ニコラエ・ティモフティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコラエ・ティモフティ
Nicolae Timofti
President of Moldova, Nicolae Timofti.jpg
ニコラエ・ティモフティ(2013年7月)

任期 2012年3月23日2016年12月23日
首相 ヴラド・フィラト
ユリエ・レアンカ英語版ルーマニア語版
キリル・ガブリッチ英語版ルーマニア語版
ナタリア・ゲルマン英語版ルーマニア語版(代行)


ヴァレリウ・ストレレット英語版ルーマニア語版
ゲオルゲ・ブレガ英語版ルーマニア語版(代行)
パベル・フィリプ


出生 (1948-12-22) 1948年12月22日(70歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Moldavian Soviet Socialist Republic (1941-1952).svg モルダビア・ソビエト社会主義共和国チュトゥレシュティ
政党 無所属
出身校 モルドバ国立大学
配偶者 マルガレータ・ティモフティ

ニコラエ・ティモフティモルダヴィア語: Nicolae Timofti1948年12月22日 - )は、モルドバの政治家、裁判官。2012年3月23日より2016年12月23日まで、モルドバの大統領を務めた。モルドバ最高裁判所長官であった同年3月16日に、国会から大統領に選出された[1]ニコライ・チモフチとも表記される。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

モルダビア・ソビエト社会主義共和国チュトゥレシュティで、エレナ(1927年生まれ)とヴァシーレ・ティモフティの間に生まれる[2]。4人の兄弟がいた[要出典]。1949年の初めに、一家はフロレシュティに移住。その年の7月6日に父方の祖父トゥドール・ティモフティがソ連当局に粛清され、1953年にアムール州で死去した[3]

ニコライは弁護士のマルガレータ・ティモフティと結婚し、アレクセイ(1977年生、ワシントンD.C.世界銀行に法律家として勤める)、ニク(1980年生、キシニョフでスポーツ・ジャーナリストとして活動)、シュテファン(1989年生、キシニョフで経済学を学ぶ)の三人の息子をもうけた[4]

モルドバ国立大学のロー・スクールを1972年に卒業後、裁判官となる1976年までの数年間をソビエト陸軍で過ごした。ミハイ・ギンプは「彼とは1990年代に改革を始めた時からの仲だ」と語っている[4]。2005年に高等裁判所に異動し、2011年に最高裁判所長官に就任した[4]

大統領職[編集]

国会で選出された後、ティモフティは以前からのモルドバのヨーロッパ寄りの路線を踏襲するとし、この方針は「継承されねばならず」[5]、国の将来は「なによりもヨーロッパの将来である」と述べた[4]。ギンプ元大統領代行は、ティモフティを評して「モルドバ共和国に多くをもたらす、進取の気性に富んだ人」と呼んだ[4]

脚注[編集]

  1. ^ Paul Ciocoiu (2012年3月16日). “Cine e Nicolae Timofti, noul președinte al Republicii Moldova?” (Romanian). EVZ.ro. 2012年3月16日閲覧。
  2. ^ Criza din R. Moldova s-ar putea încheia vineri cu alegerea lui Nicolae Timofti la preşedinţie” (Romanian). Mediafax .ro (2012年3月15日). 2012年3月16日閲覧。
  3. ^ NICOLAE TIMOFTI A FOST VOTAT PREȘEDINTE AL R. MOLDOVA – 16 MARTIE ZI ISTORICĂ”. Timpul.md (2012年3月16日). 2012年3月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e By RFE/RL's Moldovan Service (2012年3月17日). “Profile: Who Is Moldova's New President-Elect?”. Rferl.org. 2012年3月21日閲覧。
  5. ^ Washington Post, Moldova elects pro-European judge Timofti as president, ending 3 years of political deadlock

外部リンク[編集]

公職
先代:
マリアン・ルプ
代行
モルドバの大統領
2012年 - 2016年
次代:
イゴル・ドドン