トランスワールド航空843便大破事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トランス・ワールド航空 843便
TWA TriStar Quackenbush-1.jpg
事故機(N11002)
出来事の概要
日付 1992年7月30日
概要 失速警報装置の誤作動、およびパイロットエラー
現場 ニューヨーク州ニューヨーク
乗客数 280
乗員数 12
負傷者数
(死者除く)
11
死者数 0
生存者数 292
機種 ロッキードL-1011-385-1
運用者 トランスワールド航空(TWA)
機体記号 N11002
テンプレートを表示

トランスワールド航空843便大破事故 (TWA Flight 843)とは、1992年7月30日アメリカ合衆国ジョン・F・ケネディ国際空港で発生した、旅客機の離陸失敗事故である。

離陸に失敗した旅客機は、当時アメリカの最大手航空会社であったトランス・ワールド航空 (TWA) の843 便(機種: ロッキード L-1011、機体記号: N11002)で、離陸失敗後、乗客・乗員はすぐに脱出した。機体は火災によって、胴体後半部が大破した。

事故機[編集]

1992年7月30日、アメリカ東部夏時間 (EDT) の午後5時41分、トランスワールド航空 (TWA) の843便が、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で離陸に失敗した。

当該機には、280人の乗客(非番の客室乗務員5名を含む)と、12人の乗員(パイロット3名、客室乗務員9名)が搭乗していた。予定では、ジョン・F・ケネディ国際空港から、カリフォルニア州サンフランシスコ国際空港へ向かう予定であった。

事故の概要[編集]

失速警報装置の作動[編集]

事故時、操縦を担当していたのは副操縦士で、滑走路を離陸滑走の後、車輪が地面を離れた直後に突然スティックシェイカー失速警報装置、対気速度と迎え角の関係が一定条件になると操縦桿が振動して操縦者に知らせる)が作動した。

スティックシェイカーの作動は、その後発生するであろう失速を予告し、操縦者に適切な処置を促すものである。まだ失速状態に入っていない状態で失速を警告するものであり、失速するまでにはまだ余裕があった。緊急事態を察知した副操縦士は、慌てて操縦を機長に手渡した。機体はもうすでに少し浮上していたが、機長は滑走路の端まで間に合うと考え、離陸の中断を決定し、エンジンの推力を絞った。

しかし、ほとんどの燃料が残っている状態の機体は許容着陸重量をオーバーしており、さらに着地時の降下率は降着装置の許容する毎秒6フィートを上回る毎秒14フィートであったため、ハードランディングとなった。これにより右主翼付け根と右主脚間のリアスパーが破損し、中の燃料が漏れ出たため火災が発生した。

機体は着地点からおよそ1500メートル先の滑走路左側で停止した。

緊急脱出[編集]

機体停止後、客室乗務員はすぐに乗客たちを機外に避難させた。脱出には、機体の左側の前から1番目と2番目のドア、右側の前から1番目のドアの3つのドアが使用された。他のドアは、火災が激しく危険なため、使用されなかった。

およそ90秒間で乗客全員が緊急脱出することに成功した。正規の客室乗務員のほか、非番で同乗していたTWA職員らが協力して乗客の緊急脱出を指示した。

死亡者はなく、負傷者は11人であった(うち、10人が軽傷、1人が骨折)。

事故の原因[編集]

失速警報装置の誤作動

その後の調査で、失速警報装置は迎角センサーの故障により誤作動していたことがわかった。失速警報装置は、迎角センサーが感知した気流の変化によって作動する。感知した失速警告は、操縦桿のスティック・シェイカーの作動によって、パイロットに知らされる。しかし、その迎角センサーが故障していたため、スティック・シェイカーが誤作動し、パイロットたちは失速警告だと信じてしまったことが原因となった。

察知できなかった誤作動

装置が誤作動しているということは、コックピットの計器に表示される。迎角センサーが誤作動していることも、計器に表示されていた。しかし、誤作動を知らせる表示は、パイロットたちにとっては見えにくいものでもあり、表示されていることをパイロットは確認できなかった。また、迎角センサーの誤作動だとも限らないため、パイロットは本当に失速すると信じ込み、離陸中断を決定していた。ただし、それでも機体の傾き状態からして失速にはならないのは、よく注意すればわかるはずであったため、パイロットたちの注意不足も原因の一つであるといわれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]