ニクズク科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニクズク科
ニクズク
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : モクレン類 magnoliids
: モクレン目 Magnoliales
: ニクズク科 Myristicaceae
学名
Myristicaceae
Diels (1917)

ニクズク科 Myristicaceaeモクレン目の一つ。全世界の熱帯域に自生する。色のついた樹液(通常は赤)を分泌することと、入り組んだ仮種皮を持つことが特徴である[1][2]

クロンキスト体系新エングラー体系でもモクレン目とされていた。

分類[編集]

21属に約500種が属する[3]

系統[編集]

次のような系統樹が得られている[3]


myristicoids

Scyphocephalium



Horsfieldia



Gymnacranthera



Knema




Paramyristica



ニクズク属





Compsoneura




Endocomia



Virola






Haematodendron



Bicuiba





Iryanthera



Osteophloeum







pycnanthoid

Otoba




Coelocaryon



Pycnanthus




mauloutchioids

Staudtia




Cephalosphaera



Doyleanthus




Brochoneura



Maloutchia








脚注[編集]

  1. ^ Myristicaceae in Watson, L., and Dallwitz, M.J. 1992 onwards. The families of flowering plants: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval. Version: 29th July 2006
  2. ^ Myristicaceae in Stevens, P. F. (2001 onwards). Angiosperm Phylogeny Website Version 7, May 2006 [and more or less continuously updated since]
  3. ^ a b Sauquet, Herve, et al. (2003). "Phylogenetic analysis of Magnoliales and Myristicaceae based on multiple data sets: implications for character evolution". Botanical Journal of the Linnean Society 142 (2): 125–186. doi:10.1046/j.1095-8339.2003.00171.x.