トワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トワーズtoise)は、かつてフランス語圏で用いられていた長さの単位である。その長さは時代や地方により異なるが、おおむね2メートルであった。

トワーズは、元々は両腕を広げた長さに由来する身体尺であった。この長さは、日本語の、英語のファゾムに相当する。後に、歩幅を基準としたピエ(pied、フィートに相当)と関連づけられて、その6倍と定義された。これは約1.949メートルとなる。メートル法導入後は、メートルを基準として1トワーズはちょうど2メートルと定められた。ただし、スイスでは1.8メートルとされていた。

また、トワーズは、一辺1トワーズの正方形の面積、一辺1トワーズの立方体の体積を表す単位としても用いられた。

似た単位に、ポルトガルブラジルなどでメートル法導入まで使われていたトゥエザtoesa)がある。これはフィートに相当するペ(pé)の6倍である。

定義[編集]

長さの単位[編集]

  • 1トワーズ = 6ピエ(約1.949メートル) - フランスでの1812年までの定義
  • 1トワーズ = 2メートル - フランスでの1812年から1840年1月1日までの定義(習慣的度量衡英語版
  • 1トワーズ = 1.8メートル - スイスでの定義
  • 1トゥエザ = 6ペ(約1.98メートル) - ポルトガルの定義

1866年に書かれた記事によると、色々な測定規準の調査の間、1トワーズ = 1,949.03632ミリメートルと定義されていた[1]:180

面積の単位[編集]

面積の単位としてのトワーズは、1トワーズ四方の面積で、約3.799平方メートルに等しい。フランスでは1799年12月10日まで土地の面積の計量に使用されていた。

体積の単位[編集]

体積の単位としてのトワーズは、一辺1トワーズの立方体の体積で、約7.403立方メートルに等しい。20世紀のハイチでは、8.0立方センチメートルを表す単位として使用されていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]