ナチョ・ビガロンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はビガロンド第二姓(母方の)はパラシオスです。
ナチョ・ビガロンド
Nacho Vigalondo
Nacho Vigalondo
本名 Ignacio Vigalondo Palacios
イグナシオ・ビガロンド・パラシオス
生年月日 (1977-04-06) 1977年4月6日(42歳)
出生地 スペインの旗 スペイン カンタブリア州カベソン・デ・ラ・サル英語版
国籍 スペインの旗 スペイン
職業 映画監督脚本家・映画製作者・俳優

ナチョ・ビガロンドNacho Vigalondo, 1977年4月6日 - )は、スペインカンタブリア州出身の映画監督脚本家・映画製作者・俳優。本名はイグナシオ・ビガロンド・パラシオス(Ignacio Vigalondo Palacios)。

経歴[編集]

1977年にカンタブリア県カベソン・デ・ラ・サル英語版に生まれ、バスク州バスク大学を卒業した。短編『7:35 de la Manaña』(2003年)では、第77回アカデミー賞では短編映画賞にノミネートされ、ヨーロッパ映画賞でも短編映画賞にノミネートされ、バレンシア国際映画祭とドラマ短編映画祭で受賞した[1]

2007年には、初の長編映画となる『TIME CRIMES タイムクライムス』を監督した[2]。1時間前にタイムスリップしてしまった中年男を描いたSFスリラーであり、カラ・エレハルデを主演に据えている。この作品はサンダンス映画祭で好評価を受け、アムステルダム・ファンタスティック映画祭では作品賞を、ラテンビート映画祭では監督賞を、オースティン映画批評家協会賞では作品賞を受賞した。『TIME CRIMES タイムクライムス』はデヴィッド・クローネンバーグ監督によってハリウッドリメイクが計画されている。2011年には、理想の女性と一夜を過ごした翌朝にUFOの大群に出会ってしまった青年を描いたSFコメディ『エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる』を監督した。2014年には、サスペンススリラー『ブラック・ハッカー』を監督し、「のぞき役」の主演にイライジャ・ウッドを、お色気担当にセクシー女優のサーシャ・グレイを据えた。

ホラー映画ベスト3として、『』(1963年、アルフレッド・ヒッチコック監督)、『エイリアン』(1979年、リドリー・スコット監督)、『ウィッカーマン』(1973年、ロビン・ハーディ監督)を挙げている。

フィルモグラフィー[編集]

製作者として[編集]

  • 短編映画/ビデオクリップ
    • Una lección de cine(1999年) - ビデオ
    • Código 7(2002年) - 三部作・ビデオ
    • 7:35 de la mañana(2003年) - 35 mm
    • Choque(2005年) - 35 mm
    • Domingo(2005年) - HDV
    • Cháchara(2007年) - ビデオ
    • Cambiar el mundo(2007年) - Móvil NokiaN95
    • Quiero dormir(2009年) - RedOne
    • Marisa(2009年) - HDV
    • Planilandia(2013年)

俳優として[編集]

受賞[編集]

部門 作品 結果
2004 短編映画賞 7:35 de la mañana ノミネート
部門 作品 結果
2007 脚色賞 TIME CRIMES タイムクライムス ノミネート

脚注[編集]

外部リンク[編集]