ノート:天気の子

ナビゲーションに移動 検索に移動

「登場人物」のアヤネとカナの表記と、帆高の在籍高校の記載について[編集]

  • アヤネは、エンディングテロップで「アヤネ」としか表記されていない。苗字が「花澤」であることを実証する必要がある。
  • 劇中の帆高自身によるナレーションでは、自身の出身地を「島」としか言っていない。神津島であることを実証する必要がある。
    • 返信 前者は本編1時間22分頃、アヤネが児童相談所の面会申込書に「花澤綾音」と記入するシーン。画面全体にでかでかと映るので、これを見落とすことは考えにくいです。
      後者は本編0時間59分頃(高井刑事が陽菜に帆高の高校入学式の写真を見せるシーン)と本編1時間39分頃(帆高の卒業式のシーン)で「都立神津島高等学校」とあります(※実在のは都立神津高等学校)。他の島から通ってる可能性は否定できませんので、「神津島高校の生徒」が正確ですね。--Hisagi会話) 2019年7月22日 (月) 10:29 (UTC)
      • 返信 先に来た女の子が「佐倉カナ」と、自分の苗字を勝手に偽名として使ったのに怒り、アヤネが仕返しに「花澤アヤネ」と書き、出鱈目な住所を記入したという描写が小説版にあります。小説版と映画版では設定が微妙に異なるのでソースにするべきではありませんが、映画で「花澤綾音」と記入するシーンがあってもそれは小説版と同様にその場で作った偽名の可能性が高く、エンディングテロップに従うべきところでしょう。110.132.201.122 2019年8月4日 (日) 17:30 (UTC)

「本作における『君の名は。』登場人物の出演」の項目について[編集]

もともと、登場人物一覧内の立花瀧の補足説明に記載されていた内容を私の方で移動&単独項目化しました。 Wikipediaに書かれる内容としては、独自研究の色が強いとは思いますが、全て映画と小説の内容から演繹的に導き出せるものと考えるため存続を希望します。--B hunter会話) 2019年8月13日 (火) 17:11 (UTC)

コメント私は、立花冨美の手首にあるブレスレットが組紐であるかどうかが作品を見ただけで判断できませんでした。よって、「結婚」の項目は、もう少し検証が進むまではコメントアウトしてもよいのではないかと感じます。皆さんどうでしょう?--Morninmornin会話) 2019年8月16日 (金) 18:19 (UTC)
コメント ウィキペディア日本語版の方針である『Wikipedia:独自研究は載せない#何が除外されるか』に記載されている「…考察、推測、論証を分析・合成するような記述を、その記述の出典となる評判の良い資料を明記せずに加筆する」に該当するため、現状のままでは、編集除去が適切であると考えます。--Anax会話) 2019年8月17日 (土) 05:53 (UTC)
コメント 私も冨美の手首のブレスレットが、組紐であるかどうか、さらに、たとえ組紐であった場合に宮水家との関係の仄めかしに相当するかどうかは自明でないと考えます(もともとの記載がそうだったので、当初は自明かと思っていたが自分で映画を見て確かめてみた結果そうではないと判断した)。よって、要出典扱いにするなどの何らかの措置が必要と感じます。なお、私はAnaxさんのように前作登場人物と本作登場人物の同一性についての証明を求めない立場なので、措置の対象は「結婚」の見出し項目のみで構わないという立場です。--B hunter会話) 2019年8月17日 (土) 06:47 (UTC)
コメント Anaxさんのご意見に賛同します。引用(リンク)文書、および、ご指摘内容は正にその通りです。
何度か読み返してみましたが、「独自研究の色が強い」ではなく、「独自研究」そのものです。
独自研究 (original research) とは、信頼できる媒体において未だ発表されたことがないものを指すウィキペディア用語です。ここに含まれるのは、未発表の事実、データ、概念、理論、主張、アイデア、または発表された情報に対して特定の立場から加えられる未発表の分析やまとめ、解釈などです。

