ノバホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つくばセンタービル > ノバホール
ノバホール
Nova Hall
ノバホール(Nova hall)
情報
正式名称 ノバホール
開館 1983年6月10日
客席数 大ホール1000席
設備 大ホール・小ホール・楽屋・練習室
用途 本文参照
設計 磯崎新
運営 公益財団法人つくば文化振興財団
所在地 305-0031
茨城県つくば市吾妻一丁目10番地1
位置 北緯36度4分52.7秒 東経140度6分51.3秒 / 北緯36.081306度 東経140.114250度 / 36.081306; 140.114250座標: 北緯36度4分52.7秒 東経140度6分51.3秒 / 北緯36.081306度 東経140.114250度 / 36.081306; 140.114250
アクセス 本文参照
公式サイト http://www.tcf.or.jp/novahall/
つくば公園通り側(2階部分)

ノバホールNova Hall)は、茨城県つくば市吾妻一丁目のつくばセンタービルにある音楽ホールである。設計は磯崎新[1]1983年6月10日オープン。

概要[編集]

ホールの貸館業務の他、主催公演や「つくば国際音楽祭」の会場[2]として使われている。また、映画演劇等の鑑賞会や、オーケストラ吹奏楽劇団等の市民団体の発表、政治演説会など、地域の芸術・文化・団体活動の拠点として幅広く利用されている。ホール側面の反響板の角度が調節可能であるため、ギターソロからフルオーケストラまで各種編成での音響効果がある。

名前の由来[編集]

命名に当たって「ノバ」、「アポロ」、「パール」、「シビック」、「シグナス」、「さくら」、「つくばね」、「うたがき」、「かすみ」と言った多数の案が浮上したが、音楽芸術に関連する施設であることから、永遠に神秘な光を放つ天体の名称がふさわしいと考え、最終候補となった「ノバ」と「シグナス」のうち語感のよい「ノバ」が選定された。「ノバ」は、ラテン語の「超新星」の意味がある[3]

設備[編集]

運営[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ノバホール”. つくば文化振興財団 (2015年9月2日). 2015年12月30日閲覧。
  2. ^ つくば市 | ノバホール”. つくば市 (2015年11月17日). 2015年12月30日閲覧。
  3. ^ つくばノバホールについて”. TSUKUBA CONCERT. 2011年5月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月5日閲覧。
  4. ^ a b c ノバホール大ホール案内”. つくば文化振興財団 (2015年12月29日). 2015年12月30日閲覧。
  5. ^ ノバホール大ホール案内”. つくば文化振興財団 (2015年12月29日). 2015年12月30日閲覧。
  6. ^ ノバホール練習室案内”. つくば文化振興財団 (2015年12月29日). 2015年12月30日閲覧。
  7. ^ 公益財団法人移行及び名称変更のお知らせ” (2015年12月30日). 2015年12月30日閲覧。
  8. ^ ノバホール アクセス情報”. つくば文化振興財団 (2015年9月2日). 2015年12月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]