板橋文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

板橋 文夫(いたばし ふみお、1949年3月8日 - )は、栃木県足利市出身のジャズピアニスト作曲家レコードレーベル日本コロムビア

人物[編集]

栃木県足利市出身。国立音楽大学[1]進学後、先輩である本田竹廣氏のピアノ演奏を聴いてジャズに開眼。

1970年、渡辺貞夫クインテットでプロ・デビュー後、日野皓正クインテット、森山威男カルテットに参加する一方、自己のトリオでの活動も開始。

エルヴィン・ジョーンズ (ドラム)やレイ・アンダーソン (トロンボーン)とのワールドツアーにも参加。


映画音楽も多く手掛けており、『19歳の地図』『さまよえる脳髄』『暗恋桃花源』『A Way With Words』故若松孝二監督『11.25』などがある。

アルバム[編集]

  • 渡良瀬
  • NATURE
  • TO BE
  • ザ・ミックス・ダイナマイト 游

脚注[編集]

  1. ^ 板橋文夫 HP - プロフィール”. bowz.main.jp. 2021年1月29日閲覧。