— ウィキペディア日本語版の方針Wikipedia:独自研究は載せない』冒頭文より

記述にも「可能性」「推定」「伺える」などの言葉が使われている様に、映画および小説版の内容から「解釈」「考察」「推測」したものであり、「特定の観点を推進するような、発表済みの情報の合成」であり、これらを裏付ける「信頼できる情報源」が一切ありません。よって、「独自研究」と言え、「Wikipedia:独自研究は載せない#何が除外されるか」に当てはまります。「内容から演繹的に導き出せるもの」という主張も同じことです。
「前作登場人物と本作登場人物の同一性についての証明を求めない立場」との事ですが、立場云々ではなく、Wikipediaで記述する以上「信頼できる情報源」を元に出典を付け、「証明」(裏付け)が出来なければなりません。でなければ「独自研究」になり記述出来ません。これは立場云々ではなく、ウィキペディアの方針であり、「すべての利用者が従うべきもの」です。ウィキペディアの方針について、理解が十分とは言えませんので、少なくとも三大方針である「Wikipedia:独自研究は載せない」「Wikipedia:中立的な観点」「Wikipedia:検証可能性」については熟読頂き、理解を深めて頂きたいと思います。--えのきだたもつ会話) 2019年8月20日 (火) 19:17 (UTC)
コメント 最終発言から1週間と数日が経過しましたが、除去について異論がありませんでしたので、除去で合意形成がなされたものとします。
で、いざ本コメントを書き、除去をしようとしていたところ、西狸さんにより、該当箇所の除去編集が行われました。本議論の合意形成がなされる時期を見て編集されたものか否かは不明ですが、なんの事前アクションないままの編集で、正直戸惑いを隠せません。ただ、合意形成の成立時点(最終発言から1週間経過時点)後の編集ですし、除去編集自体も不備はないので、このままとします。--えのきだたもつ会話) 2019年8月28日 (水) 17:06 (UTC)
コメント【追伸】西狸さんには、「利用者‐会話:西狸#「天気の子#本作における『君の名は。』登場人物の出演」節の除去編集について」をコメントしておきました。--えのきだたもつ会話) 2019年8月28日 (水) 17:51 (UTC)

「作中に登場するモデル」2節について[編集]

こんにちは。本記事中の2節、#作中に登場するモデル(建造物)#作中に登場するモデル(その他)について少々疑問を持ちました。この2節はWikipedia:ウィキペディアは何ではないか#ウィキペディアは情報を無差別に収集する場ではありませんに反しているように思えます。さるびあ丸田端駅南口東京都立神津高等学校辺りの比較的重要なモデルはともかく、クルトガC.C.レモン湖池屋ポテトチップスカップヌードルなど大部分は不要ではないでしょうか。集めだしたらきりがありませんので、該当部分を削ることも考えています。とりあえずテンプレを貼りましたので、皆さんのご意見をお聞かせ頂けたら幸いです。--Bonfire12会話) 2019年8月15日 (木) 09:49 (UTC)

