ノース・ウェールズ・コースト線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノース・ウェールズ・コースト線
コンウィの鉄道橋
コンウィの鉄道橋
基本情報
起点 クルー駅
終点 ホーリーヘッド駅
駅数 18
開業 1850年
所有者 ネットワーク・レール
運営者 アリーヴァ・トレインズ・ウェールズ
ヴァージン・トレインズ
路線データ
路線距離 135.80 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線、単線
電化方式 非電化
最高速度 140 km/h
テンプレートを表示

ノース・ウェールズ・コースト線とは、アリーヴァ・トレインズ・ウェールズクルーからホーリーヘッドに至る路線。ヴァージン・トレインズウェスト・コースト本線としてこの路線を位置付けている。

概要[編集]

ヴァージン・トレインズのウェスト・コースト本線にも組み込まれている路線ではあるが、非電化路線である。それゆえ、列車は気動車である。また、乗客に旅行者が多いのが特徴である。

また、チェスター駅ソルトニー・フェリー駅の間でディー川を渡り、スランディドノ駅コンウィ駅の間でコンウィ川を渡り、バンガー駅ランヴァイルプル駅の間でメナイ海峡を渡り、アングルシー島に入りホーリーヘッドへと向かう。

歴史[編集]

チェスター・クルー鉄道によってクルーからチェスターの間が建設され、1840年グランド・ジャンクション鉄道に吸収された。そして、残りの区間は1844年から1850年にかけてチェスター・ホーリーヘッド鉄道によってダブリンへの郵便路線として建設された。そして後にロンドン・アンド・ノース・ウェスタン鉄道に編入された。チェスターとソルトニーの間はシュルーズベリー・チェスター鉄道によって使用され始めたが、この会社も後にロンドン・アンド・ノース・ウェスタン鉄道に編入され、全路線が一社に統合されて今に至る。

2006年ネットワーク・レールは当路線を修理し、それ以来第26路線として扱われている。因みにクルーの周辺にある路線(ウェスト・コースト本線)は第18路線として扱われており、チェスター周辺の路線(ウォリントン方面行含む)は第22路線として扱われ、シュールズベリーよりチェスターに向かう途中のレクサム止まりの列車は第14路線として扱われている。

駅一覧[編集]

抹消線がある駅は廃駅、路線は廃線である。

本線[編集]

駅名 乗換路線  地域
クルー駅 クルー-ダービー線
ウェルシュ・マーチーズ線
クルー-マンチェスター線
ウェスト・コースト本線
チェシャー イングランド
ワールストン駅  
カルヴァリー駅  
ビーストン・キャッスル・タルボリー駅  
タッテンホール・ロード駅  
ウェバートン駅 ホイットチャーチ・アンド・タッテンホール線
チェスター駅 チェスター-マンチェスター線
ミッド-チェシャー線
シュルーズベリー-チェスター線
ソルトニー・フェリー駅 モールド鉄道 フリントシャー ウェールズ
サンディクロフト駅 モールド鉄道
クイーンズフェリー駅  
ショットン駅 ボーダーランズ線(ショットン高駅)
コナズ・キー駅  
フリント駅  
バギスト駅  
ホリウェル・ジャンクション駅 ホリウェル支線
モスティン駅  
タレイカー駅  
プレタティン駅   デンビーシャー
リル駅 ヴェール・オブ・クルーイド鉄道
キンメル・ベイ・ホールト駅   コンウィ
アルベグレ&ペンサルン駅  
コルウィン・ベイ駅  
モホドレ駅  
スランディドノ・ジャンクション駅 コンウィ・ヴァレー線
スランディドノ支線
コンウィ駅  
ペンマインマウル駅  
スランバイルペハン駅  
アベル駅   グウィネズ
バンガー駅 ベゼスダ支線
カーナボンシア鉄道
メナイ・ブリッジ駅  
ランヴァイルプル駅  
ガイルウエン駅 アングルシー・セントラル鉄道
ボドオルガン駅  
タイ・クロイス駅  
ロスナイグル駅  
ヴァレー駅  
ホーリーヘッド駅 ダブリンダン・レアリー方面への海路

スランディドノ支線[編集]

全区間がウェールズ、コンウィに所在する。

駅名 乗換路線
スランディドノ・ジャンクション駅 コンウィ・ヴァレー線
ノース・ウェールズ・コースト線本線
デガヌイ駅  
スランディドノ駅