トーマス・ヘザーウィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Thomas Heatherwick at Strelka Institute.jpg

トーマス・ヘザウィック(Thomas Heatherwick、1970年2月17日- )イギリスロンドン出身のデザイナー、3次元デザイナー。

経歴[編集]

マンチェスター工科大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで3Dデザインを学ぶ。卒業後、1994年にヘザウィックスタジオを設立。2006年に英国の王立芸術協会より最年少で王室工業デザイナーに任命される。2010年上海万博の英国パビリオンや、2012年ロンドン五輪の聖火台などが有名。テレンス・コンラン卿から「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称された。

主な作品[編集]

  • B of the Bang (2005年)
  • The Rolling Bridge (2005年) ロンドン、グランド・ユニオン運河に架かる可動橋。「The Curling Bridge」としても知られている。
  • Bleigiessen (2005年) ドイツの伝統的な占い「Bleigiessen」(溶かした鉛やロウを水の中に落として、その形から一年を占う)からインスピレーションを受けて作られた作品。15万個の特製ガラスの玉を30メートルの高さから無数のステンレス製の細いスチールワイヤーに通してできた彫刻作品。
  • Seed Cathedral 「種の聖殿」(2010年) 世界に存在する種子の25%を集めようというイギリスのプロジェクト「ミレニアム・シードバンク」からインスパイアされた。長さ6.7mのアクリルバーの先端に種子を埋め込み、中から外へ突き通すようになっている。アクリル棒を通じて昼間は外から内部に光が入り、夜は照明の光が外に出る。風に吹かれて揺れるバーは「たんぽぽ」と呼ばれた。
  • London Bus(2011年)
  • London 2012 Summer Olympics and Paralympics Cauldron 「ロンドン五輪オリンピック聖火台」( 2012年)
  • Temple 2005年にwebマガジン『PingMag』の取材で鹿児島に建てる寺の設計を依頼され、プランを提案。実現にむけ、資金集めを行っている事を話している。[1]
  • シンガポール南洋工科大学ラーニング・ハブ(2015年)

受賞歴[編集]

  • 2004年 英国王室よりRoyal Designer for Industry(王室工業デザイナー)に選ばれる
  • 2006年 Prince Phillip Desiners Prize(プリンス・フィリップ賞)
  • 2010年 London Design Medal(ロンドン・デザイン・メダル)/RIBA Lubetkin Prize(王立英国建築家協会 ルベトキン賞)

展覧会[編集]

2012年 "Heatherwick Studio: Designing The Extraordinary"(Victoria and Albert Museum)

著書[編集]

2012年 "Thomas Heatherwick: Making" published by Thames and Hudson (ISBN: 978-0500290934)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://pingmag.jp/jp/2005/12/20/thomas-heatherwick-my-temple-seeks-a-sponsor/ トーマス・ヘザーウィック:お寺のスポンサー募集(PingMag/2005年)

外部リンク[編集]