返信 Wikipedia民としては、この項目について違和感を持たれる方も多いのではないかと思います。しかし、本作はわざとモデルが何であるかを一目瞭然とすることで2020年前後の東京の世相を詳細に表現しようとした作品です。作品意図を踏まえ、本項目を無くすことは適当ではないと考えています。--203.91.169.32 2019年8月15日 (木) 09:55 (UTC)
返信 確かにクルトガやカップヌードル程度のものについては削除するのも有りだと思っていますが、星野源の恋やAKB48の恋するフォーチュンクッキーまで削除するのには大反対です。--203.91.169.32 2019年8月15日 (木) 10:09 (UTC)
コメント 「Wikipediaは情報を無差別に収集する場ではありません」とのテンプレが記事に貼られていますが、ただのトリビア的情報の羅列に過ぎず、Wikipediaとして作品を解説する上で、必須な情報とは思えません。
全てが無出典で信頼できる情報源からの出典がなく、独自研究の域を出ず、検証可能性を満たさず、信頼性も乏しいです。
明確にウィキペディアは情報を無差別に収集する場ではありませんに反しています。
Wikipediaは、まとめサイトやファンサイトではありません。
「本作はわざとモデルが何であるかを一目瞭然とすることで2020年前後の東京の世相を詳細に表現しようとした作品です。」「作品意図を踏まえ」とおっしゃるのでしたら、それを裏付ける信頼できる情報源を明示し、検証可能性を満たしてください。でなければ独自研究の域を出ません。
掲載を希望する場合は理由を明示し、出典を明記する必要があります(Wikipedia:検証可能性#出典を示す責任は掲載を希望する側に)。
また「出典が明示されていない編集は、誰でも取り除くことができます(出典のない記述は除去されても文句は言えません)。」「出典を示す義務を負うのは、書き加えようとする側であり、除去を求める側ではありません。」(Wikipedia:検証可能性#方針より抜粋)
例え、出典があったとしても、冒頭通りWikipediaは情報を無差別に収集する場ではありませんので、重要なモデルに限るなど、取捨選択が必要でしょう。
あと、「Wikipedia民」という言い方は、偏見・特別視とも取られかねない不適切な表現ですのでお止め下さい。--えのきだたもつ会話) 2019年8月15日 (木) 10:22 (UTC)
コメント えのきだたもつさんに全面的に賛成します。203.91.169.32さんはまず「Wikipedia:ウィキペディアは何ではないか」を熟読されるべきでしょう。現状は出典なしのトリビア集にすぎませんので、除去が適切です。--Anax会話) 2019年8月15日 (木) 11:31 (UTC)
返信 本作はわざとモデルが何であるかを一目瞭然とすることで2020年前後の東京の世相を詳細に表現しようとした作品であることは、時事通信社のインタビュー記事にて新海監督がおっしゃっている内容です。こちらの参照をつけることで 再掲可能でしょうか? --203.91.169.32 2019年8月15日 (木) 12:14 (UTC)
コメント「わざとモデルが何であるかを一目瞭然とすることで2020年前後の東京の世相を詳細に表現しようとした」と記述するのは問題ありません。しかし、これを理由にモデルを復活させるのは少々強引かと思います。モデルの詳細についての内容まで記述するには、各モデルに特筆性(例えば「船は船でもおがさわら丸ではなくあくまでさるびあ丸を表現すべきなのだ!」など。これは架空の例です)が必要です。これがないと復活は難しいでしょう。--Bonfire12会話) 2019年8月15日 (木) 13:11 (UTC)
コメント出展についてはおっしゃる通りなのですが、特筆性に関しては少々考えが原理主義的過ぎはしませんか?そのような思考をしてしまうとWikpediaの半分くらいの記事内容が削除対象になります。中身を見たことが無い作品に対してなぜそのような判断が可能なのですか?--B hunter会話) 2019年8月15日 (木) 13:25 (UTC)
コメント 何かいつの間にか、インデントが変わって話題が分断され書きにくいのですが、下にまとめて書きましたので、そちらを参照して下さい。--えのきだたもつ会話) 2019年8月15日 (木) 18:42 (UTC)
対処 一旦、当該部分を除去します。ただ、本作品は巷で人気を集めているようですから、今後信頼できる情報源が各シーンのモデルについて言及する可能性は十分にあります。内容の取捨選択や出典の明記など、方針に沿った記述での復活は歓迎しますので、203.91.169.32さんも悪しからずご了承下さい。--Bonfire12会話) 2019年8月15日 (木) 11:51 (UTC)
