トレガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Trégunc
Port de Trévignon.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) カンペール郡
小郡 (canton) コンカルノー小郡
INSEEコード 29293
郵便番号 29910
市長任期 ジャン=クロード・サクレ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Concarneau Cornouaille
人口動態
人口 6837人
2010年
人口密度 135人/km2
住民の呼称 Trégunois, Trégunoise/ Tréguncois, Tréguncoise
地理
座標 北緯47度51分20秒 西経3度51分10秒 / 北緯47.855556度 西経3.852778度 / 47.855556; -3.852778座標: 北緯47度51分20秒 西経3度51分10秒 / 北緯47.855556度 西経3.852778度 / 47.855556; -3.852778
標高 平均:m
最低:0m
最高:89m
面積 50.61km2
Tréguncの位置(フランス内)
Trégunc
Trégunc
公式サイト Le site officiel de la ville de Trégunc
テンプレートを表示

トレガンTréguncブルトン語:Tregon)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

地理[編集]

トレガンはブルターニュの大西洋岸にある。コンカルノーの南、ポン=タヴァンの西に位置する。フィニステール県有数の広大な面積を持つ。内陸に位置する中心部は、コミューンの北端にある。海岸は砂浜や露出した岩となっている。西のジュマン岬から、東のトレヴィニョン岬までの海岸は、標高が低く、6kmの長さの線上の砂丘となっている。地元ではloc'hと呼ばれる池がいくつか、この線上の砂の背部にある。Loc'h LouargarとLoc'h Coziouが重要な池である。ここは1982年以来保護区域となっている。そこでは海からの海水と沿岸河川が運ぶ真水とが交じり合う。東端のトレヴィニョン岬は、距離が短いが崖が伸びる。

歴史[編集]

1944年4月26日、アメリカ空軍の航空機がトレガン領内に墜落し、2人の飛行士たちはパラシュートで降下、ネヴェ近郊に上陸した。1944年5月11日、アメリカ兵4人を乗せた飛行機がグレナン諸島沖で行方不明になった。彼らの遺体はトレガンのトレヴィニョンの水道で発見された[1]

経済[編集]

  • ブラッスリー・ド・ブルターニュ - 地元のビール・メーカー。ブリット・ビールと、清涼飲料水のブリット・コーラを製造
  • ギィ・コッテン - マリンスポーツや漁業関係者のアウトドア・ウェアを製造。黄色のナイロン素材で知られる。

ブルトン語[編集]

2007年の新学期において、トレガンの児童のうち6.8%が二言語学校に在籍していた[2]

2012年11月、コミューン議会はブルトン語の日常使用促進をうたうYa d'ar brezhoneg憲章の批准を可決した。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
5002 4790 5155 5909 6130 6354 6704 6837

参照元:1999年までEHESS[3]、2000年以降INSEE[4][5]

ギャラリー[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Éric Rondel, La Bretagne bombardée, 1940-1944, éditions Ouest et Cie, 2011, [ISBN 9-782364-28007-6]
  2. ^ Ofis ar Brezhoneg: Enseignement bilingue
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=38070
  4. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  5. ^ http://www.insee.fr
  6. ^ Jumelage