ネフェルネフェルウアトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ネフェルネフェルウアトン[注 1]は、 古代エジプトの アマルナ時代 (紀元前1330年ごろ)の王族の名前である。 印章から知られている接尾辞 Achetenhyes (「夫に良い」)が、女性であったことを示している。 名前がカルトゥーシュ (王室の名前を囲む楕円形)の中に書かれているため、王族に分類される。

背景[編集]

アマルナのカルトゥーシュ:女性インジケーターと形容詞句があるもの(93)、名前と形容詞句があるもの(94)形容詞句がないもの(95)

アマルナ時代の研究に関する大きな問題は、それがわずか数十年後に後続の王によって歴史から消去されたことである。

これに加えて、ネフェルネフェルウアトンの王座名がセメンチカレと同じであるという難しさがある 。ネフェルネフェルウアトンの名前は「Anchet-cheperu-Re(メリットwa-en-Re)」である( twˁnRˁ] )、 [1] 、セメンチカレの男性形は「Anch-cheperu-Re」 [2]である。 王座名は通常一意であるため、これは非常にまれな状況である。 右の図は、3つのバリアントを示している。これらは今日、すべてセメンチカレではなくネフェルネフェルウアトンに割り当てられている。 このことはセメンチカレの王位名が形容詞句を伴わないことから区別される。

十分な証拠がないことから、ネフェルネフェルウアトンの名前、性別、アイデンティティ、および基本的な存在は、過去数十年間もエジプト学者によって疑問視され、議論されてきた。

歴史の発見と研究[編集]

ツタンカーメンの墓KV62には、ネフェルネフェルウアトンまたはセメンチカレに割り当てることができるいくつかのオブジェクトがある。それらから玉座名 Anch-cheperu-Reと固有名 ネフェルネフェルウアトンの両方を再構築できる。Marianne Eaton-Kraussの研究によれば、ツタンカーメンの石棺でさえも最初から彼のために用意されたものではなかったようである。ツタンカーメンという名前で上書きされている石棺のカルトゥーシュから、元の名前は再構築できなかった。同じことは、宝庫にある腸を収めた棺に描かれた王の顔の特徴が他の宝物でのツタンカーメンの表現と異なることに当てはまる可能性がある。

ペイリという名前の司祭のものであるテーベの墓TT139の碑文冒頭にある出来事の時として次のことが記されている。


統治3年、洪水の3か月目、10日目。上エジプトと下エジプトの王、二国領主「Anchcheperure meri Aten」「Neferneferuaton meri Waenre」の息子。

1980年代まで、ネフェルネフェルウアトンとセメンチカレはこれらの発見に基づいて同一視されていた。1973年に、エジプト学者ジョン・R・ハリスが、いくつかのカルトゥーシュが「Anchet-cheperu-Re」または「merit」という名の女性形を持っていることを発見した。[3]これは、その人物が女性なのか男性なのかあるいはゲイであるのかどうかについての議論につながった。ロルフ・クラウスは1978年にネフェルネフェルウアトンとセメンチカレは異なる人物であるとする説を提案した。1988年にジェームズ・P・アレンは、「Anch(et)-cheperu-Re」という王座名と「ネフェルネフェルウアトン」という固有名が一緒に現れたときには、ほとんどの場合にAkenhenatenを指す別名が付随することを発見し、クラウスの説を支持した。一方、「Anch-cheperu-Re」と「セメンチカレ」という名前が一緒に現れたときには、この言い回しは常に欠落していた。 [4]

1998年に、Marc Gaboldeはツタンカーメンの墓から発見されたオブジェクトのうち元々ネフェルネフェルウアトンのものであったとみられるいくつかの物の銘文が「meri nefer-cheperu-Re」(「Nefer-cheperu-Reに愛されている」)ではなく、元々「Achetenhyes」 (「夫にとって良いこと」)であったという結論に達した。この銘文は女性にのみ合てはまる。[5]数年後、シナイ半島のテルエルボルグで印章が見つかった。これは、この形式の名前も反映している(Nfr-nfrw-Jtn3ḫt-n-hy= s)。[6]