コメント例えば星野源の恋が作中で使われていることは、作品のエンドロールで明記されています。これらを一つずつrefしていけば復活可能とお考えですか?--B hunter会話) 2019年8月15日 (木) 12:04 (UTC)
コメント いいえ。出典の明記だけでなく、特筆性の検証と取捨選択も必要です。ただ、申し訳ございませんが私は当作品を見ておりませんので、「恋」など各モデルに特筆性があるかについては判断しかねます。--Bonfire12会話) 2019年8月15日 (木) 12:33 (UTC)
返信 上の方で私が申しあげていますが、時事通信社のインタビュー記事で新海監督がおっしゃっている「ハンバーガーチェーンやパチンコ店、メーカーのロゴなどの名前をそのまま描くと、観客は『ああ、ここは僕たちの世界だ』と実感でき、作品への没入度はぐんと上がる。さらに最後の(ファンタスティックな)展開も生きてくる」という発言は特筆性を担保するものではございませんでしょうか。--203.91.169.32 2019年8月15日 (木) 12:48 (UTC)
コメント 特筆性に関して言えば、黙認されてきたこともあります。しかし、特筆性がないと判断された記述は除去されてきていますし、残されている記述はあっても構わないと判断されたものでしょう。そういう意味で言えば、編集作業の結果としての合意が成されているといえます。これらに異を唱えるならば、編集するかノート等で議論をすればよいでしょう。私は原理主義とまでは思えません。Wikipedia全体の問題もありますが、まずは本話題(本記事)での問題に集中すべきです。Wikipedia全体の問題はWikipedia:井戸端などで別途議論すべきです。特筆性については、「特筆性は客観的な証明を必要とする」も参考になるでしょう。
また、中身を見ていないから判断は不可能とは言えません。逆に見ていないからこそ、作品を知らない立場から、三大方針の1つである中立的な観点からの判断が出来るでしょう。余談ですが、ちなみに私は『ほしのこえ』から本作品まで全てを封切時に見ている新海誠およびその作品群のファンですが、仮にその立場からしても、Wikipediaに劇中に出てきた施設や歌を、ただ羅列するのは不適切と考えます。実際に作品を見て、「ああ、ここここ。」とか「ああ、あの歌だ。」とか思いましたので、上記インタビューで新海誠監督が「『ああ、ここは僕たちの世界だ』と実感でき、作品への没入度はぐんと上がる。」と言っているのは、その通りでしたし良い意味でやられた感はあります。だからと言って、出てきた施設や歌をただ羅列するのが適切とは思いません。「わざとモデルが何であるかを一目瞭然とすることで2020年前後の東京の世相を詳細に表現しようとした」を書く出典にはなっても、全部を列挙する特筆性の根拠にはなりえません。容認するとしても、「「○○○」「△△△」など実在する施設が出て来ており、」と極少数の例を挙げ前文章につなげる程度でしょう。もちろんこれらも出典があればベストです。
歌に関しては、私もエンドロールに出てた事を実際に確認していますし、パンフレットにも記載があります。主題歌として5曲、劇中使用曲として上記『恋』を含めて8曲の記載があります。よって、パンフレットなどを出典に記述することは可能かとは思います。出来れば二次資料まで欲しいところですが。その場合、『君の名は。』の様に「音楽」節(「使用曲」でもいいかな?)を設けて、そこに記述するのが良いと思います。「君の名は。#音楽」の様に、出典つきで曲についての言及があれば、より良い記事となるでしょう。--えのきだたもつ会話) 2019年8月15日 (木) 18:42 (UTC)
コメント 確かにさるびあ丸とおがさわら丸の例えは極端すぎたかもしれません。マコトはマコトでも椎名誠ファンである私が、第三者的観点から見た主張をまとめますと、監督の「ああ、ここは僕たちの世界だ……」「2020年前後の東京の世相を……」という発言の(示された出典をつけての)掲載はもちろん 賛成 です。また、えのきだたもつさんが提案されている「音楽」の節の作成にも 賛成 です。ただ、インタビューを特筆性の理由にしてモデルの一覧を作るのには 反対 です。モデルの一覧がなくとも、インタビューの内容は十分理解できるでしょうから。--Bonfire12会話) 2019年8月16日 (金) 00:14 (UTC)
