トマス・オブ・ランカスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トマス・オブ・ランカスター(Thomas of Lancaster, KG, 1388年9月29日 - 1421年3月22日)は、ランカスター朝イングランド王族で、ヘンリー4世と最初の妻メアリー・ド・ブーンの次男。ヘンリー5世の最年長の弟。ベッドフォード公ジョングロスター公ハンフリーの兄。

1411年に叔父の初代サマセット伯ジョン・ボーフォートの未亡人マーガレット・ホランドと結婚したが、2人の間に子は生まれなかった。1412年クラレンス公に叙された。

1411年、父と兄が百年戦争期のフランスへの対応を巡り対立すると、父が主導する評議会に参加して兄と対立したが翌1412年に和解した。そのフランスはアルマニャック派とブルゴーニュ派の内戦で混乱状態にあり、クラレンス公は1412年5月にアルマニャック派と同盟を結んだ父の命令で8月にフランス・ノルマンディーに上陸したが、アルマニャック派が変心してブルゴーニュ派と和睦しイングランドと手を切ったため、成果なく11月にイングランドへ帰国した[1]

兄の治世ではフランス遠征に従軍して1415年アルフルール包囲戦en)などに参戦、1417年9月にノルマンディーのカーンを落とした。その後はフランス駐留軍の司令官を務めたが、1421年、兄に先立ってボージェの戦いen)で戦死。フランスへの報復に向かい遠征を敢行した兄も疫病にかかり翌1422年に亡くなった[2]

備考[編集]

ウィリアム・シェイクスピアの史劇『ヘンリー四世 第2部』に登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 川北、P116 - P117、城戸、P108 - P109、P113、ロイル、P109 - P111。
  2. ^ 川北、P119、ロイル、P143、P150、P411。

参考文献[編集]