ニクズク科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニクズク科クロンキスト体系
ニクズク
ニクズク
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: モクレン目 Magnoliales
: ニクズク科 Myristicaceae
学名
Myristicaceae
Diels (1917)

本文参照

ニクズク科 (Myristicaceae) は双子葉植物のひとつで 東南アジアからオーストラリア熱帯におよそ20300-500が分布する。

分類[編集]

属の一例:Bicniba(ビクイバ属), Brochoneura(ブロコネウラ属), Cephalosphaera(ケパロスパエラ属), Coelocaryon(コエロカリオン属), Compsoneura(コムプソネウラ属), Endocomia(エンドコミア属), Gymnacranthera(ギムナクランテラ属), Haematodendron(ハエマトデンドロン属), Horsfieldia(ホルスフィエルディア属), Iryanthera(イリアンテラ属), Knema(クネマ属), Mauloutchia(マウロウトキア属), Myristicaニクズク属), Osteophloeum(オステオプロエウム属), Otoba(オトバ属), Pycnanthus(ピクナンツス属), Scyphocephalium(スキフォケパリウム属), Staudtia(スタウディティア属), Virola(ウィロラ属)

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系では、モクレン目の中で最も早く分岐したとされる。

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系ではモクレン目に入れ、原始的な被子植物と見なす。

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系でもモクレン目に入れる。

外部リンク[編集]