トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トランス・ワールド・
ミュージック・ウェイズ
ジャンル 音楽番組
放送方式 収録放送
放送期間 1989年4月30日 -
放送時間 毎週日曜 10:00 - 11:00(60分)
放送局 ミュージックバード
『THE AUDIO』チャンネル
ネットワーク TOKYO FMK-mix
パーソナリティ 田中美登里
プロデューサー 田中美登里
公式サイト 公式サイト
特記事項:
TOKYO FM・K-mixは30分バージョンで、先行放送。
テンプレートを表示

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズは、衛星デジタルラジオの音楽専門チャンネル・ミュージックバード『THE AUDIO』チャンネル[1]で放送されている音楽番組である。

放送時間は毎週日曜 10:00 - 11:00、再放送は毎週月曜 23:00 - 24:00。

概要[編集]

  • 前身は1981年5月にTOKYO FMで開始の「民族音楽をたずねて」。後にミュージックバードの「Cross Culture」→「THE AUDIO」チャンネルに移行している。2009年4月に放送20周年を迎えた。
  • 「ボーダレス」をテーマに、音楽家評論家をはじめ、写真家、映像作家、詩人等の多彩なゲストを招き、ジャンルを問わずバラエティ豊富な多種多様の音楽を紹介する内容の番組となっている。トークと音楽と言う構成が基本であるが、その他にも音楽イベント等の収録による音源の紹介を行うなど、内容はバリエーションが多く、紹介する音楽もジャズから民族音楽現代音楽民謡等多数、国籍やジャンルを問わず多岐に渡っている。また音楽のみならず、落語狂言朗読等といった音楽以外のフォーマットの音源を紹介することも多い。
  • リスナーからの反響が大きかった放送や、過去に番組に出演したゲストが逝去した際の追悼企画等で、アンコール放送を行うことがある。
  • K-MIX(静岡エフエム放送[2])等、一部JFN系列の放送局でも番組販売(30分バージョンで、MUSIC BIRDより先行放送)という形式でネットされている。2011年1月よりTOKYO FMでの放送が再開されている。またミュージックバードを再送信しているコミュニティ放送の一部でも放送された実績もある。

パーソナリティ[編集]

放送局[編集]

放送対象地域 放送局名 放送時間 備考
日本全国 ミュージックバード 毎週日曜 10:00 - 11:00
静岡県 K-mix 毎週土曜 28:00 - 28:30
東京都 TOKYO FM 毎週土曜 28:30 - 29:00

受賞歴[編集]

その他[編集]

  • 過去の放送内容(1989年 - )は[1]で参照。
  • 2010年2月6日に、番組放送20周年と、番組と縁の深いジャズピアニスト板橋文夫還暦を祝うコンサートとして、「無限ピアノ・板橋文夫PLAYS CLASSIC ~今、クラシックの封印を解く!!~」というイベントがTOKYO FMホールで開催された。コンサートの模様は同年4月4日4月11日の2週に渡り番組で紹介された他、ミュージックバードの「THE JAZZ」チャンネルの番組「JAZZ Weekend Special」でも4月17日 10:00 - 12:00、4月25日 12:00 - 14:00の2週に渡って紹介された。このコンサートの模様は後にDVDがリリースされている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2015年3月まではCross Cultureチャンネルで放送していた。
  2. ^ 以前は静岡エフエム放送でも一時間枠で放送されていたが、後に30分に短縮されている。

外部リンク[編集]

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ番組ホームページ