ナポレオン・コスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナポレオン・コスト

ナポレオン・コスト(フランス語:Claude Antoine Jean Georges Napoléon Coste、1805年6月28日1883年2月17日)はフランスのギタリスト・作曲家。

母親からギターの手ほどきを受け、1826年にパリに移る。パリではフェルナンド・ソルから指導をうけ、名声をあげる。しかし時代はギター音楽の衰退期であり、作曲の出版には苦労した。

1863年に、腕の故障によって演奏活動の停止を余儀なくされる。しかし作曲や、アシスタントを使った教授活動は続けた。

7弦ギターを愛好しており、現在一般的な6弦のクラシックギターでは原曲どおりに弾けない作品も多い。