ニック・ドダニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニック・ドダニ
Nik Dodani
ニック・ドダニ Nik Dodani
2018年撮影
生年月日 (1993-12-19) 1993年12月19日(28歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
職業 俳優,コメディアン
ジャンル 映画,テレビドラマ
活動期間 2008 -
主な作品
ユニークライフ
テンプレートを表示

ニック・ドダニNik Dodani, 1993年12月19日[1] - )はアメリカ合衆国俳優コメディアン政治活動家である。

キャリア[編集]

ドダニは俳優として映画やテレビドラマに出演する傍ら、スタンダップ・コメディアンとしての活動も行っている。2018年9月28日には、『The Late Show with Stephen Colbert』に出演した[2]。10月12日、ドダニが脚本家デビューを果たすことになったと報じられた[3]

政治との関わり[編集]

ドダニはオクシデンタル大学政治学を専攻していた[4]。在学中、ドダニは政治コンサルティング会社のRALLYで一年間働き、LGBTの権利をめぐる運動に関与した[4]2015年10月20日、『バズフィード』はドダニを「インドにおけるLGBT運動で革新的な業績を上げた14人」に選出した[5]2016年のアメリカ合衆国大統領選挙の際に、ドダニは革新派の政治団体として知られるMoveOnでプロデューサーを務め、Laughter Trumps Hateと題したコメディツアーを敢行した[6]。それはドナルド・トランプの当選を阻止するためのものであったが、結局はトランプが大統領として選出された。

出演作品[編集]

映画[編集]

タイトル 役名 注記
2015 Tooken Raj
2016 母が教えてくれたこと
Other People
ロン クレジットなし
Goodbye, Felix Chester Ankush
グッド・ネイバー
The Good Neighbor
サンジェイ
2018 アレックス・ストレンジラブ
Alex Strangelove
ブレイク
Dark Was The Night Seamus
2019 エスケープ・ルーム
Escape Room
ダニー・カーン
2021
Mark, Mary & Some Other People
Kyle
エスケープ・ルーム2:決勝戦
Escape Room: Tournament of Champions
ダニー・カーン 回想シーンのみ
ディア・エヴァン・ハンセン
Dear Evan Hansen
ジャレッド・カルワニ

テレビ番組[編集]

タイトル 役名 注記
2008 Living with Abandon Paku テレビ映画
2014 The Comeback Harry 計2話に出演
Selfie Bookstore Employee 1話のみの出演
2015 Kevin from Work Paul Garfunkle 計2話に出演
The Player Solomon Desai 1話のみの出演
2017 ユニークライフ
Atypical
ザヒード 計17話に出演
Idiotsitter 1話のみの出演
2018 - TVキャスター マーフィー・ブラウン
Murphy Brown
パット・パテル レギュラー出演
2018 Angie Tribeca CRISPIN_GLOVES0FF295 1話のみの出演
2019-2020 トリンケット 〜小さな宝物〜
Trinkets
Chase
2021 アウルハウス
The Owl House
Gavin (voice) 1話のみの出演

出典[編集]

  1. ^ Nik Dodani”. CBS. 2019年1月30日閲覧。
  2. ^ Murphy Brown Star Jokes About Being Gay and Indian on Stephen Colbert”. Advocate.com (2018年9月29日). 2019年1月30日閲覧。
  3. ^ Film News Roundup: ‘Murphy Brown’ Star Nik Dodani Writing ‘Blue Boy’ Script”. Variety (2018年10月12日). 2019年1月30日閲覧。
  4. ^ a b Gay, Indian And Disappointed: Check Out Nik Dodani’s Brand Of Stand-Up Comedy”. Homegrown (2017年2月27日). 2019年1月30日閲覧。
  5. ^ 14 People Revolutionising India's Fight For LGBT Rights”. Buzzfeed (2015年10月20日). 2019年1月30日閲覧。
  6. ^ Comedy Competition Will Focus on Taking Down Trump”. The Interroband (2016年7月31日). 2019年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]