ドミトリー・バシキーロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドミトリー アレクサンドロヴィチ バシキーロフ
生誕 (1931-11-01) 1931年11月1日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦グルジア チフリス
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ドミトリー・アレクサンドロヴィチ・バシキーロフロシア語: Дмитрий Александрович Башкиров、ラテン文字転写例:Dmitri Aleksandrovich Bashkirov、1931年11月1日 - )はグルジアチフリス出身のピアニスト・教授。娘はピアニストのエレーナ・バシュキロワダニエル・バレンボイムの妻)。

概要[編集]

アナスタシア・ヴィルサラーゼに師事した後、モスクワ音楽院にてアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルに師事。1955年開催のロン=ティボー国際コンクールピアノ部門にて最高位(一位なしの二位をフランスのベルナール・リンガイセンと分け合う)。以後、第一線のピアニストとして活躍し、1968年にロシア功労芸術家の称号、1990年にロシア人民芸術家の称号を得ている。その他の栄誉としては、ドイツツヴィッカウ市からシューマン賞、マドリード自治大学から名誉メダルを贈られている。

長らくモスクワ音楽院で教鞭を執った後、スペインソフィア王妃高等音楽院の教授職に就き、欧州を中心に教育活動を続けている。著名な弟子には、ダン・タイ・ソンアルカーディ・ヴォロドスデニス・コジュヒンなどがいる。長年の教育経験を買われて、主要コンクールの審査員を務めている。

脚注[編集]