ドラキュラハンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラキュラハンター
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 テクノン工業
発売元 テクノン工業
人数 1~2人(交代制)
発売日 [AC]:1980年
テンプレートを表示

ドラキュラハンター(Dracula Hunter)』は1980年に発表されたアーケードゲーム式テレビゲームで、アクションゲームシューティングゲーム両方の性質を持つ。発売したテクノン工業はマイナーなメーカーだったが、ゲーム内容が細かく作られていたこと、また当時人気のゲーム漫画『ゲームセンターあらし』で描かれたことや、時を経てレアなゲームとして紹介された事もあり、知名度は今でも比較的高い。当記事ではメーカーであるテクノン工業と、同社が発売したアーケードテレビゲームも解説する。

概要[編集]

登場キャラ[編集]

各キャラクターは、特定のキャラに一色しか色がついていない。

牧師
プレイヤーキャラクターとして操作する。色は白。十字架を投げて敵(ドラキュラ)を全滅させるのが目的だが、特徴として十字架の飛ぶ方向がただの直線でなく、ブーメランのように飛んで戻ってくる。
レッドドラキュラ
メインとも言える敵で、側面から見るとシルクハットとマントを着用したアルセーヌ・ルパンの様な姿。1面では3匹程度しか登場しないが、ステージが進むにつれ増えていき、フィールドの左右を覆う程になる。倒すと30点。
コウモリ
色は紺色。ドラキュラ城の門から時々登場し、左右に漂う。牧師と横座標が会うと急降下して来る。撃ち落せばミステリーポイントで牧師とコウモリの距離が接近していれば高得点。最高得点1000点が出ると全てのドラキュラが一定時間シビレ状態となり、攻めて来ない。
通行人
水色と緑色が存在し、面クリア時に残っていると若干スコアが得られる。レッドドラキュラと接触すると、ドラキュラに食いつかれている姿となる。この時は攻撃しても倒せない。食いつかれてから暫くすると、通行人はピンクドラキュラかイエロードラキュラとなる(色以外はレッドと同じ外見)。ピンクは20点、イエローは10点。
美女
画面下部に位置する十字架に囲まれた棺の中で眠っている。色は白。

面クリア[編集]

  • 敵を全て倒すと一面クリア。
  • 全滅の他にクリア方法があり、画面上部中央のドラキュラ城の門が開いている時、十字架を打ち込むと敵は全滅して面クリアとなる。この方法だと面クリアのボーナス点が稼げるメリットがあるが、門が開いた時にコウモリが出て来るため、タイミングを間違えると瞬殺される危険性が高い。牧師を門の横に待機させて、十字架の軌道を活用して門を破壊するテクニックもある。
  • クリアするとドラキュラ城が炎上し、コウモリが面クリア時のボーナス点を表示。
  • 7面クリアごとに現れるステージでは、敵が全てコウモリとなる。これをクリアすると画面全体が血でしたたり、『ギャラクシーウォーズ』のようにプレイヤーを称えるメッセージが出る。
    • 7面クリア Beginner's Hunter
    • 14面クリア Good Hunter
    • 21面クリア Very Good Hunter
    • 28面クリア Greatest Hunter
    • 35面クリア The Champion!
    • 42面クリア No More!
    • 49面クリア Give Up!

ミスとゲームオーバー[編集]

  • 牧師が敵に触れるとミスとなる。
  • ドラキュラが美女に触れるとゲームオーバーとなる。プレイヤーキャラが残っていても自陣を侵略されると即ゲームオーバーという概念は『スペースインベーダー』『タンクバタリアン』などにもある。
  • どちらの場合も、とどめをさしたドラキュラかコウモリが笑う。
  • ゲームオーバーになると「アーメン」の文字と共に美女が昇天して行く。
  • 一面もクリアできずにゲームオーバーになると、特別サービスとしてクレジットが一回入る。ただし再度一面でゲームオーバーになっても、クレジットは入らない。

書籍資料[編集]

筐体写真、画面写真、フライヤー(チラシ)など、同ゲームの情報が確認できるものも比較的多く、たとえば以下が挙げられる。

中古基板[編集]

  • 中古アーケードゲーム基板市場にも、多数の基板が比較的高額で出回っていたとされ、渋谷で運営していた基板屋「タイムマシン」では15万円で売り出されていた記録がある。
  • ゲーム評論家として有名だった渋谷洋一は「自分にとって世界一大事なものは、同ゲームの基板だ」と語っている。「ファミ通」で連載されていた鈴木みその漫画の中で、『ドラキュラハンターの基板は50万円位の値が付く』との台詞があり、基板の相場に影響を与えた。
  • 海外版も存在しており、1995年当時、基板の相場が50万円前後といわれた国内版に比べて10~20万の相場で取引されていた。
  • メッセサンオーでは販売基板を筐体に入れて遊べるようにしており、『ドラキュラハンター』も稼動していた時期があった。ただし現在は同店自体が中古基板業から撤退している。

その他[編集]

  • 月刊アルカディア」の記事によれば、流通を実績の無かった当時のテーカン(テクモ)に頼ったために流通量が少なく、しかも当時としては高額で殆ど使われていなかった、カスタムICを採用していたという。
  • インストラクションカードは、テーブル筐体の場合画面の左右に掲示されることが多いが、同ゲームは手前に掲示されている。

テクノン工業[編集]

ゲームのフライヤーによれば、ドラキュラハンターを出した時点では東京都千代田区麹町1丁目7-12館2Fに本社があった。発売されたゲームについては以下のタイトルが確認されているが、「月刊アルカディア」には全5作リリースという証言も載せられている。

フリッパー7(1978年)
サンデー毎日」1978年11月5日の広告記事によると、アタリが開発・発売していた VideoPinball の LSI を輸入し、同チップを採用したアーケードゲーム。[1]
ビームインベーダー(1979年)
スペースインベーダー』がヒットした際、国内の殆どのメーカーが発売した亜流の一つ。主な特徴としては
  • システム基板がタイトーと全く異なる(これはむしろ後世に大手となるメーカーの方がタイトーのコピーを多用し、零細メーカーは独自に作った所が多かった)
  • 画面表示が白黒。
  • キャラデザインが微妙にタイトーと異なる。
  • 文字表示がカタカナ。
  • 砲台はレバーでなくパドルコントローラで操作する。
同社は『ドラキュラハンター』がデビュー作だと長年思われており、同人誌「究極ビデオゲームリスト」にも、『ドラキュラハンター』と『トロピカルダイブ』しか掲載されていなかった。しかし2002年11月に突如、このゲームがMAMEバージョン0.62でリリースされ、同社の発売作品は最低3作存在することが明らかになった。またその数ヵ月後にはオークションにて同作品の基板が出品されている。
ドラキュラハンター(1980年1月)
トロピカルダイブ(1980年5月)
『ドラキュラハンター』に次ぐ作品。内容はダイバーを上下左右に動かし、海中の生物を撃って行くというもの。筐体もサウンドも『ドラキュラハンター』から流用されている。同社は『トロピカルダイブ』の発売を最後に、倒産もしくは消滅したとされている。

脚注[編集]

  1. ^ CLASSIC VIDEOGAME STATION ODYSSEY 家庭用テレビゲーム機究極年表

外部リンク[編集]