ベルリン新博物館の石碑17813

カナダのエジプト学者Valérie Angenotは2019年にアマルナ期のいくつかの王室の胸像とプスケントを着用した人物がケプレシュを着用した人物の顎をなぜる石碑17813を記号論的に調査した。この異常に親密なジェスチャーは、この形式ではアクエンアテンの娘の表現のためにのみ使われている。彫像の比率を既知の王女の彫像と比較することにより、彼女はハノーバーのアクエンアテンの胸像を彼の娘の一人の画像として、そして王女の状態からファラオへの移行の表現として見る。[7]

アイデンティティと位置[編集]

この人物についてはさまざまな説がある。

  • マーク・ガボルデは、アクエンアテンネフェルティティの長女メリトアテンであるとする。[8]
  • ジェームズ・P・アレンは、アクエンアテンとネフェルティティの4番目の娘ネフェルネフェルウアトンタシェリットであるとする。[9]
  • エイダン・ドドソンは、ほとんどのカルトゥーシュで囲まれたフルネームがネフェルネフェルウアテン・ネフェルティティであるネフェルティティであるとする。[10]
  • Valérie Angenotはメリトアテンとネフェルネフェルウアトンタシェリットの2人が共通の名前で統治したとする。[7]

彼女の名前がカルトゥーシュで表現されていることと、通常王女の名前はカルトゥーシュで書かれていないことから、ネフェルネフェルウアトンが支配的なファラオとして君臨していたと仮定することができる。これは、パイリの墓の碑文からも示唆されている。アクエンアテンツタンカーメンの治世は直結しておらず、いくつかの説があるもののその間に1〜4年の期間があるという点については一般的なコンセンサスがある。

ネフェルネフェルウアトンの名前の追加が主にアクエンアテンを指しているという事実は、アレンによると、密接な関係を指し示すだけでなく、王座に対する彼らの主張を正当化するための試みでもあり得る。したがって、セメンチカレは王位の直接の競争相手であったかもしれない。セメンチカレはアクエンアテンの直接の後継者であったがすぐに亡くなり、ネフェルネフェルウアトンが彼に続いたとする学者もいる。一部のエジプト学者によると、この名前はネフェルネフェルウアトンがしばらくの間、アクエンアテンの共同摂政であったことを意味している可能性もある。

最終的に彼女の墓の大部分がツタンカーメンの葬儀に使用されたという事実は、ネフェルネフェルウアトンの後継者がファラオの葬儀を許可することを拒否したことを示唆している。[11]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヒエログリフでは母音を記載しないためネフェルネフェルアテンなどの表記も使われる。

出典[編集]

  1. ^ William Matthew Flinders Petrie: Tell el-Amarna. With chapters by A. H. Sayce, Francis Llewellyn Griffith and F. C. J. Spurrell. Methuen, London 1894, Tafel 16, S. 92–93.
  2. ^ J. D. S. Pendlebury: The City of Akhenaten. Band III, Nr. 2: The Central City and the Official Quarters. Egypt Exploration Society (EES), London 1951, S. 44, Tafel 108.
  3. ^ J. R. Harris. Neferneferuaten. pp. 15-17. 
  4. ^ James P. Allen. Two Altered Inscriptions of the Late Amarna Period. 
  5. ^ Marc Gabolde. D’Akhenaton à Tout-ânkhamon. diff. de Boccard. pp. 153-157. ISBN 978-2911971020. 
  6. ^ J. K. Hoffmeier, J. van Dijk: New Light on the Amarna Period from North Sinai. In: Journal of Egyptian Archaeology. Band 96, 2008, S. 201–202
  7. ^ a b Une historienne de l’art de l’UQAM découvre une reine-pharaon inconnue jusqu’à ce jour. 15. April 2019, abgerufen am 27. April 2019 (französisch).
  8. ^ M. Gabolde: D'Akhenaton à Toutânkhamon. Lyon, Paris 1998, S. 183–185
  9. ^ J. P. Allen: The Amarna Succession. In: P. J. Brand, L. Copper (Hrsg.): Causing His Name to Live. Leiden 2009, ISBN 978-9004176447, S. 18–19
  10. ^ Aidan Dodson: Amarna Sunset: Nefertiti, Tutankhamun, Ay, Horemheb and the Egyptian Counter-Reformation. Cairo 2009, ISBN 978-9774163043, S. 42–46
  11. ^ Aidan Dodson. Amarna Sunset. The American University in Cairo Press.