ニクズク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニクズククロンキスト体系
Myristica fragrans - Köhler–s Medizinal-Pflanzen-097.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: モクレン目 Magnoliales
: ニクズク科 Myristicaceae
: ニクズク属 Myristica
: ニクズク M. fragrans
学名
Myristica fragrans
Houtt. (1774)[1]
シノニム
  • Aruana silvestris Burm.f.
  • Myristica aromatica Sw.
  • Myristica aromatica Lam.
  • Myristica moschata Thunb.
  • Myristica officinalis L.f.
  • Palala fragrans (Houtt.) Kuntze[2]
和名
ニクズク
英名
Nutmeg

ニクズク(肉荳蔲、学名: Myristica fragrans)は、インドネシアモルッカ諸島(別名、香料諸島)原産のニクズク科の常緑高木の一種である。香辛料のナツメグおよびメースの主要な源として重要である[3]。中国の広東省雲南省台湾インドネシアマレーシア、カリブ海のグレナダ、インドのケーララ州スリランカ、南米を含む熱帯地方各地で広く栽培されている[3][4]

生薬としての種皮を取り除いた種子もニクズク(ラテン語名: Myristicae semen)と呼ばれる[5]

解説[編集]

ニクズクは常緑樹であり、樹高は通常5–15 mであるが、ティドレ英語版では20 mや30 mに達することもある。互生葉の色は濃い緑色で、長さは5–15 cm、幅は2–7 cm、葉柄はおよそ1 cmである。ニクズクは雌雄異体性英語版である、すなわち「雄」または雄花と「雌」または雌花英語版が別の植物体上に出てくる。しかし、まれに両方の種類の花をつける固体もある。花序は釣鐘形、薄黄色でいくぶん蝋分が多く、肉厚である。雄花は1つから10の群として配置され、それぞれが長さ5–7 mmである。雌花は1つから3つとより小さな群であり、長さは最大10 mmと雄花よりいくぶん長い[6]

雌株は滑らかな黄色の卵形またはナシ形の果実を付ける。果実の長さは6–9 cm、直径は3.5–5 cmである。果実は肉厚の殻を持つ。熟すと、殻は果実の全長にわたる隆線に沿って半分に割れる。中には紫色–茶色の艶のある種子がある。種子の長さは2–3 cm、幅はおよそ2 cmで、赤色または深紅色の仮種皮で覆われている。種子は香辛料のナツメグの、仮種皮はメースの基源である[3][6]

分類[編集]

ニクズクは、1774年にオランダの植物学者マールテン・ホッタインによって二名法 英語版による学名が与えられた。それより以前にもゲオルク・ルンフィウスらによって記載されていた[7]。種小名のfregransは「良い香りの」という意味である[8]

シノニム[編集]

  • Aruana silvestris Burm.f.
  • Myristica aromatica Sw.
  • Myristica aromatica Lam.
  • Myristica moschata Thunb.
  • Myristica officinalis L.f.
  • Palala fragrans (Houtt.) Kuntze[2]

画像集[編集]

出典[編集]

  1. ^ Myristica fragrans Houtt.”, Tropicos, http://www.tropicos.org/Name/21800077 2014年6月7日閲覧。 
  2. ^ a b The Plant List. “Myristica fragrans”. 2019年6月19日閲覧。
  3. ^ a b c Myristica fragrans Houttuyn”, Flora of China (eFloras.org), http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=200008618 2014年6月7日閲覧。 
  4. ^ "Myristica fragrans". Germplasm Resources Information Network (GRIN). Agricultural Research Service (ARS), United States Department of Agriculture (USDA). 2014-06-07閲覧.
  5. ^ 生薬詳細 ニクズク”. 薬用植物総合情報データベース. 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 薬用植物資源研究センター. 2019年6月18日閲覧。
  6. ^ a b Orwa, C.; Mutua, A.; Kindt, R.; Jamnadass, R. & Simons, A. (2009), Myristica fragrans, Agroforestree Database: a tree reference and selection guide (version 4.0), http://www.worldagroforestry.org/af/treedb/ 2014年6月7日閲覧。 
  7. ^ Houttuyn, M. (December 1774), Natuurlijke Historie, 2, p. 333, https://www.biodiversitylibrary.org/page/42619945 2014年6月7日閲覧。 
  8. ^ Hyam, R. & Pankhurst, R.J. (1995), Plants and their names : a concise dictionary, Oxford: Oxford University Press, p. 198, ISBN 978-0-19-866189-4