学校法人トキワ松学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トキワ松学園から転送)
移動先: 案内検索

学校法人トキワ松学園(がっこうほうじんトキワまつがくえん)は、東京都目黒区碑文谷に本部を置く学校法人である。トキワ松学園小学校トキワ松学園中学校・高等学校横浜美術大学、を運営している。

沿革[編集]

  • 1916年(大正5年) - 三角錫子常磐松女学校として東京都渋谷区常磐松御料地(現在の渋谷区一丁目)に設立
  • 1945年(昭和20年) - アメリカ軍による空襲を受け校舎焼失
  • 1947年(昭和22年) - 新制常磐松中学校開校
  • 1948年(昭和23年) - 東京都目黒区碑文谷に木造平屋建て校舎落成。新制常磐松高等学校開校
  • 1949年(昭和24年) - 同校中学生からの手紙により、インドのジャワハルラール・ネルー首相より上野動物園に小象インディラが贈られる
  • 1951年(昭和26年) - 学校法人トキワ松学園となる。トキワ松学園小学校開校。小中高の校歌が校友会により選定される。
  • 1955年(昭和30年) - 鉄筋4階建ての新校舎落成
  • 1960年(昭和35年) - 第1回トキワ祭、学園会バザーが行なわれる
  • 1966年(昭和41年) - 学園創立50周年を期してトキワ松学園女子短期大学(現横浜美術大学)造形美術科を神奈川県横浜市青葉区に開学
  • 2000年(平成12年) - 目黒キャンパスに新校舎竣工
  • 2001年(平成13年) - 女子短期大学を男女共学化し、横浜美術短期大学へ校名変更
  • 2008年(平成20年) - 目黒校舎に新体育館・室内プール完成

                    クライミングウォールなどのPA施設を体育館内に常設

設置校[編集]

学園創立者・三角錫子[編集]

三角錫子(みすみ すずこ)は1872年(明治5年)、旧加賀藩士三角家の長女として金沢に生まれた。女子高等師範学校を卒業し、札幌や東京で教職に就いた後、個性を尊重する自由で伸びやかな教育を目指して、1916年(大正5年)、渋谷常磐松町一番地に常磐松女学校を創立した。女性教育の先駆者として、女性も知識を付け、自ら考えることを提唱した。鎌倉の逗子開成ボート遭難事件の際、命を落とした生徒を悼み、唱歌「真白き富士の根」を作詞したことでも有名。

トキワ松の理念[編集]

『鋼鉄(はがね)に一輪のすみれの花を添えて』 「長い年限を女学校に行かれないけれども学びたいという人のために建てた学校である。皆が自由に正しく学べばよい。子供たちがめいめい持って生まれた天分を伸ばしてあげればよいのだ。今のように、女学校の卒業証書が嫁入り道具の箪笥ならば、ここ(常磐松)のは小さな風呂敷ぐらいのものであろう。なにとぞ小さくともその中にしっかりした鋼鉄(はがね)に一輪のすみれの花を添えて包んでいってほしい。」(創立の言葉より)

著名な卒業生(中高)[編集]

関連項目[編集]

世田谷区に完全移転した東京農業大学以外は現在もこの一帯に校地を持っている。

外部リンク[編集]