。どの記述を除去するかは少しずつノートで具体的に書きたいと思いますので、御意見よろしくお願いします。--ねこざめ会話) 2021年7月13日 (火) 16:46 (UTC)返信[返信]

    一部記述の除去の提案[編集]

    次の記述を除去することを提案します。

    • 「望まない妊娠をめぐる事件」節のすべて。
    • 「中絶された胎児」節のすべて。
    • 「不妊症」節のうち、当時25歳の女性歌手と、当時80歳の女性芸能人についての記述。
    • 「子宮頸がん」節のうち、当時29歳の女優についての記述。
    • 「身近な人からの性犯罪が多い」節のうち、男性教諭からわいせつ行為を受けた女子生徒が自殺した記述、わいせつ行為を行い失職した教員が障害児施設に復職した記述、シッターによるわいせつ事件についての記述。

    除去する理由としては、「望まない妊娠をめぐる事件」「中絶された胎児」節に書かれた内容は「性教育」ではなく「妊娠中絶」あるいは「人工妊娠中絶」などに書くべきこと。「不妊症」と「子宮頸がん」節の有名人の発言については、もし必要なら「性教育」ではなくそれぞれ発言した人の記事に書くべきこと。「身近な人からの性犯罪が多い」節の記述については、「性教育」ではなく「性犯罪」などに書くべきこと。他にもたくさんありますがまずは以上についてコメントをいただければと思います。--ねこざめ会話) 2021年7月13日 (火) 17:24 (UTC)返信[返信]

    • 報告 除去しました。問題があるようでしたらノートで提起してください。--ねこざめ会話) 2021年7月21日 (水) 18:58 (UTC)返信[返信]