メレスアンク3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メレスアンク3世のヒエログリフ表記
mrsanx

メレスアンク
Mrs ˁnḫ
Group of Hetepheres II and Meresankh III-30.1456-IMG 4559-gradient.jpg
ヘテプヘレス2世(左)は、亡くなった娘メレスアンク3世(右)を抱擁している(MFA 30.1456)

メレスアンク3世(Meresankh III)は、ヘテプヘレス2世カワブの娘で、エジプトのファラオであるクフの孫娘。 彼女はカフラーの妻だった。

経歴[編集]

彼女の両親は兄弟姉妹婚だった。彼女はエジプト第4王朝のファラオであるカフラーと結婚し、4人の息子と、シェプセトカウという娘を産んだ[1]。彼女は「王の娘」と「偉大なる王笏、王の妻」の称号を保持していた[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Meresankh III
  2. ^ Tyldesley, Joyce. Chronicle of the Queens of Egypt. Thames & Hudson. 2006., p.45. ISBN 0-500-05145-3