パキスタン国際航空268便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パキスタン国際航空 268便
事故の概要
日付 1992年9月28日
概要 CFIT
現場 ネパールの旗 ネパールカトマンズ
乗客数 155人
乗員数 12人
死者数 167人(全員)
生存者数 0人
機種 エアバスA300B4-203
運用者 パキスタンの旗 パキスタン国際航空
機体記号 AP-BCP
出発地  パキスタン
ジンナー国際空港
目的地 ネパールの旗 ネパール
トリブバン国際空港
テンプレートを表示

パキスタン国際航空268便墜落事故(パキスタンこくさいこうくう268びんついらくじこ)とは1992年9月28日にパキスタン国際航空268便(使用機材:エアバスA300B4-203、機体記号:AP-BCP)がネパールカトマンズにあるトリブバン国際空港へ着陸進入中に墜落し、搭乗していた167人全員が死亡した事故である[1]。2011年現在、この事故はネパール史上最悪の航空事故である[2]

事故の概要[編集]

事故機と同型機のパキスタン国際航空エアバスA300

パキスタン国際航空268便はカラチを午前11時13分(パキスタン標準時)に離陸しカトマンズに向かった。ネパールの航空交通管制と交信し、268便は「シエラ・アプローチ」と呼ばれる南からの着陸許可を与えられた。このコースで着陸許可を与えられた航空機は当時、カトマンズVORの南41マイル(以降「41 DME」のように記す)、高度15,000フィートにある「ロメオ」と呼ばれる位置通報点を通過するよう指示されていた。事故機は当時カトマンズに着陸前に7段階に分けて降下するようになっており、その途中に10 DME、高度9,500フィートにある「シエラ」として知られていた位置通報点を通過する予定であった。この進入方式をとることで航空機が安全な高度でカトマンズの真南にあるマハーバーラタ山脈を通過できるようになっていた(この山脈の頂上は位置通報点シエラのちょうど北に位置していたため)。

午後2時30分、10 DMEで交信を行った直後にバッティダンダ (Bhatti Danda) にある標高2,524mの山の山腹(標高約7,300フィート (2,200 m))に衝突した。機体は粉砕され、垂直尾翼はふもとで発見された[3][4][5]

この事故の59日前の7月31日にはタイ国際航空311便が空港の北の山中に墜落し113人が死亡している(タイ国際航空311便墜落事故英語版[1]

268便には俳優のジョシュア・サス英語版の父親だったイギリス人の詩人が搭乗していた[6]

原因[編集]

カナダ運輸安全委員会英語版 (TSB) は268便のコックピットボイスレコーダーから事故調査の手がかりを得ることはできなかったが、TSBによってフライトデータレコーダーから回収されたデータから事故機が降下の各ステップを1ステップ早く始めていたということが明らかになった[7][4]。事故機は16 DMEで許可された高度を最大で1,000フィート下回っており、10 DME(位置通報点シエラ)では許可された高度を1,300フィート下回っていた[3]。また268便のパイロットは管制官に正確に高度を報告していたが、管制官は事故直前まで高度について何も警告しなかった[4]

調査団は事故原因は主にパイロットエラーであると決定した[7]。雲に覆われて視程が低下していたうえ、急斜面のため対地接近警報装置の動作が遅れた[4]。着陸進入時にパイロットが使用していた計器進入方式図英語版が理解しにくかったとも指摘した[3][4]。報告書でICAOに航法図を再調査して標準化を促すよう、またカトマンズ国際空港の着陸進入経路はあまり複雑でないよう変更されるべきであると勧告した[4]

メモリアル[編集]

パキスタン国際航空は事故現場の山のふもとのレレ (Lele) に記念公園を建設し、警備員を雇って公園を維持している[8]

犠牲となった家族を追悼してイギリスの慈善団体ウィルキンス・メモリアル・トラストが設立され、ネパールで活動している[9]

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

脚注[編集]

  1. ^ a b 167 Are Feared Dead in Crash of Airliner in Nepal”. ニューヨーク・タイムズ (1992年9月28日). 2015年6月27日閲覧。
  2. ^ Major plane crashes in Nepal: A timeline”. ザ・タイムズ・オブ・インディア (2011年9月25日). 2015年6月27日閲覧。
  3. ^ a b c 事故詳細 - Aviation Safety Network
  4. ^ a b c d e f Gero, David (2000). Aviation Disasters: The World's Major Civil Airliner Crashes since 1950 (3rd ed.). Sparkford, nr. Yeovil, Somerset: Patrick Stephens (Haynes). p. 232. ISBN 9781852606022. 
  5. ^ McGirk, Tim; Wolmar, Christian (1992年9月30日). “Hunt goes on for black box in Airbus wreckage”. インデペンデント. http://www.independent.co.uk/news/uk/hunt-goes-on-for-black-box-in-airbus-wreckage-1554634.html 
  6. ^ Mendick, Robert; Murray, Annie (2016年10月11日). “Revealed: the tragic past of Kylie Minogue's lover”. デイリー・テレグラフ. http://www.telegraph.co.uk/news/celebritynews/12058823/Revealed-the-tragic-past-of-Kylie-Minogues-lover.html 2016年10月10日閲覧。 
  7. ^ a b 青木謙知 『飛行機事故はなぜなくならないのか55の事例でわかった本当の原因』 講談社〈ブルーバックス〉、2015年、82頁。ISBN 978-4-06-257909-4
  8. ^ Khaliq, Fazal (2015年10月17日). “PIA memorial park in Nepal honours 1992 air crash victims”. Dawn. 2016年12月14日閲覧。
  9. ^ WMT”. WMT News (Autumn 2007). 2016年12月14日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯27度31分58秒 東経85度17分05秒 / 北緯27.53278度 東経85.28472度 / 27.53278; 85.28472