ナウル航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナウル航空
IATA
ON
ICAO
RON
コールサイン
AIR NAURU
設立 1970年2月14日
ハブ空港 ナウル国際空港
保有機材数 5機
就航地 9都市
本拠地 ナウル
代表者 Geoffrey Bowmaker
外部リンク http://www.nauruairlines.com.au/
テンプレートを表示

ナウル航空(Nauru Airlines)は、ナウル航空会社。1970年~2006年まではエア・ナウル(Air Nauru、ナウル航空とも)と、2006年~2014年7月31日はアワー航空(Our Airline)[1]と称していた。

概要[編集]

前身[編集]

前身のエアナウルは1970年に設立され、ナウル島の中心地、ヤレン地区にあるナウル国際空港をベースに、ボーイング727ボーイング737-200、フォッカー F28などでオーストラリアニュージーランドなどの近隣諸国や日本鹿児島空港那覇空港)、グアムホノルルなどの太平洋地域を中心に就航していた。機体の整備等は外国に委託していた。

しかし、ナウルの主要産業であったリンの採掘が枯渇したために、1990年代に国家財政が破たんした。その後も運航を続けていたが、2000年代に入り経営状況が逼迫し、2005年12月にオーストラリアメルボルンで債権者によってボーイング737-400を差し押さえられた。

社名変更[編集]

ボーイング737-300

しかしナウルが国交を結んでいる主要な援助国である中華民国政府の援助によりボーイング737-300型機を新たに購入。2006年9月より運航を再開し、同時に社名をアワー航空に変更した。

2014年8月1日には、社名が現在のナウル航空に再び変更された[1]。また、これ以降ボーイング737-300の追加導入を進めるとともに、貨物専用機も導入した。

現在[編集]

現在はオーストラリアのカンタス航空とのコードシェア運航や、キリバス航空からウェットリースの運航も委託するなどネットワークを拡大している。

就航先[編集]

以前運航していたフォッカー F28

ナウル航空時代はフォッカー F28ボーイング727-100ボーイング737-200鹿児島空港那覇空港にも乗り入れていた。日本から撤退した理由はパイロット不足によるもの。東京にあったナウル航空支社の家賃を滞納していたとも言われる。

運航機材[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Zabeena (2014年7月15日). “Nauru's airline rebrands as Nauru Airlines”. Fiji One News. 2016年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]