ドロシー・バンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドロシー・バンディ
Dorothy Bundy
Tennis pictogram.svg
Dorothy Bundy 1929.jpg
ドロシー・バンディ
基本情報
フルネーム Dorothy May Bundy Cheney
愛称 Dodo(ドド)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日 (1916-09-01) 1916年9月1日
没年月日 (2014-11-23) 2014年11月23日(98歳没)
死没地 同・カリフォルニア州エスコンディード
利き手
殿堂入り 2004年
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1938)
全仏 ベスト4(1946)
全英 ベスト4(1946)
全米 ベスト4(1937・38・43・44)
優勝回数 1(豪1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(1938)
全米 準優勝(1940・41)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 準優勝(1946)
全英 準優勝(1946)
全米 準優勝(1940・44)

ドロシー・メイ・バンディ・チェイニーDorothy May Bundy Cheney, 1916年9月1日 - 2014年11月23日)は、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス出身の女子テニス選手。1938年全豪選手権女子シングルス優勝者で、アメリカ人の女子選手として最初の全豪優勝者になった人である。両親ともテニスの名選手という家庭に生まれ育ち、自らも傑出したテニス・チャンピオンに成長した彼女は、テニス経歴の長さでも傑出した実績を残している。“Dodo”(ドド)の愛称でも呼ばれ親しまれた。

来歴[編集]

彼女の両親は、母親が国際テニス殿堂入りしたメイ・サットン1886年 - 1975年)で、父親のトーマス・バンディ英語版1881年 - 1945年)は全米選手権の男子ダブルスでモーリス・マクローリン1890年 - 1957年)と組んで1912年-1914年に3連覇を達成した人である。両親は1912年に結婚し、4年後の1916年9月1日にひとり娘のドロシーが生まれた。ドロシーは早くから叔母のフローレンス・サットンにテニスを習い、両親譲りの技能を伸ばしていく。1936年に20歳で全米女子テニスランキングのトップ10に入り、全米選手権に初出場。翌1937年全米選手権で、ドロシーは準々決勝で前年度優勝者のアリス・マーブルを破る勝利を挙げたが、続く準決勝でアニタ・リザナチリ)に敗退した。1938年、ドロシー・バンディは初めてオーストラリアに遠征し、唯一の全豪選手権出場で女子シングルス・女子ダブルスの2部門に決勝進出を果たす。バンディは女子シングルス決勝でドロシー・スティーブンソン(オーストラリア)を 6-3, 6-2 で破り、全豪選手権の女子シングルスで最初のアメリカ人優勝者に輝いた。女子ダブルス決勝では、バンディはドロシー・ワークマンとペアを組み、ナンシー・ウィンテルマ・コイン組に敗れて準優勝になった。全豪選手権で優勝した年、彼女はウィンブルドン選手権にも初遠征したが、4回戦で第7シードのサラ・ファビアンに敗れた。

1939年9月に勃発した第2次世界大戦の影響で、全米選手権を除くテニス4大大会は開催が中止されたが、全米選手権だけは戦時中も続行された。バンディは戦時中の全米選手権にも出場し、1940年に女子ダブルス・混合ダブルスの2部門で決勝に進出したが、2部門とも準優勝で止まった。パートナーは女子ダブルスがマージョリー・グラッドマン・バン・リン(ジョン・バン・リンの夫人)で、混合ダブルスはジャック・クレーマーであった。全米選手権では、1941年にも女子ダブルス準優勝、1944年に混合ダブルス準優勝がある。活動が全米選手権に制約されていた間、バンディはロリンズ大学に通った。

1945年に第2次世界大戦が終結し、テニス4大大会は1946年から再開された。ドロシー・バンディは1946年全仏選手権ウィンブルドン選手権に出場し、両方の大会で女子シングルス・ベスト4、混合ダブルス準優勝の成績を挙げた。女子シングルスでは、バンディは両方とも準決勝でポーリーン・ベッツに連敗している。混合ダブルスのパートナーは、全仏選手権が同じアメリカトム・ブラウンで、ウィンブルドン選手権はオーストラリアジェフ・ブラウンであった。しかし、帰国後の全米選手権ではシングルス1回戦敗退に終わった。その後、バンディは全仏選手権やウィンブルドン選手権に出場しなかった。この年、ドロシーはパイロットのアート・チェイニー(Art Cheney)と結婚した。

1957年から、ドロシー・バンディ・チェイニーは女子テニスのシニア・トーナメントに出場し始める。全米女子シニア・ハードコート大会の40歳以上の部において、彼女は1957年から1969年まで13連覇を達成した。シニア・トーナメントは年齢に応じて分類されるが、チェイニーはすべての年齢の部門でタイトルを積み重ね、最近でも85歳以上の部で10個のタイトル(シングルス・ダブルスを含む)を取っている。シニア女子テニスへの貢献度を評価され、ドロシー・チェイニーは2004年に88歳で国際テニス殿堂入りを果たした。ドロシーは母親のメイ・サットンに続く「親子2代での国際テニス殿堂入り」を成し遂げたが、これはテニス史上初の偉業となった。同じ年に殿堂入りした選手は、シュテフィ・グラフステファン・エドベリがいる。

本記事の外部リンクにある2003年8月31日付「ボストン・グローブ」紙の記事では、国際テニス殿堂入りの前年、87歳のチーニーがボストン市内にある「ロングウッド・クリケットクラブ」で「全米スーパーシニアテニス選手権」に参加した様子が記述されている。

2014年11月23日、カリフォルニア州で死去[1]。98歳没。

主な成績[編集]

  • 全豪選手権 1938年:女子シングルス優勝/女子ダブルス準優勝 [唯一の全豪選手権出場]
  • 全仏選手権 1946年:女子シングルス・ベスト4/混合ダブルス準優勝
  • ウィンブルドン選手権 1946年:女子シングルス・ベスト4/混合ダブルス準優勝
  • 全米選手権 女子ダブルス準優勝2度:1940年・1941年/混合ダブルス準優勝2度:1940年・1944年

脚注[編集]

  1. ^ 女子テニスのチェイニーさん死去 98歳、全豪OP前身大会制す 47NEWS 2014年11月26日

外部リンク[編集]