ドミニク・ラピエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドミニク・ラピエールフランス語:Dominique Lapierre1931年7月30日[1] - )は、フランスのジャーナリスト、ノンフィクション作家。

略歴[編集]

パリ・マッチ誌の特派員としてヨーロッパ、アメリカ、アジアで活躍[2]ラリー・コリンズとともに著した『パリは燃えているか?』をはじめ優れたドキュメンタリー作品を多数出版[3]。熱心な慈善家としても知られ、1981年にはインドに子供のための人道支援団体を設立、スラム街のハンセン病患者の救済にも尽力している[4]

パリは燃えているか?』は1966年に映画化された。

邦訳された書籍[編集]

  • パリは燃えているか? 上下 ドミニク・ラピエール, ラリー・コリンズ 著,志摩隆 訳 早川書房 1966(ハヤカワ・ノンフィクション) のち文庫 のちHayakawa nonfiction masterpiecesとして再刊
  • おおエルサレム! ドミニク・ラピエール, ラリー・コリンズ 著,村松剛 訳 早川書房 1974(Hayakawa nonfiction) のち文庫
  • 今夜、自由を : インド・パキスタンの独立 ドミニク・ラピエール, ラリー・コリンズ 著,杉辺利英 訳 早川書房 1977(Hayakawa nonfiction)
  • 第五の騎手 ドミニク・ラピエール, ラリー・コリンズ 著,三輪秀彦 訳 早川書房 1980(Hayakawa novels) のち文庫
  • さもなくば喪服を ドミニク・ラピエール, ラリー・コリンズ 著,志摩隆 訳 早川書房 1981(ハヤカワ文庫. NF) のち『さもなくば喪服を : 闘牛士エル・コルドベスの肖像』としてHayakawa nonfiction masterpiecesとして再刊
  • 歓喜の街カルカッタ ドミニク・ラピエール 著,長谷泰 訳 河出書房新社 1987 のち文庫
  • 愛より気高く : エイズと闘う人々 ドミニク・ラピエール 著,中島みち 訳 飛鳥新社 1993
  • ボーパール午前零時五分 上下 ドミニク・ラピエール, ハビエル・モロ 著,長谷泰 訳 河出書房新社 2002

脚注・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『パリは燃えているか?』著者紹介
  2. ^ 『パリは燃えているか?』著者紹介
  3. ^ 『パリは燃えているか?』著者紹介
  4. ^ 『パリは燃えているか?』著者紹介