ノート:うつ病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

新型うつ・現代型うつ病[編集]

日本うつ病学会の出典に新型うつ病という専門用語はないとし、現代型うつ病、ディスチミア親和型などに言及しています。この後者2つの名称は、第5回日本うつ病学会シンポジウムを基にした『現代うつ病の臨床』でも言及され、専門用語に近いと思います。対して、新型うつ病というのは、そうした学術サイドからではなく、マスコミサイドから生まれてきたものなので、そういう専門用語はないとしているのでしょう。さらに非定型うつ病は正式な医学用語であるが、マスコミが医学用語の意味とは違うように使っているという背景もあります。出典とは異なった記述になっていたので訂正し、また出典等にみられる「病」が抜けていたので、追加しました。--タバコはマーダー会話) 2015年6月11日 (木) 02:13 (UTC)

記事新型うつについて[編集]

記事新型うつが編集されていたので、うつ病のノートページの方が他の方のご意見が得られ、後に分かりやすいので、こちらで議論しようと思います。

まず記事名です、新型うつ、新型うつ病、現代型うつ病などゆらぎがあり、専門家の合意である日本うつ病学会の出典では後ろに病が付きそして専門用語ではないとし、現在の加藤忠史の出典においても「いわゆる新型うつ」とされ、これが正式な呼び方ではなく俗な呼び方であることに言及しています。合意がない状態です。

その歴史とか、様々な治療法や、現代型うつ病が存在するとかしないとか、他の状態を誤診しているとかいろいろと提唱されていますが、これも一定していないです。現在「新型うつ」は、加藤忠史の新書から支配的に書かれた部分も多いです。 関連する精神疾患も『「新型うつ病」は存在しない』という書籍では、また異なって様々に紹介されています。ほかの文献では、メンランコリー親和型とか医学的な意味での非定型うつ病と比較したり、また異なります。 書くとしてもWikipedia:中立的な観点を考慮する必要があり、本記事は既に分量がありますし、マスコミ的な風というよりは、学術的な風で医学的な合意がわかりやすいですし、リダイレクトして本記事にて記述していくのがいいのではないかと思います。

ノート:メンタルヘルス#新型うつ病の取り扱いについてにも考えを記していますのでよろしくお願い致します。--タバコはマーダー会話) 2015年6月11日 (木) 05:09 (UTC)

意見が出てこないため、記事新型うつを本記事へのリダイレクトへと変更しました。--タバコはマーダー会話) 2015年9月12日 (土) 15:50 (UTC)