ドライブ・アングリー3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ドライブ・アングリー3D
Drive Angry
監督 パトリック・ルシエ
脚本 トッド・ファーマー
パトリック・ルシエ
製作 マイケル・デ・ルカ
レネ・ベッソン
製作総指揮 アダム・フィールズ
ジョー・ガッタ
アヴィ・ラーナー
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
ジョン・トンプソン
出演者 ニコラス・ケイジ
音楽 マイケル・ワンドマッチャー
撮影 ブライアン・ピアソン
編集 パトリック・ルシエ
デヴィン・C・ルシエ
製作会社 ミレニアム・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年2月25日
日本の旗 2011年8月6日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000
興行収入 $28,931,401[1]
テンプレートを表示

ドライブ・アングリー3D』(原題: Drive Angry)は、2011年アメリカ合衆国アクション映画

ストーリー[編集]

凄腕のアウトローのミルトンは、愛する娘をカルト教団に殺され、復讐と、連れ去られた娘の赤ん坊を救い出すため教祖ヨナ・キングを追いかけている。同時平行で、FBIを名乗る謎の男、"監察官"が、ミルトンの後を追跡し、州の警官もまきこみ、ミルトンを撃ち殺せと命ずる。ミルトンは追撃の途中で、ひょんなことから勝気なテキサス美女パイパーを巻き込み、再び追撃を開始する。ある酒場で、キングの部下の襲撃を受けるが、銃撃戦の末これを撃退する。また、"監察官"の追撃も、車もろともこれを崖下に転落させる。 ミルトンは、次の満月の夜までに赤ん坊を救わねば悪魔崇拝の生贄にされてしまうことを知り、カルト教団の施設に乗り込むが、逆にそこで信者に襲われ、キングに撃ち殺される。パイパーは、キングの女にさせられるためキャンピングカーで教団に連れ去られる。ハイパーは途中で脱走しようと争うが、そのときに死んだはずのミルトンが車に乗って現れ、救い出される。パイパーは生き返ったミルトンをいぶかしく思いながらも、赤ちゃんを取り戻すために協力して、満月の夜の儀式に乗り込む。最後は、死んだはずの"監察官"も彼を手助けし、教団を滅ぼし、赤ちゃんを救い出す。瀕死のミルトンは赤ちゃんをパイパーに託し、望みを遂げ、"監察官"に連れられ地獄の世界に戻るのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・ミルトン ニコラス・ケイジ 大塚明夫
パイパー アンバー・ハード 渡辺明乃
監査役 ウィリアム・フィクナー 横島亘
ヨナ・キング ビリー・バーク 岩田安宣
ウェブスター デヴィッド・モース 栗田圭
警部 トム・アトキンス 板取政明
キャンディ シャーロット・ロス うさみともこ

参考文献[編集]

  1. ^ Drive Angry (2011)”. Box Office Mojo. 2011年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]