トリマン山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トリマン山
Lake Atitlan, Volcan Toliman and Volcan Atitlán (15772729409).jpg
北から見たトリマン山
左背後にアティトラン山が見えている
標高 3,158[1] m
所在地 グアテマラの旗 グアテマラ ソロラ県
位置 北緯14度36分45秒
西経91度11分21秒
[1]
山系 シエラ・マドレ山脈英語版
種類 成層火山
トリマン山の位置(グアテマラ内)
トリマン山
トリマン山の位置(北アメリカ内)
トリマン山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

トリマン山(トリマンさん、スペイン語: Volcán Tolimán)は、グアテマラ南部のアティトラン湖の南岸に位置する標高は3,158 mの火山である。

トリマン山は整った円錐型の成層火山で、更新世のアティトランIIIカルデラの南縁付近に形成された。山頂には浅いクレーターがあり、その南南西にもう一つのピークを持つ。山体は厚い溶岩流によって覆われている。 有史の噴火は知られていない。

北麓に側火山のセロ・デ・オーロ(Cerro de Oro)があり、比高200mほどの溶岩円頂丘を数千年未満に形成している。

付近には後カルデラ火山のアティトラン山英語版サンペドロ山英語版があり、どちらも円錐型の成層火山である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Global Volcanism Program

参考文献[編集]

関連項目[編集]