コメント 「作中に登場するモデル」という名称での復活は 反対 。「現実に存在する建物/商品の作品への登場」という新項目を起こし、新海監督のインタビューコメントを載せた上で、具体例をいくつか挙げるようにするのに 賛成 。神宮外苑花火大会、さるびあ丸、ムー、などは作品を見さえすればそこにそのまま名前が登場しています。出展の明記の必要さえ無いと思われます。もし、これにわざわざ出展が必要なら、あらすじや登場人物解説の章は全て削除しなければならなくなるでしょう。--Morninmornin会話) 2019年8月16日 (金) 18:14 (UTC)
コメント Morninmorninさん同様「作中に登場するモデル」という名称での復活は 反対 。「現実に存在する建物/商品の作品への登場」という新項目作成は 賛成 の立場です。なお具体的な事物の列挙については、単にポテトチップスなどの商品名を挙げるだけのものは避けた方がいいと考えます。逆に、物語上重要なイベントに関わる事物については「神宮外苑花火大会:陽菜が六本木ヒルズ森タワーの屋上の雲を晴らした花火大会」のように説明記述が可能な限り、積極的に載せて構わないという立場です。--B hunter会話) 2019年8月17日 (土) 06:47 (UTC)
コメント 「極少数の例を挙げ」と書いたのは、あくまでも「容認するとしても」で、厳密に言えば、これらの例についても、出典は必要です。書いても{{要出典}}タグは付けられるでしょうし、あまり良い方法ではありませんが、最初から{{要出典}}タグをつけて記述し、出典を求めるという手もあります。
「作品を見さえすればそこにそのまま名前が登場しています。」というのは、記述出来る何の根拠にもなりません。前述の監督インタビュー記事では「ハンバーガーチェーンやパチンコ店、メーカーのロゴなどの名前をそのまま描くと」としか言っておらず、具体的な施設名については全く言及がありません。なので、自分の知っている実在の施設が同名で出てきたとしても、実在のこの施設の事だというのは、どんなに明らかだろうと思っても、見た人の結び付け・認識に過ぎず、何の裏付けにはなりえません。WP:TVWATCHに代表される「みたまま情報」と同じく信頼性に乏しい情報源とされ用いることは出来ません。「実際のこの施設がモデルになっている」という信頼できる情報源からの出典が必要となります。「出展の明記の必要さえ無い」というのは明らかに出典に関する認識不足・理解不足であり、たくさんありますが、最低限「出典を明記する」「信頼できる情報源」あたりを熟読して、十分に理解する必要があります。
とか書いていると、私は作中に登場したモデルについて、書かせたくないと思われるかもしれませんが、それは逆で、作品を見ているからこそ、具体的なモデルを挙げることで、先の監督のインタビュー記事にある「『ああ、ここは僕たちの世界だ』と実感でき、作品への没入度はぐんと上がる。」の「実感」をより裏付けられると思うので、出来る事なら(出典があるならば)載せたいと思っています。
各まとめサイトや聖地巡礼サイトなどでは、作品の場面の画像と実際に撮ってきた写真を併載して、ここがそうだと記述・主張していますが、あくまでも情報の合成で独自研究の域を出ていないので、参考にはなっても出典にはなりません。作品が公開されてから1ヶ月経とうとしているので、そろそろ信頼できる情報源からの作中に登場したモデルについての言及した記事が出て来て欲しいところです。
あらすじや登場人物節は、作品の内容や話流れや、登場人物の性格や特徴などを解説・紹介しているもので、作品の内容を元に書かれているのは明らかなので、基本的には出典は必要とされません。ただし、作品の内容にはない注釈や解釈、解説や指摘を書き加える場合は、独自研究にならない様に非常に注意を払い、信頼できる情報源に基づく確固たる出典が必要です。例えば、話の内容から「主人公は与えられた魔力によって、魔王を打ち滅ぼし、国に平和をもたらした。」とあらすじに書ける場合、「与えられた魔力」の経緯や与えた者が不明瞭ならば、話の流れからの推測(独自研究)で「夢の中の神のお告げにより与えられたと推測される魔力で……」とかは書く事は出来ません。ここで監督のインタビュー記事あるいはその引用記事などで、「話には出てこないが主人公の魔力は、先祖からの血のつながりで与えられたものという裏設定がある」という事が書いてあれば、その記事を出典に付けて「主人公は先祖からの血のつながりで与えられた魔力<出典>で…」と書く事ができます。そうすると、先の推測は誤りであった事になるので、注意が必要な訳です。あらすじの書き方については、「Wikipedia:あらすじの書き方」を参考にして下さい。--えのきだたもつ会話) 2019年8月17日 (土) 10:40 (UTC)

