トレガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Trégunc
Port de Trévignon.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) カンペール郡
小郡 (canton) コンカルノー小郡
INSEEコード 29293
郵便番号 29910
市長任期 ジャン=クロード・サクレ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Concarneau Cornouaille
人口動態
人口 6837人
2010年
人口密度 135人/km2
住民の呼称 Trégunois, Trégunoise/ Tréguncois, Tréguncoise
地理
座標 北緯47度51分20秒 西経3度51分10秒 / 北緯47.855556度 西経3.852778度 / 47.855556; -3.852778座標: 北緯47度51分20秒 西経3度51分10秒 / 北緯47.855556度 西経3.852778度 / 47.855556; -3.852778
標高 平均:m
最低:0m
最高:89m
面積 50.61km2
Tréguncの位置(フランス内)
Trégunc
Trégunc
公式サイト Le site officiel de la ville de Trégunc
テンプレートを表示

トレガンTréguncブルトン語:Tregon)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

地理[編集]

トレガンはブルターニュの大西洋岸にある。コンカルノーの南、ポン=タヴァンの西に位置する。フィニステール県有数の広大な面積を持つ。内陸に位置する中心部は、コミューンの北端にある。海岸は砂浜や露出した岩となっている。西のジュマン岬から、東のトレヴィニョン岬までの海岸は、標高が低く、6kmの長さの線上の砂丘となっている。地元ではloc'hと呼ばれる池がいくつか、この線上の砂の背部にある。Loc'h LouargarとLoc'h Coziouが重要な池である。ここは1982年以来保護区域となっている。そこでは海からの海水と沿岸河川が運ぶ真水とが交じり合う。東端のトレヴィニョン岬は、距離が短いが崖が伸びる。

歴史[編集]

1944年4月26日、アメリカ空軍の航空機がトレガン領内に墜落し、2人の飛行士たちはパラシュートで降下、ネヴェ近郊に上陸した。1944年5月11日、アメリカ兵4人を乗せた飛行機がグレナン諸島沖で行方不明になった。彼らの遺体はトレガンのトレヴィニョンの水道で発見された[1]

経済[編集]

  • ブラッスリー・ド・ブルターニュ - 地元のビール・メーカー。ブリット・ビールと、清涼飲料水のブリット・コーラを製造
  • ギィ・コッテン - マリンスポーツや漁業関係者のアウトドア・ウェアを製造。黄色のナイロン素材で知られる。

ブルトン語[編集]

2007年の新学期において、トレガンの児童のうち6.8%が二言語学校に在籍していた[2]

2012年11月、コミューン議会はブルトン語の日常使用促進をうたうYa d'ar brezhoneg憲章の批准を可決した。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
5002 4790 5155 5909 6130 6354 6704 6837

参照元:1999年までEHESS[3]、2000年以降INSEE[4][5]

ギャラリー[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Éric Rondel, La Bretagne bombardée, 1940-1944, éditions Ouest et Cie, 2011, [ISBN 9-782364-28007-6]
  2. ^ Ofis ar Brezhoneg: Enseignement bilingue
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=38070
  4. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  5. ^ http://www.insee.fr
  6. ^ Jumelage