ニコラ・ヴァッカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコラ・ヴァッカイ
Nicola Vaccai
Nicola Vaccai italian song teacher & composer.jpg
基本情報
生誕 1790年3月15日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領トレンティーノ
死没 (1848-08-06) 1848年8月6日(58歳没)
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領ペーザロ
ジャンル クラシック
職業 作曲家、歌唱指導者

ニコラ・ヴァッカイ(Nicola Vaccai, 1790年3月15日 - 1848年8月6日)は、イタリア作曲家、歌唱指導者。特にオペラの分野で活躍した。

生涯[編集]

作曲家として[編集]

ヴァッカイはトレンティーノに生まれ、ペーザロで育った。この地で音楽を学んでいた彼であったが、法律を学ばせようと両親にローマへと送られる。法律家になる意志のなかったヴァッカイは声楽のレッスンを受け、その後ローマの重要な作曲家であったジュゼッペ・ジャンナッコーニフランス語版の下で対位法を学んだ。21歳になるとナポリへと赴き、パイジエッロの門下に入った。彼の『セヴィリアの理髪師英語版』は35年後にロッシーニの『セビリアの理髪師』によって追いやられるまでの間、喜劇の傑作と考えられていた作品であった[1]

ヴェネチアでキャリアをスタートさせたヴァッカイは、バレエの作曲や歌唱指導によって主に生活費を稼いでいた。オペラで最初に成功を収めたのは、1815年ナポリで発表した『I solitari di Scozia』であった。パルマで委嘱を受けて作曲した『Pietro il grande』の初演の舞台では、彼自身も独唱者の1人として舞台に上がった。この後『Zadig e Astartea』(1825年、ナポリ)、そして彼の最も有名なオペラ『ジュリエッタとロメオ英語版』(1825年、ミラノ)が続く。

1832年4月に最大の成功作である『ジュリエッタとロメオ』がキングズ・シアターで上演されるのに伴い、ヴァッカイはロンドンに一時滞在した。自身の魅力と大陸での評判によって音楽界に溶け込んだヴァッカイは、すぐに教師として引っ張りだことなる。

イギリス逗留を終えてイタリアへ戻ったヴァッカイは、1838年ミラノ音楽院の院長並びに作曲の教授に就任した。6年後に体調を崩して職を辞した後、幼少期を過ごしたペーザロに居を構え、この地で16作目のオペラを完成させた。ヴァッカイは1848年、ペーザロに没した。

歌唱指導者として[編集]

現在[いつ?]ベッリーニの影に隠れたヴァッカイは、主に歌唱指導者として記憶されている。彼の著名な門人にはソプラノマリアンナ・バルビエーリ=ニーニがいる。

ヴァッカイは多くの本を執筆した。その中の1冊である1832年の『実践的声楽法』(Metodo pratico de canto)は、学生に対してイタリアのレガートの様式による歌唱法を指導するため、アルトの他にバスなどの低い声域用にも適用可能なように移調されている。この教本は現在も出版されており、教材として使用されることもある。ヴァッカイは序文の中で、唯一自らの鍛錬を正確に披露できる巨匠の声だけが、真のレガート歌唱の正しい技法によって学生を指導することができると記している。また、この著作は19世紀初頭のオペラ公演の情報を伝える重要な史料でもある。

歌劇[編集]

タイトル 都市と劇場名 初演年月日
I solitari di Scozia ナポリ、Teatro Nuovo 1815年2月18日
マルヴィーナ ヴェネツィア、Teatro San Benedetto 1816年6月8日
Il lupo di Ostenda, ossia
L'innocenza salvata dalla colpa
ヴェネツィア、Teatro San Benedetto 1818年6月17日
Pietro il grande, ossia
Un geloso alla tortura
パルマ、ドゥカーレ劇場
レージョ劇場英語版
1824年1月17日
La pastorella feudataria トリノ、Teatro Carignano 1824年9月18日
Zadig ed Astartea ナポリ、Teatro San Carlo 1825年2月21日
ジュリエッタとロメオ英語版 ミラノ、Teatro della Canobbiana 1825年10月31日
Bianca di Messina トリノ、、Teatro Regio 1826年1月20日
Il precipizio, o Le fucine di Norvegia ミラノ、Teatro alla Scala 1826年8月16日
Giovanna d'Arco ヴェネツィア、Teatro La Fenice 1827年2月17日
Saladino e Clotilde ミラノ、Teatro alla Scala 1828年2月4日
Azmir e Netzareo マドリード、Principe 1828年6月28日
Alexi ナポリ、Teatro San Carlo 1828年7月6日
Saul ナポリ、Teatro San Carlo 1829年3月11日
作曲年は1825年から1826年
ジョヴァンナ・グレイ英語版 ミラノ、Teatro alla Scala 1836年2月23日
Marco Visconti トリノ、Teatro Regio 1838年1月27日
メッシーナの花嫁 ヴェネツィア、Teatro La Fenice 1839年3月2日
Virginia ローマ、Teatro Apollo 1845年1月14日

出典[編集]

  1. ^ J.G. Paton, 'Introduction', in Nicola Vaccai, Practical Method of Italian Singing ed. J.G. Paton (G. Schirmer, 1975), pp. iii-iv.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]