エレーナ・バシュキロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エレーナ ドミトリエブナ バシュキロワ
生誕 1958年????
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

エレーナ・バシュキロワ(Elena Bashkirova、Елена Дмитриевна Башкирова1958年 - )はモスクワ出身のロシア人ピアニスト。

人物[編集]

父親は著名なピアノ教師ドミトリー・バシキーロフ。父親についてモスクワ音楽院に学んだ。ヴァイオリニストギドン・クレーメルのパートナーを務め、結婚するが西側への亡命を果たしてから離婚[1]ジャクリーヌ・デュ・プレの晩年からダニエル・バレンボイムと関係を深め、その子を産んだ後に1988年に再婚し、アルゼンチン国籍となる。

バレンボイムとの間に息子が2人おり、1人はクラシック音楽家に、もう1人はドイツヒップホップバンド『レヴェル8』のマネージャーになった。

ベルリンのメトロポリス・アンサンブルの創設者であり、1998年よりエルサレム国際室内楽フェスティバルの創設者兼芸術監督を務める。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ギドン・クレーメル著(臼井伸ニ訳)『クレーメル青春譜』アルファベータ 2008年に出会いから別れまでをクレーメルの視点から回想している