前作登場人物の説明の出典表記について[編集]

立花瀧、宮水三葉、勅使河原克彦、名取早耶香、宮水四葉の計5名については、前作の公式ページの登場人物一覧にて全く同名の人物が全く同名の声優とセットで記載されています。これを根拠に「前作登場人物」であるという一文を加えることを私は提案していますが、Anax氏が反対しています。 編集ルール上、前作からのカメオ出演であることが明白な例においても、前作⇒今作間の厳格な人物同一性の証明が必要となるのでしょうか。--Morninmornin会話) 2019年8月16日 (金) 22:06 (UTC)

コメント 要出典範囲テンプレートが貼られたこの編集を参照してください。スターシステムについてはスター・システム (小説・アニメ・漫画)#漫画・アニメーション (日本)を参照してください。--Anax会話) 2019年8月16日 (金) 22:51 (UTC)
コメント 私は前作登場人物が同じ年齢、同じ社会的立場、同じ容姿、同じ声優の声で登場した時点で同一性は担保されると考えるため、Anaxさんのような厳密性については求める立場ではありません。--B hunter会話) 2019年8月17日 (土) 06:47 (UTC)
コメント君の名は。』の記事を確認して頂きたいのですが、登場人物の一人である「ユキちゃん先生」は『君の名は。』の前作『言の葉の庭』のヒロインと同一人物である旨記載されていますが、そこにもしっかりと出典が付けられています。「〜が同じだから同一人物だ」と編集者が独自に判断して、出典なしに「同一人物」と記述することはできないと考えます。--Anax会話) 2019年8月17日 (土) 11:15 (UTC)
返信 もうすぐ公式設定集が出版されますので、その情報でいろいろなことがわかるはずです。本件について性急に現状からの変更を加えたいという気持ちは特にありません。--B hunter会話) 2019年8月17日 (土) 13:35 (UTC)
コメント 公式設定集とは、この『新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド』のことでしょうか?この本の情報を待つのでしたら、それでも構いませんが、出典について誤解というか理解不足がある様子ですので、説明したいと思います。
まず、結論から申せば、「冒頭の5名が、前作『君の名は。』の登場人物と同一人物であり、本作『天気の子』に出演している。」ことを裏付ける、直接的出典がなければ、記載する事は出来ません。
(A) 冒頭5名について、『君の名は。』におけるキャスト情報が信頼できる情報源において記述がある。
(B) 冒頭5名について、『天気の子』におけるキャスト情報が信頼できる情報源において記述がある。
この2点については、揺るぎない事実であるので、ぞれぞれを出典にして、それぞれ記述する分には何ら問題はありません。
しかしながら、「(C) この2つの情報において、冒頭5名について、登場人物名とキャストが一致する為、ぞれぞれ同一人物である。」とするのは、「発表済みの情報の新たな合成」であり、独自研究に相当します。AでありBである、ゆえにCである」という論証は、その記事の主題に関連する形で信頼できる情報源によって既に発表されている場合にのみ、掲載することができます。(一部「WP:SYN」より抜粋しました、同リンクも参照して下さい。)
よって、言葉を借りれば「人物同一性の証明」(出典)は必要です。どれだけ共通事項を並べようとも、前記の情報の合成に過ぎず、同一性は担保されません。あくまでも、記述したい事象についての、直接的な出典が必要であり、厳密性が必要か否かの問題ではありません。
さて、その出典ですが、「『天気の子』で『君の名は。』から冒頭5名が出演を果している。」旨の記述がある記事を見つけたのでご覧下さい。
記事中の「『君の名は。』と『天気の子』を繋げるリンク?」という章のところに記述があります。この「シネマズ PLUS」というサイト、記事の最下部右端に記述のある「株式会社クラップス 」というきちんとした会社の運営しているサイトらしく、ファンサイトやまとめサイトとは違う様です。編集長の「ヤギシタシュウヘイ(柳下修平)」という人物も検索すれば結構みつかり、オフィシャルサイトのプロフィールによると、「シネマズ PLUS」の前身は、松竹株式会社運営の「シネマズby松竹」である点からも信頼できるサイトで信頼できる情報源と言えそうで、出典に使用できるのではないでしょうか?--えのきだたもつ会話) 2019年8月17日 (土) 16:18 (UTC)

ショートケーキは陽菜の好物なのか?[編集]

ローソンは「陽菜のお気に入りショートケーキ」というタイアップ商品を発売しました。ただ、これを以て、陽菜の好物がショートケーキであると言うのは無理があるのではないかと考えます。要出典扱いとなっていますが、削除も検討したほうが良いのではないかと思います。いかがでしょうか。--B hunter会話) 2019年9月6日 (金) 12:49 (UTC)

特に反対意見がないため、陽菜の人物紹介覧から、「お気に入りはショートケーキ」の一文を削除しました。--B hunter会話) 2019年9月14日 (土) 20:04 (UTC)
未登録ユーザーによって「お気に入りはショートケーキ」の一文が復活されていたので削除しました。--210.153.128.187 2019年9月15日 (日) 04:45 (UTC)