ノアイユ (コレーズ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Noailles
Blason gueules-bande or.svg
Noailles - Château -1.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) コレーズ県Blason département fr Corrèze.svg
(arrondissement) ブリーヴ=ラ=ガイヤルド郡
小郡 (canton) ブリーヴ=ラ=ガイヤルド=シュド=ウエスト小郡
INSEEコード 19151
郵便番号 19600
市長任期 ニコル・トリソン[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération de Brive
人口動態
人口 884人
2011年
人口密度 70人/km2
地理
座標 北緯45度06分14秒 東経1度31分25秒 / 北緯45.1039度 東経1.5236度 / 45.1039; 1.5236座標: 北緯45度06分14秒 東経1度31分25秒 / 北緯45.1039度 東経1.5236度 / 45.1039; 1.5236
標高 平均:m
最低:151m
最高:315m
面積 12.57km2 (1 257ha)
Noaillesの位置(フランス内)
Noailles
Noailles
テンプレートを表示

ノアイユNoaillesオック語:Noalhas)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏コレーズ県コミューン

地理[編集]

ラソンプション教会

ブリーヴ=ラ=ガイヤルド都市圏に位置するノアイユは、コレーズ県の低地、ブリーヴ盆地の南、カルスト台地であるマルテル台地の北にある。オートルート 20の往来、特にインターチェンジの存在により、約8km離れるブリーヴ=ラ=ガイヤルドへ直接通行可能である。

地質[編集]

ノアイユは、砕岩質のブリーヴ盆地とアキテーヌ盆地の堆積層の間の接合部である、堆積岩層の上にある。これら岩の2つの集合体の境界は、メサックにある東西の断層で示されている。こうした堆積岩は水による侵食に非常にもろく、丘の存在は侵食された地形である説明がつき、コミューン南部ではカルストの特徴を見せている。

歴史[編集]

13世紀以来続くフランス貴族、ノアイユ家の祖先はこの地の出身である。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
358 360 383 515 648 756 754 884

参照元:1999年までEHESS[2]、2004年以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

  • ラソンプション・ド・ノートルダム教会[5] - 丘に腰掛けるようにして建つ。
  • シャトー・ド・ノアイユ[6] - 教会の隣にある

脚注[編集]