トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー(Trinidad Scorpion Butch T)
Trinidad Scorpion Butch T Pepper.JPG
トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーのさや
シネンセ種
交配 トリニダード・スコーピオン
開発 ミシシッピ州クロスビー
辛さ 非常に辛い
スコヴィル値 500,000 - 1,463,700 SHU

トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー、あるいはトリニダード・スコーピオン・ブッチ・T・ペッパー (英語: Trinidad scorpion 'Butch T' pepper) はシネンセ種トウガラシ栽培品種であり、最も辛いトウガラシのひとつである。トリニダード・トバゴ原産のトリニダード・スコーピオン種をもとにしている[1]。ヒッピー・シード・コミュニティのニール・スミスが命名した[2]。 もともとスミスはこの種子をミシシッピ州クロスビー/ウッドヴィルにあるチリソース会社ザイデコ・ファームズのオーナーであるブッチ・テイラーからもらっており、テイラーがこのトウガラシの種を広めていた主な人物であったため、名前はこれにちなんでいる[3]。「スコーピオン」種のトウガラシは、尖った先端がサソリの針に似ていると言われるため、サソリを示すスコーピオンという名で呼ばれている。

世界記録[編集]

トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーは3年間にわたり、最も辛いトウガラシとしてギネス世界記録を保持していた[4][5]。2011年3月に行われたラボの試験では標本がスコヴィル値1,463,700を記録し、この時点で世界一辛いトウガラシとなった。土壌をミミズ堆肥を作っている農場の流去水で肥やすことにより、辛いトウガラシができるという[6]。2012年にキャロライナ・リーパーがスコヴィル値にして1,569,300 SHUを記録し、ギネス世界記録に世界一辛いトウガラシとして登録されたため、トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーは世界一辛いトウガラシではなくなった[7]

脚注[編集]

  1. ^ Torrisi, Lauren (2012年2月16日). “Trinidad Moruga Scorpion Crowned World’s Hottest Pepper”. ABC News. 2013年2月19日閲覧。
  2. ^ Drew, A.J.. “Trinidad Moruga Scorpion Pepper”. 2014年12月10日閲覧。
  3. ^ "New Record Broken Again!" Retrieved April 14, 2011
  4. ^ "Hottest chili" at Guinness World Records May 26, 2012閲覧
  5. ^ "Guinness World Records" at Guinness World Records. Retrieved February 19, 2013
  6. ^ "Aussies grow world's hottest chilli" Retrieved April 14, 2011
  7. ^ Hottest Chili, Guinness Worlds Records, http://www.guinnessworldrecords.com/world-records/1/hottest-chili